heartfelt words
2020 / 04   «« »»  
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/02/16 :: チョコレート独歩 宮下酒造 岡山
今年のバレンタインデーはこちら。岡山の地ビール独歩の、チョコレート独歩。
ちなみにお供はお姉ちゃんが友チョコで作った、クマカロン(ルルロロのマカロン)。

!!$img1!!

今年のチョコビールは過去に飲んだサンクトガーレンやベアレンのチョコレートモルト(深煎りのモルト)とは違って、カカオエキスを入れたチョコビール。
なのでアホな法律によって種別が発泡酒という。

!!$img2!!

色は見てのとおり黒色。ベースになっているのは下面発酵のシュバルツの模様。
独歩は主力が下面発酵の様ね。

味のほうはシュバルツだけあって、過去に飲んだインペリアルチョコレートスタウトあたりと比べるとかなり飲み口はライト。
非常に飲みやすい。
ホップ由来を苦味を極力抑えて、そこにカカオの苦味を入れている模様。
カカオの苦味は普通に主張してくるので、これはこれでチョコレートっぽさは十分にあるな。

!!$img3!!

で、半分過ぎからカカオのかすかな甘みも感じ始めて、そうすると一気に味わいがシュバルツからスタウトっぽくなる。
へえ、これは面白いなあ。

このレベルであれば人にチョコビール飲んでみって薦められるな。
サンクトのチョコスタウトはめちゃくちゃ旨いが、完全に素人お断りな味だからなあ。
ちなみにルコリエにサンクトの新商品のチョコミントスタウトもあったが、俺はミントがダメだから飲むことはないな。。

all photo

Recent Diary

«« no data | main | 伊豆 冬から春へ その2 »»
«« カテゴリ内前記事(つくばでサイエンス) | journey | カテゴリ内次記事(伊豆 冬から春へ その2) »»
2019/05/01
伊豆 冬から春へ その1
photo

だーーいぶたちましたが2月に南伊豆に日帰り旅行に行ってきました。
当初はお正月の1/1か1/2に行く予定も娘のバイトがどうしても変わってもらえず泣く泣く断念。
そのリベンジマッチとして2月に1日都合をつけてお出かけしてきました。

行き先は最近行ってない場所ということで伊豆に決定。
小馬鹿にしてるけど意外とインスタでの人気スポットは確かにいい景色というところが多いので、調べて見るも景色の前で人がポーズ取ってる写真ばかり出てきてイライライライラ。
インスタは人が写ってる写真をミュートする機能を設けるべきだと思うよ。

いろいろ調べてみたところちょうど大室山の山焼きの日と重なっている。これは行くべきでしょ。
しかし前日に雨が降ったせいで順延されてしまう。
仕方がないのでインスタで調べたスポットを頼りに、南伊豆に行くことに。

当日は早く出るつもりもそんなに早くは出れず出発。
横横から東名と順調に進む。東名は沼津の手前で道路工事のため、対面通行になっており中々貴重な体験。
沼津ICで降りそのまま伊豆縦貫道へ進む。
ちょっと大回りっぽいけど昔はなかったこの道が出来たおかげで、沼津三島の渋滞を回避できるのはいいね。

そのまま伊豆中央道と修善寺道路を通って進む。
このまま新たに伸びた湯ヶ島まで乗りたい気持ちもあったが、何となく景色のいいところを通りたいと修善寺で降りる。
そしてそのまま戸田の方へ向かい、西伊豆スカイラインへ。
ここは天気がよければ正面に富士山と眼下に駿河湾との絶景が広がるスポットだ。

伊豆 冬から春へ その1

ただ生憎伊豆に入ったあたりから雲が多く出てきてしまい、富士山は隠れてしまった。
そしてここ数日の寒気団の影響で雪が降ったらしく、スカイライン沿いの木が樹氷のように雪に覆われていてこれはこれで神秘的。
伊豆に来たのに真冬の景色を体験できて、ちょっとお得な気分だ。

西伊豆スカイラインを抜けてそのまま西天城のほうを抜けてもいいが、流石に気力もないので国道に戻り土肥へ抜ける。
そのまま海沿いを堂ヶ島、松崎と南下していく。が、一向に最初の目的地の石廊崎近辺に近づかない。
伊豆ってこんなに広かったっけ。。舐めてたかも。。

何とか何とか必死に走って結局昼前ごろに南伊豆界隈に到着。もうちょっと早く着けると思ったんだけどなあ。
最初の目的地は石廊崎手前にあるあいあい岬。
景色重視で選んだから生憎の天気でどうしようかなと思ってたら、丁度空が明るくなってきて雲間に日が見えるぐらいに。
なんと言う引きの強さ。

ここは特に何があるというわけではなく、目の前にに広がる南伊豆の絶景を楽しむスポット。
駐車場の展望台から見える真下に広がるちょっとした浜が、ヒリゾ浜と言って船でしかいけない最近人気の絶景スポット。
遠景ではあるが噂に違わぬターコイズブルーな青い海がとても綺麗。
やはりインスタ馬鹿に出来んな。ホント人のミュート昨日さえあれば。。

伊豆 冬から春へ その1

その後は駐車場内にある伊豆ジオパーク売店へ。
伊豆はユネスコ認定のジオパークに認定されたそうで、いろいろな資料がある。
売店のおばちゃんも伊豆半島がくっついて出来て、火山活動などでどんどん形が変わった話をしてくれた。
そんな経緯があるから伊豆は魅力的なスポットがたくさんあるんだろうな。少しどこぞやの半島にも分けてあげたい。

伊豆 冬から春へ その1

売店の中で売っている名物のジオソフトクリームも食べてみることに。
ジオと塩を掛けた(と思う)ものでソフトクリームに下賀茂温泉の塩を振りかけて食べる。
最近じゃシオバニラとか珍しくないのでその系列ではあるが、その場で掛けて食べるってのは面白いね。
お味もおいしかった模様(俺はアイス系食べれないのでよく分からんが)
posted at 2019/05/02 1:38:06
lastupdate at 2019/05/02 1:38:06
修正