heartfelt words
2019 / 11   «« »»  
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2016/07/27
7/24日曜日夕刻16時、アベベさんが虹の橋を渡っていきました。
13歳と11ヶ月でした。
月曜日午前中に火葬に連れて行き、やっと気持ちも落ち着いたので書かせていただきます。


この日は朝からかなり具合も良くなく、腹水が溜まりすぎているためか全く歩けなくなってしまっていた。
そして明らかに気管が圧迫されているのか、呼吸するのがかなり苦しそうで時々顔を上げる以外はほとんど動かない。
中々受け入れられずどこかで希望を捨てていなかった自分でさえ、さすがに状況を悟った。
本当は最後に病院に連れて行こうかとも思ったが、最期は一緒に家に一緒にいてあげようと。

トイレとエサの傍にいさせてあげようとずっと玄関にいさせたが、さすがにもう動かなくて何もできない状況なので皆がいるリビングに連れてきてあげた。
時々顔を上げたり苦しいからかうめき声を上げてはいたが、寝ることもなく外を見つめていた。

そして夕方ごろになり体を大きく動かしながら多量に吐いてしまい、暫くケホケホ苦しそうにしていた。
大慌てで家族全員を呼び、様子を見守る。
そして吐くのが止まったら、安らかな顔で静かに息を引き取った。


猫が2匹いるとどうしても片方しか懐かなく、自分にはブブカが懐いてアベベはブブカに比べ懐かず、かみさんはその逆。
とは言えブブカを飼った後にソマリがどうしても気に入り飼いはじめたのあって、流石に涙が止まらなかった。
今でもまだ現実とは思えない感じで、まだ隣の部屋に普通にいるのではと思ってしまう。


ちょっとおつむが弱く怒られてばかりいたけど、愛嬌もあり人が大好きだったアベベ。
アベベはうちに来て幸せだったのかな?
先住猫もいて沢山の子ども達に追い掛け回されて大変だったかな。
少なくともアベベに沢山の笑顔をを貰ったうちらは幸せだったよ。
残されたブブカにはアベベの分まで生きてもらいたいし、思う存分愛情を注いで大切にしていくので、どうか空から見守っていてね。

うちに来てくれて、ありがとうね。

うちにきてくれて、ありがとう。

うちにきてくれて、ありがとう。

うちにきてくれて、ありがとう。
posted at 2016/07/27 9:45:48
lastupdate at 2016/07/30 23:38:30
修正
 
2013/11/23
原因不明だが先週から顔に傷が出来ていて、日に日に広がってジュクジュクしている。
どうしても掻いてしまうので、堪忍して昨日病院に連れて行きますた。

取り敢えず痒みと化膿止めの注射して様子を見ることに。
エリザベスはストレスにもなるし特に使わず。
久しぶりにエリザベス姿が見れると思ったが残念(笑)

昨日に比べてジュクジュクしなくなって来てるから、このまま良くなってくれるかな?

ブブおじさん

ブブおじさん
posted at 2013/11/24 17:13:23
lastupdate at 2013/11/24 17:18:48
修正
 
2012/01/24

photo album

先週べべおのお散歩かねて城ヶ島に猫を見に行って来ました。
昨年末に城ヶ島京急ホテルに行った際に、入り口を探してさまよっていたら多量の猫に取り囲まれたのでそいつらを再度見に。

車で城ヶ島へ向かう。
すると油壺界隈で反対車線から多量の珍走族が。。
最近多いなとは思っていたが数が半端無い。ゆうに100台はいたな。。
昔と違って奴ら信号守るよね。

そんなこんなで城ヶ島大橋を渡り駐車場へ。
そこからは歩いてホテルのある岩場に向かう。

まずホテルの遭遇した駐車場に向かう。
しかし見つからず。
とりあえず階段を上って灯台見物。

城ヶ島のホテル猫

戻ってきたらホテル横の倉庫の中に猫発見。
ちょうどホテルの従業員の人が歩いていて、それを追い掛け回している。
きっとえさをくれる人なんだろうな。

城ヶ島のホテル猫

その後も中から人が動く度に猫が沢山登場。
そこまで人なれしていなくて近づくと逃げていくが、それでもすぐに表に出てくる。
何匹かは歩いてホテルの庭に入っていったり、岩場のほうに行ったり。

城ヶ島のホテル猫

まさかねずみ退治でホテルが猫を買っているってわけじゃないだろうから、捨て猫を京急ホテルの人たちが面倒を見てあげてるんだろうな。。

ちなみに城ヶ島。冬場とはいえ人がいなすぎ。
廃れた観光地感たっぷり。
三浦は素材はいいものを沢山持っているのに、全然観光地として生かしきれてないよね。
20年前で止まったまま。
横須賀なんてそこまで素材が無いのに、必死こいてここまでやってきたってのに。
posted at 2012/01/25 1:44:55
lastupdate at 2012/01/25 1:45:48
修正
 
2011/07/27
先日娘がパシフィコで開かれている私学展に行ったので、その間息子と二人で鶴見線を見に行ってきました。
鶴見線は休日や昼間は本数が少ないので車で行ったほうが楽というのもあるけど、最大の目的はコレ。
終点の扇町駅に猫が住み着いているという。
無人駅だけど近隣の工場の人たちがお世話をしている模様。

扇町駅の猫

トラックしか走ってない工場地帯を抜け、びくびくしながらナビを頼りに進むとぽつんと扇町駅発見。
ホームに行くとちょうど鶴見線の電車が発車するところだったので見送る。
時刻表を見ると今行った電車の次はちょうど2時間後の模様。すごいな休日昼間の鶴見線。。

扇町駅の猫

再び駅の入り口の方に戻ると建物の脇に猫さんたち発見。
桶で屋根を作ってあってその中でくつろぎ中。
まあ暑いもんな。。
そこに2匹寝ていた以外は見当たらなかった。暑いから隠れているのかな?

扇町駅の猫

ちなみに鶴見線は休日は1日3本しか電車が来ない駅があるそうな。。
posted at 2011/07/27 1:41:17
lastupdate at 2011/07/27 1:42:22
修正
 
2010/02/28
先週の土曜日、子供達を連れて江の島に猫見に行ってきました。
かわいい猫ちゃんたちが一杯いて、、、


と、言う前に皆さんに知ってもらいたいことが有ります。
下の写真をご覧下さい。
「江の島の猫は捨て猫です」

江の島の猫

よく最近見に行っている漁港猫は網をかじる鼠除去と餌にありつけるという相互関係によって生まれたもの。(例外も有りますが)
しかし江の島を筆頭に猫が沢山いる島や公園やPAなどは、残念なことに殆どが捨て猫です。


江の島に関しても元々こんなに猫がいたわけではなく、捨て猫が人が多く車が入ってこないという条件により生き延び飛躍的に数が増えてしまったもの。
そして非常に皮肉なことに江の島の猫たちが有名になればなるほど、ココなら大丈夫という身勝手な勘違いした人間どもが捨てに来てしまうという悪循環。

当然のことながらこれだけ猫がいれば、子猫も産まれる、そして捨て猫も来るから猫は増え続ける。
地元の住民だって好きで猫の世話をしている訳ではない、しかなた無くやっているんだと思う。
猫嫌いの人だって当然いるだろうし。
だからこれ以上不幸に生まれてくる猫を増やさない為に、ボランティアの人がこうやって募金を募って虚勢手術の費用にしているのだ。

ただ残念なのは江の島に来る人達はその事実を知らない。猫好きの人だって良く分かっていなかったりする。
島にいる猫で結構コロコロ太っているのもいるから、観光客達はイイモノ貰ってんだろうなといいながら撫でている。
そのイイモノも誰かがやらなければ猫たちは死んでしまうからと、身を削って世話している住民やボランティアの人が出しているんだぞ。

彼猫らはスキでココにいるわけではない。
一部の人間の身勝手で猫も住民もボランティアの人たちも苦しい思いをしているのだ。

江の島の猫

最後に捨て猫が少しでも減ることを願って、このデータを出します。
「家猫の平均寿命・・・10〜12年」
「外猫の平均寿命・・・3〜5年」

外猫さん達は当然のことながら餌を手に入れるのも大変だし、病気の心配も有る。
今では外猫の3割ぐらいがFIV(猫免疫不全ウイルス感染症)に感染しているといわれている。
そしてこのとき当たり前すぎて自分も考えてなかったことが下記の写真。

江の島の猫

生命体が生命を維持する上に一番必要なもの、水。
野良である彼猫らにはいつでも飲める家猫と違ってこうやって溜まった雨水を飲んだりするしかないのだ。



因みにこの日は大道芸のパフォーマーがいたので猫は結構隠れていて、あまり数はいませんでした。
隠れていたからではなく捨て猫が減り江の島の猫が少なくなる日が来ることを願います。


【photo】
江の島の猫さん達
posted at 2010/02/28 2:07:24
lastupdate at 2010/02/28 2:07:24
修正
 
2009/11/09
長いとこ猫日記書いてないなと思って書いてみる。(笑)
今年の5月に量って以来の猫体重日記。

ダイエット失敗?

アベベ 2.9kg→3.3kg
ブブカ 6.5kg→7.6kg

量ったときは痩せた?と思ったけど、前回こんなに少ない数値だったっけ?
ダイエット失敗かしら?とも思うけど、単に前回量り間違い説の方が有力。。。

ダイエット失敗?

ダイエット失敗?

うーん、まあ元気で居てくれるのであればいいのかな?

あと最近ブブカが頭に引っかき傷を作ってる。
最初はアベベに負けてるのかと思ったけど、どうやら掻き過ぎが原因のよう。
直りかけカサブタ状態が痒くて力ずくで書いて傷を作っての悪循環。
何とかせねばな。。
posted at 2009/11/09 2:12:30
lastupdate at 2009/11/09 2:12:30
修正
 
2009/01/11
毎年冬になると、温かいからポットに乗ってしまうアベベ嬢。
しかし低温やけどになる可能性も有るし、お尻周りの毛が薄くなってしまってる。
誰か猫がポットに乗らなくなるようにするのは、どうすればいいか教えてください!!

急募:猫がポットに乗らなくなる方法


うちとしても色々対策は練ってますいるのだが。。
まず当然ながら最初に取る方法は、乗ったら叱る。
賢い猫ならそれで理解するのかもしれないが、うちの猫は3歩あるくと忘れるような頭なので効果が無く。。
起こられた5秒後また乗ってる始末。


次に考えたのが、ポットの上に乗れないようにする方法。
↓それがこれ

急募:猫がポットに乗らなくなる方法

アヒルです。
これなら邪魔で確かに乗れない。
しかし暫くの間は乗らないでいてくれたが、じきに押せば簡単にどかせることを理解してしまう。。


ならばと取った手がこちら


急募:猫がポットに乗らなくなる方法

乗ることは諦めて、タオルをおくことでやけどを防ぐ方法。
確かにこれなら乗ってもそこまで問題ないし、わざわざ落とされる心配も無い。
しかしポット自体がタオルを置くことで熱を持つし、蒸気口がふさがっちゃう可能性が。。


うーん、どうすればいいんだろうか。
ポットをもっと別の位置に動かすのが手っ取り早いが、それは非常に不便だし第一他に置く場所もない。
かといってポットの上に剣山立てるわけに行かないし。。


と言いながらコタツを買ったので、そのおかげでポットに乗る比率が減っていたりもするが。(笑)
posted at 2009/01/11 2:30:20
lastupdate at 2009/01/11 2:30:20
修正
 
2008/01/26
うちの猫どもは昔は結構仲良しだった。
特に寒い時期になると一緒に寄り添って寝たりしていた。

しかし最近では一緒にいるのを殆ど見ない。
時たまケンカしてるぐらいか。
これはおそらくブブカの体重が想定以上に重くなったため、アベベが寄り添われるのがイヤなんだと思う。
そりゃあ自分の倍の体重の奴に寄りかかられたらたまらないよな。。

ところが今日、こんな光景を久しぶりに見る。

久しぶりに仲良し

久しぶりに仲良し

こんなに寄り添っているのは久しぶりに見た。
まあ表情は決して仲良さそうには見えんが。(笑)

久しぶりに仲良し

ここ近日の寒さで、アベベもさすがに暖かさを取ったのかもしれない。
寒さ>重さ って感じで。(笑)

まあ時間の問題の気もするが。。(爆)
posted at 2008/01/27 1:29:44
lastupdate at 2008/01/27 1:29:44
修正
 
2008/01/17
もう毎年のことだが、冬場になるとアベベは必ずここに居る。

冬の定位置

過去に何度も誤ってお湯を出されたことがあるのでしかるのだが、当猫まったく反省する様子無し。
まあおそらくというか普通にあったかいのだろうけど、人がお湯を出していたところで知らん顔して乗ったまま。

こうなったらチャイルドロックならぬキャットロックとして、踏まれないであろう横あたりにボタンをつけてもらえないでしょうか、メーカー様。(笑)

冬の定位置

ちなみにブブカは(アベベもそうだが)よくストーブの前で座っている。特に朝。
ダラダラすんなや。(・∀・メ)
posted at 2008/01/18 1:26:12
lastupdate at 2008/01/18 1:26:12
修正
 
2007/04/08
晴れてブブカさん、5歳になりました。
で、その記念にこんな物を作りました。これは何でしょうか?

ブブさん誕生日記念 じゃ〜ん!!




現在アベベさんの体重、変わらず4kg。
しかしブブカさんの体重、更に増えて(恐ろしくて書けません)kg。
何でこんなにも増えてしまったのだろう。
少なくとも顔は普通のサイズだからマシだけど、体は到底ロシアンブルーには見えません。。

やはり原因としてはあの食い意地魔人ブブカ、アベベのエサまで横取りして食べてしまうのだ。
一度に休むまもなく食べ切るブブカと違って、休み休み食べるアベベはその隙にブブカにエサを取られてしまうのだ。。

さてどうしよう、どうやってブブカにアベベのエサを食べないようにさせるか。
最初はケージでも買おうかと考える。
しかし周りを囲うだけの数千円で済む犬さまと違って、猫対応は最低でも1万円。
しかもケージではどちらかを食べ終わるまで閉じ込めておかなければならない。。

そこでふと思いついた。
現状ブブカの体重はアベベのダブルスコア。当然胴回りも1.5倍はある。
なら既存の籠で入り口をアベベしか通れないように加工しちゃえばいいんだ。

で、出来上がったのがこれ

ブブさん誕生日記念 実は籠がすきかも

針金ハンガー+ビニールテープ+ガムテープ。

かなり不恰好だけど、これでブブカは通れない。
ためしにエサをあげると、アベベはブブカに邪魔されないからか好んで中に入ってモリモリエサを食べていた。

これでブブカさんのダイエットは成功するであろうか。
これでダメだとホントに次の手はないぞ。。



ちなみにさっきテレビでデブ猫特集をしてました。
上には上がいるもんだ。15kgサイズの猫っていったい。。。

posted at 2007/04/08 22:17:21
lastupdate at 2007/04/08 22:17:21
修正