heartfelt words
2020 / 08   «« »»  
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2018/08/28 :: 貸切的朝霧キャンプ その3
翌朝は俺のスマホの二度寝用のアラームが5時半に鳴り響き、下の子が起きてしまったのでそこで全員起床。まあ外泊あるあるだな。。
夜中に若干雨がチラついて心配だったが、朝はとても爽やかな快晴。
雲も殆ど無い絶好のお天気で、西側の山々(名前知らず)も物凄くよく見え絶景、そして昨日はご機嫌斜めで隠れていた富士山もバッチリと見えとる!

!!$img1!!

取りあえずお天気もいいのでちょこっと場内を散歩をしてから、早速朝食の準備に取り掛かる。
前日の残った薪(すでに炭化)に再度火をつけて、焼き網を直にドンと乗せる。
我が家の定番はトラメでホットサンドだが、毎回同じじゃつまらないので今回はホットドッグにすることに。あまり変わんないジャンとは言わないで・・・
ちびパンでベーコンやウィンナーを焼いて、焼き網の上で塩鯖とロールパンを焼く。
ロールパンを半分に切ってレタス、とろけるチーズ、ウィンナー、ベーコンを乗せて完成。
もうひとつはパンにレタスを敷いて焼いた塩鯖を挟んで、トルコ名物サバサンドに。
あとは昨晩の残った肉とガーリックライスね。

まあホットドッグはどうやったって失敗しないようなレシピだが、やっぱり外で食べると美味しい。
ただロールパンサイズにウィンナーもベーコンもはやり過ぎたかも、食べづらい。(笑)
そしてサバサンドは当然トルコに行ったことも無いし初めて食べるが、これは非常に美味しい。
焼いた魚とパンってこんなにも合うんだね。

!!$img2!!

とても良いお天気だしこのキャンプ場16時チェックアウトだしゆっくりノンビリしていたい気もするが、遅くなると帰宅が自宅付近に台風が来るタイミングに重なりかねないので早めの撤収準備に取り掛かる。
荷物を箱に詰め袋に詰め、テントとタープを畳んでいく。
昔はテントやタープを畳むのにやり方に悩みながら悪戦苦闘してそれだけで30分とか1時間と掛かっていたが、ご生憎さまここ数年で町内会のテントを腐るほど畳んで来たからか一瞬で仕舞い終えた。

タープのペグも息子が抜いてくれていたのだが、一箇所どうしても抜けない模様。
しゃーないなと俺が変わって抜こうとするが、これが何ともビクともしない。
何度試みてもペグが気持ち動く程度。確かにここは入れる時も硬かったがこんなにも抜けないもんか?
鋳造ペグだから溶岩とかに刺さってる可能性あるかもな・・
3人で交代しながら何度もトライして、15分ぐらい格闘してやっと抜けた。
しかも抜けたとき勢いあまって後ろに吹っ飛んですっ転んで、大きなカブみたいなオチに。
結局撤収は10時ごろに完了。テントの前で3人で写真取り忘れたことを思い出してなんとなく車内で3人で地鶏して、キャンプ場を後にした。

キャンプ場を後しにてまず向かったのが、道の駅朝霧高原。せっかくだしお土産はSAじゃなくてキャンプ場近くで買いたくてね。
すると道の駅に着くちょっと前から雨が降り始めた。あぶねー、撤収があと15分遅かったら雨食らってたわ。
道の駅ではまかいの牧場のチーズケーキや静岡名物こっこを購入。
あと牧場ソフトクリームを子どもたちに買うも、固まりが甘いのでデロデロ溶けて大変だった。

道の駅を出て富士宮の市街地に降りていく。今回の昼食も前回同様、名物B級グルメの富士宮焼きそばにすることに。
まず時間も早いので富士宮駅に電車を見に行く。
この駅端っこに団体用に臨時ホームに車寄せが隣接していて何かと思ったら、昔創価さんがこぞって押し寄せていた寺があったのね。
今は仲違いして人が来ず無用の長物のようだが。

!!$img3!!

お目当ての焼きそば屋さんには11時半ごろ到着。人気店らしくすでに満席で少し外で待つことに。
店内は昔ながらの町のお好み焼きやといった風貌で、カウンターには鉄板と静岡おでんがあって味わい深し。
しばらく待って座敷席に案内される。
注文は富士宮焼きそばを五目、チーズ、並と頼み、せっかく出しとお好み焼きも注文。
焼きそばはそこらで食べる富士宮風焼きそばと違ってパサパサしておらず、食べ応えもあり非常に美味。
お好み焼きも酸味の利いたソースがアクセントでとても旨い。
下の息子が本調子じゃなく全然食べれなかったので持ち帰らせてもらえるか聞いたら、快くお持ち帰り用のパックとビニール袋をくれた。
これぞ町の食堂だな。ありがたや。

その後は吉原の方に1両編成のローカル線(岳南電車)を見に行き、駿河湾SAのスマートICから新東名に入り帰宅の途へ。
いつもの週末お出かけと違って一切の渋滞も無く、富士市から2時間弱で家に着いた。

いつもはお出かけもキャンプの週末かお盆に絡んでいたけど今回は前半に休みを取ったが、夏休みといえどこの時期はどこもかしこも非常に空いている。
特にキャンプ場はピーク期は人だらけで嫌になるし、渋滞で家まで4時間とか掛かっていたからそれが無いというのは非常に快適だね。
週末だとむしろ息子のサッカーにも自分の別のようにも重なるし、来年もこういうのがいいのかもと思った。

all photo

Recent Diary

«« 酔来軒 阪東橋 | main | 伊豆急&沼津で花火 »»
«« カテゴリ内前記事(バス・ペールエール(bass pale ale) イギリス) | luxury goods | カテゴリ内次記事(レッドエール 反射炉ビヤ 韮山) »»
2012/08/03
六根ルビー 純米吟醸 齋藤酒造店 弘前
美味しい復興支援第9弾。やっと青森。
買ってるペースが遅くて復興支援言いながら1年半経過。
ただ悲しいかなもう復興支援なんて言葉が要らないような状況には到底至らず。。。

こちらも東京グランスタのはせがわ酒店で購入。
調べて情報がろくに出てこないところを見ると、基本県内にしか流通させて無いようなローカルなお酒なのかな?

六根ルビー 純米吟醸 齋藤酒造店 弘前

このルビーというのは純米吟醸。
他にも大吟醸でエメラルドやヒスイ、タイガーアイなど宝石の名前をつけられている模様。

早速呑んでみる。
香りはとてもフルーティ。一口飲んでみるとかなり口当たりは軽め。
日本酒のもっさり感は少なく、少しすっと抜ける酸味と、大多数を占める柔らかな甘みが広がる。

おお!コレも自分の思っていた日本酒とちょっと違うぞ。
柔らかな甘みが広がるからかなり呑み易い。
ボディ(という表現するのか知らんが)は結構軽めなのでスイスイ呑めちゃう。
うん、美味しいね。

ちなみにラベルが鮮やかなピンク色。結構日本酒探していて思うのが、焼酎なんかは定番の伝統的なラベルが殆どなのに、日本酒は結構遊びまくってる。
トンボのイラスト書いてあったりギター持った女の子書いてあったりってのも見た気がするなあ。
posted at 2012/08/04 11:59:38
lastupdate at 2012/08/04 11:59:38
修正