heartfelt words
2020 / 08   «« »»  
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2020/01/13 :: プーケットラガー トロピカルビバレッジ タイ
これまた大分時間が経ってしまったけど、9月に娘がタイに行った際のお土産ビール。
娘はLCCで行ったので本来は酒類は重くなるから買ってきてもらわない予定だった。
が、バンコクからプーケットへ国内移動する際に市内から空港へ行くとき、飛行機の時間に間に合わないかもしれないというトラブル発生。
(100%本人たちの責任)
それを俺が日本から遠隔でいろいろ調べたり1本後の便を手配したりと数時間振り回される羽目に。

結局ギリギリ間に合い事なきを得たが、手間賃として当初予定がなかったビールを買ってきてもらうことに。
タイのビールというと日本でも成城石井とかで普通に売ってるシンハーとチャーンの2大ブランドが超有名。
ただシンハーもチャーンも正直薄味で好みではないし、そもそも日本で簡単に手に入るものもらっても仕方ないしね。
と言うわけでインターネッツを駆使して「プーケット ビール」で検索したら出て来ました。
その名も「プーケット ビール」。
一応日本でも買えるっぽいけどクラフト取り扱ってる店とかにはあまり卸してなさそうだし、これを売ってたら買ってきてと
ラインして、無事お土産として2本ゲット。

スタイルとしては当然東南アジアなのでピルスナー。
パッケージにはビーチをバックに南国っぽい鳥の絵。鳥と花詳しくないので分からないけど。
注いでみると中々濃い目の黄金色。おお?ピルスにしては色味が濃いな。
そして少し甘味を感じる香り。ん?想像と大分違うな。

!!$img1!!

飲んでみるとその色味と香りのごとく、濃厚なボディのある飲みごたえ。
苦味はそこまで強くないが、あとから抜けるモルティな甘み。
これ東南アジアのビールと言うより、ミュンヘナーヘレスに近い味だぞ。
うん、旨い。
流石にヘレス程の濃厚さは無いが、東南アジアでは濃いめシンガポールのタイガーよりだいぶ濃厚。
ちゃんとあるんだね、こういうビールが。

どこかシンハーやチャーンじゃなくこれを置いてくれる店が表れてほしいな。

all photo

Recent Diary

«« ヘーフェヴァイス パウラーナー ドイツ | main | ラガー 常陸野ネストビール 茨城那珂 »»
«« カテゴリ内前記事(ヘーフェヴァイス パウラーナー ドイツ) | luxury goods | カテゴリ内次記事(ラガー 常陸野ネストビール 茨城那珂) »»
2016/12/25
ハートランドビール キリン
長らく飲みたいと思っていながら飲めてなかったビールにやっとチャレンジ。
キリンのハートランドビール。位置づけ的にはプレミアムビールになるのかな。

このビールは昔キンキンの番組での企画が元に作られたらしく、今では瓶と樽のみの販売。
まず見た目が日本では珍しいグリーンのボトル、そしてラベルも上にしか貼られておらず中央にはエンボス加工で木の絵が。
そして何よりどこにもキリンビールと主張されているところがない。
そのためこれを海外ビールと勘違いしている人も多いようだ。
樽に関してもチェーン居酒屋とかより、カフェやバーで取り扱っているのが多い印象。

ハートランドビール キリン

スタイルはピルスナー、モルト100%のタイプ。
色は当然黄金色、香りに関しては多少甘みを感じるかな。

飲んでみるとかなり苦い、これはホップの苦味が前面に出ている感じだな。
同じキリンの苦いので有名なラガーはモルトの甘みも出てるが、こっちはそれはなくホップの香りと苦味、後は適度なボディがある。
こういうタイプのビールは得てして半分ぐらいの無と旨みがわかるが、やはりそのとおりでだんだんホップの苦味と旨みが感じられておいしい。

ハートランドビール キリン

アサヒのスタウトとかもそうだけど、大手ビールメーカーもこういう根強いファンを得られるビールを売り続けることが出来るんだから、コクだキレだウマミだ訳わからん表現しないで多数のスタイルで正攻法で攻めてほしいよな。
posted at 2016/12/25 12:22:15
lastupdate at 2016/12/25 12:22:15
修正