heartfelt words
2020 / 04   «« »»  
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/03/10 :: ニューッキャッスルブラウンエール (Newcastle Brown Ale) イギリス


世界ビール紀行第8弾。
今回はそれなりに有名どころ。
イギリスのニューキャッスルブランエール。
なにやらイギリスで売り上げNo.1のエールらしい。

このビールの特徴で面白いのが、瓶が透明なところ。
普通ビール含めたアルコール系は日光に極端に弱いため、茶色や緑や紺の瓶に入れる。
ただ何故かこれはブラウンエールだから茶色に見えるが、透明の瓶に入っている。
理由は不明。こだわりだろうな。

調べたら他に透明瓶のビールはメキシコのコロナがあったが、あちらは味の劣化を想定の上であえてライムを入れて楽しむようにしているらしい。

!!$img1!!

色は瓶で見たまんま、結構濃い目の褐色。
カラメルな甘いいい香り。
味の方は見た目の濃さとは打って変わって、軽くて飲みやすい。
苦そうに見えるけど苦味は一切無し。
カラメル香のホップの甘さがいい感じ。

!!$img2!!

そして後味にナッツの味わいとかいてあってなんじゃト思ったが、ホントにナッツの味がする。
ほんのりさっぱりとした甘みのあるナッツの味わいが鼻から抜けていく感じ。
へえ、面白い。

イギリスのエールさんたちは意外と酒屋に並んでいたりするので、また色々探してみようかな。

all photo

Recent Diary

«« エクストリームピルスナー 富士桜高原麦酒 富士吉田 | main | つくばでサイエンス »»
«« カテゴリ内前記事(エクストリームピルスナー 富士桜高原麦酒 富士吉田) | luxury goods | カテゴリ内次記事(エキストラ・ホワイト ヴィデット ベルギー) »»
2019/02/27
エクストリームピルスナー 富士桜高原麦酒 富士吉田
年末に買って今月頭に飲んだビール。
富士桜高原麦酒のエクストリームピルスナー。
元々瓶ビールしか出していないクラフトブリュワリーだが、若い人たちに広く飲んで欲しいだかで始めた「FUJIZAKURA BEER PROJECT」というものの第一弾らしい。
富士桜は以前西湖でキャンプをした際に買ったことがあるが、中々個性が強く合うのと合わないのが極端だった印象が強い。

エクストリームピルスナー 富士桜高原麦酒 富士吉田

注いで見るとピルスナーなのに、色は結構濃い目の褐色。そしてホップな香りがふわっと広がる。
そして味はピルスナーながらホップの苦味とモルティな甘みがバランス取れていて非常にうまい。
なんかIPAっぽいな、と思ったらスタイルがインディアンペールラガーという種類だった。
IPL? IPAの良さとピルスナーの良さが調和が取れていて非常に美味しかった。

きっとこのプロジェクトも継続して続けて、僕ビール君ビールみたいにコンビニとかで手軽に帰るビールの種類が増えてくれることを期待していきたいね。
posted at 2019/02/27 0:31:36
lastupdate at 2019/02/27 0:31:36
修正