heartfelt words
2020 / 08   «« »»  
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/07/07 :: ラーメン大至 湯島
先日の仕事の宿泊対応の日に晩飯でラーメン屋に行きました。
前の日記のマルエフを飲んだ店でもあります。

先述のとおりめんどくさいのもあって晩飯で会社の近くのラーメン店へ。
ここは会社の近くで自分の中では一番美味しいと思うお店。
というかここと禁断症状が出る家系以外はあまり行ったことないのだが。。

ここはごくごくシンプルな正統派醤油ラーメンが売りのお店。
夜だけのメニューでワンタンメンがあったのでせっかくだしとそれを注文。(&ビール)

!!$img1!!

ラーメン自体は本当に正統派の醤油ラーメン。
ワンタンの他はチャーシュー、メンマ、のり、ナルト。
ナルト入っているラーメン最近減ったよなあ。。

お味のほうはとてもさっぱり味。
然しながら一時流行った無化調ラーメンの様にさっぱりしてるけど印象に残らないものや七重の味とかいってまったくつかみどころのない奴らと違って、出汁も醤油も味がしっかりとしている。
麺は縮れ麺だが喜多方ほどこってりもしていなく、かといって俗に言う東京ラーメンほどのクセは無い。

何しろとても麺や具材とのバランスがよく、さっぱりしていながらも一本芯が通った味がする。
うん、やっぱりここは美味いなあ。

ちなみにワンタンに関しては期待が高すぎたせいか、美味しいんだがまあ普通にしか感じなかった。。
他の味も試してみたいけど、結局いつも手堅く同じものしか頼まない人間だから食べることは無いかなあ・・

all photo

Recent Diary

«« プーケットラガー トロピカルビバレッジ タイ | main | 御釜と冷やしと草食獣と 1日目その2 »»
«« カテゴリ内前記事(伊豆 冬から春へ その2) | journey | カテゴリ内次記事(御釜と冷やしと草食獣と 1日目その2) »»
2020/02/15
御釜と冷やしと草食獣と 1日目その1
photo

8月お盆明けに家族で東北に行ってきました。
ここ数年ずっと皆の休みが全然合わず日帰りばかりでしたが、今年は比較的休みが取りやすかったのもあり久しぶりの1泊2日の泊りがけ温泉旅行へ。

とりあえず初日はまず上の方まで行ってしまおうと朝は早く出発。
福島までは実は我が家基準では日帰り範囲内。なのでもう一歩足を伸ばし、宮城山形方面へ行ってみようと思う。
ちなみに過去最高は日帰り伊勢神宮。我ながら馬鹿だと思う・・
お盆最終日の日曜日というのもあって道も特に混まず、首都高から東北道をスムーズに抜けていく。

お天気に関していえば予報では福島あたりまではあまり良くなく、宮城山形は晴れ予報。
だからそっちまで足を延ばそうと直前に決めたりしたのである。いつもプランCとかDぐらいまで考えておくタイプなので、予定変更もお手の物。
行き当たりばったりをするための下地をあらかじめ作っておくという謎行動でもある。
で、雨は降らずとも走れど走れど天気はあまり回復せず。
取りあえず行けるところまで行こうと途中トイレ休憩を1回挟んで、福島県まで一気に進み安達太良SAで休憩兼朝飯。

安達太良SAつくとまず真ん前に巨大なウルトラマンが鎮座。
ウルトラマン世代でも無いし詳しく知らないが、舞台になった街なのかとも思ったがあんな毎回破壊される街のモデルなんて誰もやりたがらんよな。
というわけで当然ながら円谷さんの出身地だった模様。
そしてウルトラマン本体にも何か仕掛けがあったっぽいけどよく分からず。。
SA内で少し食料を調達、あと外にベーカリーが併設されていたのでそちらパンも購入。
自分は福島ローカルの酪王のハイカフェオレも購入。
10年以上前も酪王売ってたがザローカルって感じの飲み物で目立ってなかったが、ご当地系が持てはやされる時代だからかかなり目立つところで売ってる。

御釜と冷やしと草食獣と 1日目その1

ある程度して出発、東北道を北上し宮城県に入って白石ICで降りる。
そして一般道で今回の最初の目的地である、蔵王を目指す。
なんか一回途中でローソン寄った。なんでだったっけ?トイレだっけ?
暫く西へ向けて走り、こけしで有名な遠刈田温泉を通り抜ける。
ちょうど道が温泉街の真ん中を突っ切るので、否が応にもテンションが上がる。

そのあと蔵王エコーラインに入り、山登り道のスタート。
スキー場などが周りにあるこれぞ蔵王と言える感じの山道をどんどん進んでいると、やっと青空が出てきていいお天気に。
良かった、お天気予報信じて正解だったわ。
ある程度まで山を登りだいぶ木々が減ってきて見晴らしがよくなり、今度は御釜へ向かう蔵王ハイラインへ入る。
ここから先は有料道路、そしてハイラインへ曲がったところから渋滞発生。
山の上の行き止まり道の渋滞は、帰っていく客が居ないと進まないし皆そう簡単に帰らないから超嫌な予感。
お盆最終日とは言え日曜日だしなあ。。。
ただちょっと進むと料金所、ここ渋滞が起きていただけだったので抜けるとスムーズ。良かった。
山頂駐車場も第2駐車場になったが無事に停めることが出来た。良かった良かった。

駐車場にとめて、まずは一番有名な御釜の部分へ向かう。
あ、一番有名なのは樹氷か、まあ夏だと樹氷は無いからこっちだろうけど。
蔵王の御釜というのはカルデラ状の山頂にある火山湖。
蔵王自体がまだ活火山のため、周りの山肌はガス?によって草木が生えていない土や石がむき出しの状態。
なので流石に湖畔にまでは行かれないので、上から御釜を眺める形になる。
展望できる場所まで足場の悪い、まさに火山と言った感じの斜面を下っていく。

御釜と冷やしと草食獣と 1日目その1

湖自体は鮮やかなエメラルドグリーンの彩りで、周りの殺風景な茶色とのコントラストが素晴らしい。
そしてお陰様でお天気は晴れて雲もあまり無い青空になったにも関わらず、そのちょっとの雲が度々太陽にかぶり御釜を日陰にする。
何の嫌がらせだ・・
ただ日向になったり日陰になったりで、その度に湖の色合いが変わって面白い。
因みに火山活動の状況にもよって色合いが変わるらしい。(←今調べた)

御釜をしばらく見た後は、反対側を上ったところに神社があるのでそちらにいってみる事に。
足場の悪い斜面を登っていく。
そしてさっきからずっと気になっているのだが、この山頂びっくりする位トンボがいる。
参道沿いに建ってる石碑や地蔵とかもトンボが大量に止まって、色が変わってしまうぐらい。
何でこんなにトンボがいるのかはわからんが、先日のキャンプのブヨ騒動があったから多量の虫はちょっと恐怖・・
まあトンボは刺さないけどね。
神社でお参りを済まし、駐車場のところにあるレストハウスへ戻る。

御釜と冷やしと草食獣と 1日目その1

レストハウスで息子がソフトクリームを食べたがったので、折角だしと皆でいろいろ名物系を食べてみよう。
ずんだのソフト、さくらんぼのソフト、あと玉こんにゃく。
この蔵王は宮城山形の県境付近にあり、山頂付近は殆ど宮城。
だけど我が家が買ったのは1:2で山形の勝ち。だから何だという話だが。
因みに息子たちはバニラのソフトにイチゴのカキ氷で、全く名物に関係なかったけど。。
posted at 2020/02/22 0:12:00
lastupdate at 2020/02/22 0:12:51
修正