heartfelt words
2019 / 11   «« »»  
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2008/05/06 :: 東富士 GW渋滞知らずの旅 その3
車の中で朝食を食べ、しばし仮眠を取る。
8時ごろになって、五合目山荘にてお土産を買ってから下山する。

!!$img1!!

行きは真っ暗で判らなかったが、いかにも富士の裾野と言った山道だ。しかし急坂だが。。
途中2合目?あたりまで来ると、ヤマザクラやソメイヨシノが咲き乱れている。
さすが標高が高くて気温が低いだけあるなあ。

!!$img2!!



あざみラインを下まで降り須走ICからの国道の渋滞を裏道で回避しながら、御殿場ICから東名に乗り足柄SAへ。
どうせ足柄SAに行くのであればそこで仮眠を取ればよかったわけだが、実はGWは朝9−11時までと夜19−23時までの間に御殿場〜厚木から乗り、横浜町田〜東京で降りると半額というキャンペーンをやっている。
なので9時過ぎてから御殿場ICにのり、足柄SAに止めて移動しようという魂胆だ。



足柄SAのスタバ横にある特設テントにてシャトルバスの受付をして、アウトレット行きのバス乗り場へ。
一体どうやってバスでアウトレットに向かうのだろうと思ったら、SAの裏の搬入口?のところからバスにのりそのまま外の道へ向かうらしい。
ちょっとバスの本数が少なくて待ち時間が長かったが、さほど掛からずアウトレットへ到着。
見ると東名下り線は御殿場ICも足柄SAも大渋滞を起こしている。おそらくアウトレットの駐車場も混んでるだろう。
コレは上り線のSAシャトルを選んで正解だったかも。

!!$img3!!

アウトレットは3月に拡張オープンした場所(デロンギとかルクルとかウェッジウッドとか。。)を中心に散策。
お決まりの観覧車に乗って、クレープだけ食べて3時間ほどの滞在の13時頃に再度シャトルバス乗り場へ。
朝一から13時ごろまでならGWでも比較的快適に回れました。
意外と利用する人が多いのか行列を作っていたが、これから来る駐車場待ちの列を横目にすいすいと足柄SAへ。

時間もまだ早いから帰りの道もスイスイ。
途中海老名SAで昼食を食べ、保土ヶ谷BPで若干事故渋滞に巻き込まれたものの、すんなりと帰宅しました。



GWといえば一歩間違えると大渋滞に巻き込まれるけど、この行程なら行きも帰りもまったく渋滞に巻き込まれず時間通りにすすみ、アウトレットも混み始める前にじっくりと見れたんで、今回の作戦は大成功でした。
ただ流石に家帰ってきてから眠くてしょうがなかったですが。。

photo page

all photo

Recent Diary

«« エキストラ・ホワイト ヴィデット ベルギー | main | 長野じゃなくて山梨キャンプ 1日目その2 »»
«« カテゴリ内前記事(青野原さくら満開キャンプ) | outdoor | カテゴリ内次記事(長野じゃなくて山梨キャンプ 1日目その2) »»
2019/10/20
長野じゃなくて山梨キャンプ 1日目その1
photo

今年も7月下旬に昨年の朝霧で味を占めて、平日に休暇を取り1泊2日でキャンプに行ってきました。
今回はカミさんも休みが取れたので、息子2人連れて4人で決行。
真夏だけど暑いのは嫌なので、高原がいいと今回は色々探して長野県の八ヶ岳裏方面のキャンプ場へ行くことに。
とりあえず今回のキャンプは色々あった、、本編に描くが、ほんとにいろいろあった。。。いい思い出になればいいが。。

週末のうちにある程度準備を進めていながらも平日中日(火曜水曜)ためあまりスムーズには出れず、予定より1時間程遅れて出発。
今回は長野の為横横東名圏央道中央道と通っていく。東名は若干混んで厚木PAで小休止してあとは順調に進む。
あとは甲府の手前当たりで一回休憩取れば思ったより遅くならずにつけそうだなと思っていたら、笹子トンネルを抜けた下りあたりで色々あった第一弾かつ、最大の色々あったば勃発。
ん?車、なんかおかしくね?

中央道はアップダウンが激しい少々難易度の高い道路で笹子峠から甲府盆地に下る坂で放っておくとスポードがみるみる上がっていくのだが、それにしてもハンドルが凄く取られる感覚でうまく操作が出来ない。
ひょっとして空気圧減ってる??と、思い流石にハンドル効き辛いは恐怖なので左の車線に移り80q弱ぐらいで走行して、タイヤを見るために次の釈迦堂PAへ入ることに。

車を止めてやらかしたタイヤは感覚的に後輪だろうと右後輪を見ると、タイヤ自体の空気が物凄ーい減っている。
ああーー、、こりゃパンクだな。。んだよ。我が家パンク何度目だ?しかもまたも高速道路上で。くそぅ、キャンプ行かれるかなあ。。
そんな感じでショックで暫く呆けていたがこのままじゃどっちみち何もできないので、パンクタイヤをテンパータイヤに変えねば。
しかし生憎キャンプに向かっている途中。荷物満載でラゲッジ下にある工具が出せやしない。
そして素人である俺がタイヤを替えて再度高速に戻るリスクを考えると、大人しくロードサービス呼ぶべきだよなあ。
替えれるけど無理する必要はない、外暑いし。甲府盆地暑いし。

保険会社の無料ロードサービスを呼ぶも1時間かかると言われたので、少し早いけど早お昼を食べることにした。
本当はキャンプ場について設営してすぐにソーメン茹でて食べようとしていたんだが、願いかなわず。
キャンプで使い切らなかった食材を持って帰ることはよくあることだが、このパターンは切なすぎる。
PAのわりにちゃんとしたフードコートがあって、ラーメンが充実していたのが不幸中の幸いか。
太麺の豚骨しょうゆで美味しかった。

長野じゃなくて山梨キャンプ 1日目その1

ラーメンく食べ終わる頃に携帯へ電話があり、ロードサービスの人が到着した模様。
車を広い場所に移動してもらい、暑いさなかタイヤをテンパーに変えてもらう。
ありがたや。無事タイヤ交換が終わり、最後冷たいお茶をお礼で渡す。
テンパータイヤになったことで必然的に長野県のキャンプ場へ行くことが距離的にも困難に。
テンパーの可能走行距離超えるし高速も長く走れないしスピードも出せないからいつ着くか見当もつかないしね。
というわけでスマホで大慌てで近所のキャンプ場を調べる。
こういう時予約なしで来れている平日キャンプ万歳だよな。そしてスマホの便利さも痛感。

最寄りの一宮御坂ICで降りて御坂方面へ20分ぐらいのところに良さげなキャンプ場があったのでそこを目的地に変更。
高速の左車線を時速60qぐらいで走ってした道をトロトロ20分ぐらいかけて、山を少し上ったゴルフ場の裏にある黒坂オートキャンプ場に到着。
山を切り開いた林間のキャンプ場といった趣で、当初の目的の高原感は少な目だがまあ及第点かな。

キャンプ場について管理等の前に車を止め受付をしに車を降りる。
あれ?誰もいなくね?と思って管理棟を見ると「受付13:00〜」って書いてある。
ああ、最近行ってたキャンプ場がたいてい朝からだったから油断してたわ。
仕方がないと管理棟上に車止めれそうなスペースがあったので、坂を上ってそこに止めて待つかな。
車に乗り込みアクセルを踏み込む、きゅるきゅるきゅる。え?あれ??
全く上らないんですが。少し下がってやり直す今度そこからすら進まなくなる。
ああ、、テンパー履いているからグリップが効かず登れないんだな。唯でさえ泣きたくなるほどノーパワーな車だから尚更なのかも。。

このままじゃキャンプ場に登っていけないので、泣く泣く再度山を下り下界に降りることに。
再度スマホで調べて降りたインター付近にあったオートバックスへ。
そこで高い金払ってタイヤを一本だけ交換。しかも品揃え薄すぎて高いのしかない。泣けてくる。
去年ネット購入持ち込みで4本替えたのと同じぐらいの値段で1本だけ交換かよ。。

右後輪を支える高級タイヤのおかげで今度は山をすいすい登っていきキャンプ場に到着。
タイヤ交換中に予め空き状況を聞いていたのもあって、今度は無事にチェックイン。
この黒坂オートキャンプ場は御坂の山の方の斜面に作られた林間サイトのキャンプ場。
造りとしてはかなりシンプルなキャンプ場で、林の中に区画サイトがある以外は炊事場トイレと最小限のものしかない。
ファミリー向けはさっき登ろうとして断念した方ではなく、別の場所にまとまって区画が広がっていた。
平日の割にはそれなりに混んでいて、半分ちょっと埋まっている感じ。
我が家も奥の方の広そうなところに陣取り、設営を開始する。

長野じゃなくて山梨キャンプ 1日目その1

今回もテント&タープのつもりで来たが林間サイトで陽も防げるので、タープはやめてテントだけを設置。
これに今回から登場の丸形ローテーブルをセットし、周りにキッチン用のテーブルや焚火台セットを設置する。
今回も基本的には燃料は薪オンリーの予定。
薪は我が家の涙のGW10連休で稼いだ、大量の枝を土嚢袋に入れて持ってきてそれをひたすら燃すつもり。
てか昨年同様持ち帰るつもりはないので、燃やし切らねば。
因みにまだまだ燃さなきゃいけない枝は他にもあるから、それを口実にもっとキャンプ行けるとか考えちゃったり。
あと念のために周りに落ちていた枝を拾い集めておいた。使わなけりゃ再度山に返せばいいし。

長野じゃなくて山梨キャンプ 1日目その1

まずはお水が必要と炊事場に行く。
炊事場はまあ普通にきれいで問題なさそう。
横に勢いよく水が流れていたので、これはきっと山から湧いてきた水に違いないと思いタンクに入れたら超汚い。
何の水だったんだ?仕方なしに普通に水道の蛇口からタンクに水を組むことに。
向かいにあるトイレについては、土足厳禁で入口に網戸の扉もついていて虫対策も出来てとても綺麗。
子ども女性にとって綺麗なトイレは死活問題だからね。ちなみに俺も汚いトイレは勘弁ではあるが。

取りあえず
麦色のエナジードリンクをプシュっとあけ、小休止。
14時半ごろチェックインして設営してでもうそれなりにいい時間。
息子には当初の予定のキャンプ場が午前中に着くつもりだったし、アスレチックがあるキャンプ場だったので遊ぶ約束をしていた。
だがこのイレギュラー対応で時間も遅いし、遊ぶスペースは無いキャンプ場になってしまったので、少々ご不満な様子。
川遊びしようかと誘うも、本人が思い描いていた遊びじゃないので却下されてしまった。。
posted at 2019/10/22 17:34:56
lastupdate at 2019/10/22 17:34:56
修正