heartfelt words
2019 / 11   «« »»  
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2013/09/13
まただいぶ経っちゃったけど世界陸上モスクワ大会の総括を。
まず結果として、メダル1入賞7。目標がメダル1入賞5だったので大健闘。
五輪翌年の大会として世界の主力が若干かける大会。注目したい点は若い力がどれだけ出てくるか。
いうなればロンドンの山縣のように世界の舞台でも物怖じしない力を持った選手がどれだけ出てきてくれるか。

その中でも特に今回嬉しかったのが棒高の山本と10000mの新谷(にいや)。
山本は何かでだったかは思い出せないけど、今までの王者ながら内弁慶の澤野にはない強いものを感じていた。
それがずばり予感的中。予選をあっさりとクリアして、かつ決勝ではなんと自己ベストである6m75をクリアして見事6位入賞。
山縣もそうだったが世界大会で自己ベストに並んだり更新する選手って殆どいなかったので、これは本当にうれしい限り。
海外の選手だって世界大会でベストを出すのは難しい。だから日本の選手だって世界でベストが出せればメダルのチャンスだってあるってのが証明されたな。

新谷は終始レースを引っ張り途中からは先頭に立ちレースの主導権を握っていた。
しかしラストの1000mあたりでケニアエチオピア勢に抜かれて、それでも見事5位入賞。
これだけでも久しく上位に入れてなかった長距離では立派な成績だが、本人はメダルを逃したことに悔し涙を流していたという。
すばらしき向上心。そしてさらに自分がこういうレースをすることによって、同じようにあるいはそれ以上に果敢にアフリカ勢に攻めていくことができるもっと若い世代が現れることを期待していると発言。
すばらしいな、単なる不思議ちゃんじゃなかったんだな。

あとはマラソンで福士は正直期待してなかったが、本格的に取り組んでくればやっぱりポテンシャルはあったのね。
男子は中本がデグ10位ロンドン6位モスクワ5位とドンドン順位を上げてきている。
これだけコンスタントに力を出せる選手もそういない。地味だけど試合巧者だ。
これはこの先期待してしまう。


おりしも先日2020年東京五輪開催が決定。
今回の若い世代が東京ではまさに主役になる。それまでに力を付けて多く世界を経験して、この上ない最高の五輪にしてもらいたいですな。


余談だがTBSの中継でtwitterのタグに#serikuと付けると、テレビで写して為末が質問に答えるといっていた。
正直よくテレビで見るツイートは半分やらせかと思っていたが、自分の携帯でタグ検索で見たツイートがテレビで書かれていて嘘じゃなかったんだと思った。
まあ俺も#serikuタグ付けていたが、棒高も写せよTBS使えねーな見たいなツイートばかりだから当然テレビには出なかったが(笑)
posted at 2013/09/13 1:18:11
lastupdate at 2013/09/13 1:27:55
修正
 
2013/02/01
また今年も1ヶ月経ってしまった。(爆)
毎年お馴染みの箱根駅伝統括です。
何せ俺の好きなスポーツは箱根駅伝、プロ野球、陸上競技の順ですから。(爆)


今回の優勝は日体大。
前年19位予選会組からの大躍進の総合優勝。
なんでも予選会からの優勝は過去には神大だけだったらしいが、神大は棄権で予選会に回ったから純粋な予選会組からは初の快挙との事。
まあもともと自力があってシードには毎年入っていて、去年偶々ブレーキが重なって落ちただけと言えばそれまでだが。
まあブレーキで落ちてそのままズルズルの日大みたいなのもいるけどね。

この日体大、前回ブービーで相当危機感を覚えチームに改革に直ぐに取り組む。
で、取り組んだのが新聞にも書かれているがまず身の回りのことをきちんとやるということ。
挨拶をきちんとする。就寝起床時間をきちんと守る、スリッパをきちんと揃える、練習場所を草むしり含めてきちんと整備する。
そんなこともやってなかったのかと思われるような内容だけど、大学生にもなっていると逆に普通に出来なくなっていることなのかも。

それに何が意味があるかというと、やはり基礎がしっかり出来ていないと上に立派な家は建たない。
挨拶がきちんと出来てない奴が、苦しんでいるときに先輩の助言を聞き入れる事が出来るか。
グランドも整備出来ず靴も揃えられないような奴に、自分の体の一部となるシューズをキチンと使いこなす事が出来るか。
あとは自分らはそこから始めなきゃならないレベルなんだと気付かせ、我武者羅さを植えつける意味合いもあるかな。


丁度同じような事を書いてあったブログに、イイ事が書いてあった。

ABCなるもので、A(当たり前のことを)B(馬鹿にせず)C(ちゃんと行う)という意味。
俺がよく言うのが家でも仕事でも役割が決められてないような掃除とか片付けなどに対して、「誰かがやらなきゃいけない事は、それは自分が率先してやるべき事」と。
まさしく同じ事だと思う。

当たり前のことをきちんとやることで普段やってもらっている人に感謝の気持ちも生まれるし、自分でやる事によって見えてなかった部分に気付く事が出来る。
俺自身が出来てるかはなんともいえないのだが、常に心に留めておくべき事だよな。


ずらずら書いちゃったので他の大学の件は割愛。
来年は一度無くなる学連選抜の件とかは、機会があれば書こうかな。
posted at 2013/02/04 1:19:34
lastupdate at 2013/02/04 1:19:34
修正
 
2012/09/26
すっかり書くの忘れていたが、ロンドンオリンピックの陸上の総括を。
結果メダル1.入賞2。メダルは想定内だが入賞が思ったより少なくなってしまったな。。

まず投擲競技。
室伏も村上も力を発揮しきれず。二人とも年齢が年齢だけに次は厳しいかなあ。
そんな中新鋭ディーンがやりで決勝進出。
決勝では上手く合わせられなかったけど、あの荒さでアレだけ飛ばすんだから安定してきたら相当なものになるんじゃないだろうか。

女子短距離に関しては今回は福島+4継メンバー。
ただ残念ながら福島ですら世界には全然及んでいない。
女子短距離1人で背負ってるだけじゃあこれ以上伸ばすのは困難だから、福島を脅かす存在が1人2人出てくれば全然違うと思うんだが。市川なり土井なり。
リレーも個人種目に最低でも3人は出てる状態で挑まないと、流石にバトンパスだけで上にいけるほど甘くないし。

逆に男子短距離は一気に希望が見えてきた。
まず山縣が初の五輪の大舞台にも関わらず自己新を出すと言う快挙。
特に大舞台で物怖じしない性格と、後半失速しないあの走りは今まで無かったタイプに感じる。
こういう人材が欲しかったんだよ!
4継も飯塚が良い走りを予選でしたいたのもあって、5位で悔しいと言えるところまで来ている。

最後にマラソン。
女子はかなりの危機的な状況。国内無敵なだけのランナーを寄せ集めている時代はもう終わったんだろうな。
男子は過渡期。
今回は世界戦経験もある中本が粘りの走りで6位入賞。
ただこれが今の限界でもある。
エチオピアがハイリスクな人選で総崩れしていなければもっと上位にいただろうし、今までのやり方を変えるところまで来ている。
だから今回は是非ともノン実業団のプロランナー藤原や、川内みたいな異端児に風穴を開けてもらいたかったんだがな。


次は来年のモスクワ世界陸上。
五輪が絡まない大会なので、伸び盛りの若手が世界に挑むのにはある意味丁度良い大会。
今回五輪には絡んでないフレッシュな人材がたくさん出て来て切磋琢磨してくれる事を願おう。
posted at 2012/09/27 0:55:57
lastupdate at 2012/09/27 0:55:57
修正
 
2012/04/11
書くのが1ヶ月遅れてしまったが。。

3月11日で震災から1年。
東北の様子を見ていると思った以上に復興が進んでおらず、ただの地震ではない津波というものの恐ろしさを改めて感じる。
その3・11の日はテレビは当然ながら震災一色。
そして東北沿岸部の映像や話がどのチャンネルを回しても流れている。
言葉は悪いかもしれないが、判りやすい震災の映像を垂れ流しているだけに感じてならない。
あと時々お情け程度に(少なくとも俺は忘れて無いのにテレビ局が2ヶ月間放置していた)栄村の様子をあいも変わらず忘れられた被災地扱いで出している。

mixiを見ていて栄村の記事の関連日記で、目に付いたものがあった。
「僕の住んでいる宮城県大崎市でも多数の死者や負傷者、避難生活を余儀なくされている被災者が沢山居ます。
しかし僕の町にはテレビ局の取材はまったく来ません、芸能人が訪問してくる事もありません。
ほとんどが沿岸部に行ってしまうため、被災地だという事すら知られてません」
恥ずかしながら大崎市の場所を自分自身も知らなかったのだが、宮城県内陸部の仙台の上、新幹線で言うと古川駅がある場所。
同じく放置されている震度7の栗原市の至近で震度6強を観測した場所なので、当然ながら多大なる被害が出ていることは想像に難くないのだが残念ながらテレビで報道されているのを見たことが無い。

あとすっかり放置されている茨城千葉に関してもこの日のメディアには登場せず。
震災直後タレントの磯山さやかが何か別の取材か何かで涙ながらに被災地茨城にもっと目を向けて欲しいと訴えていた記事を見かけたが、他の東北出身タレントのところにメディアが行ったりイベントに読んだりする話は聞いた事があるが、彼女の名前が出てきた記憶は無い。

なんなの?テレビって。あらゆることを伝える事が任務じゃないの?
視聴率が取れれば何だって良いんだよね、きっと。
だったら通常通りの番組をやったテレ東の方がよっぽど立派だ。

韓流ばかり流すなととくだらないデモやってる暇があったら、この偏重報道を訴えるでもを起こせよ。
特にフジの一連の報道は最低レベル以下だったんだぞ。


そんな中印象的だったのが車の中で聞いた地元FM。
どうやらコミュニティFMが合同で製作したっぽい震災特集番組をやっていて、丁度聞いたときは茨城鹿嶋のFM局の当日の様子が流れていた。
ラジオとしては考えられないようなスタジオの後ろから聞こえるガタガタという音の中アナウンサーが冷静に火の元を消してくださいや安全な場所に避難してくださいや海沿いの方は高台に避難してください等々。
更にどこの学校は全員無事とかどこが避難所として解放されているなど現実に直結した放送をしていた。

あと震災の4日後に起きた富士宮震源の6強の地震。
被害が殆どなかったのでテレビ局は翌日朝まで報道して後は無視を決め込んでいたが、そこで一瞬だけアナウンサーが話したのがこの件
コレを聞いて流石すばらしい。震災対策が万全な場所は考えも違う。
是非とも大地震が想定される地域に伝え広めなければと普通に聞いて思ったのだが、それ以降テレビ局は触れようともしない。
ふざけんなおい!

今必要なのは震災を風化させないこともそうだが、先のFMの内容にしろ富士宮の例にしろ、これから先自分達にどのようにして起こりうる可能性がある震災に立ち向かうかって事も率先して伝える必要があるんじゃないのか?
メディアリテラシーって言葉があるが、最近ではテレビの情報なんかより2chみたいなとこのほうがよっぽど全うな事が書かれている事が多くて萎えるわ。
posted at 2012/04/12 1:13:04
lastupdate at 2014/03/11 7:48:48
修正
 
2012/02/21
今年も箱根駅伝総括を。
1月中に作ったにもかかわらず、すっかり放置してアップし忘れてました。。

まず東洋大強すぎ。
2位の駒澤ですら大学新記録の走りだったにもかかわらず、それを8分近く差をつけてって異常だろ。
正直タイムで見ると柏原は区間新を取ったものの大幅更新じゃないので、その他のメンバーの力に寄るところが大きかったって事か。
来年は柏原が居なくなるとはいえ、暫くは優勝候補筆頭になるだろうな。

今回は明治や青山など最近再度出てきた学校の躍進が目立ったが、それより驚いたのが3年ぶり出場の順天堂。
もともと強いチームだっただけにここん所の低迷が不思議だったが、元祖山の神の今井に頼りすぎていたチームだったのがまずかったんだろうな。
東洋のように柏原に頼らずとも全体がレベルアップして無いと今の箱根は厳しいでしょ。

あと例年尋常じゃなく白熱するシード権争いは今年はそこまで行かずある程度差がついて終わった。
ただ東洋が早すぎた為に8位以下のチームが復路一斉スタートになったせいで、見た目の順位がまったく役に立たないものになっていてシード争いも全てのチームが見えない敵との対決になっていたからさぞかしプレッシャーは掛かっていただろう。

東農大の5区の体調不良による大ブレーキと、復路繰上げスタート多発、特に神大の転倒しながらギリギリの襷リレーなど今年もドラマが多かった。
何で箱根は一筋縄で終わらんのだろうか。(笑)


来年はいよいよ京急が高架完成になり蒲田の難所が解消される。
止まった選手が出たり転倒してリタイアしたりとか悪いことばかりだったから、まあこれで良かったかな。
ただ今まで万全で協力してくれていたのだから、来年以降も通過する際に宣伝してやってな。<日テレ
アレは京急だからやってのけるだけで、他の鉄道じゃああはいかないからな。
posted at 2012/02/22 0:52:06
lastupdate at 2012/02/22 0:52:06
修正
 
2012/01/13
なにやら色々迷走をし続けている子供手当て(児童手当)について私見をば。
あ、まず先に断っておきますがあんまり細かいことを把握していない人間なので、財源がどうとかとかはまったく無視しているので気にしないでください。
自分としては何であれ沢山貰えれば万々歳なので。(笑)


取り敢えずこの話題になると必ず出る現金支給じゃなくて他に当てろという意見。
保育園の拡充は切り離して考えなければならないからそれ以前の問題だし、保育料は世帯によって差があるから当てはめるのは難しい。
給食費って言う輩は前も言ったが月に万単位の飯を子供に食わせるってのか。(爆)


まずこの制度、ってか自民時代の児童手当自体からして、何のために作られたものなのかが俺にはよくわかってない。
一番金の必要な世代に何の補償も無いし、もともと政治アピールに見えなくも無い。
あと民主が名称を「子供手当て」から「子供のための手当て」に変えるらしい。激しく意味不明。


じゃあ何の為の制度ってことを考えて、現実的に一番必要な少子化対策に絞った私案を考えてみた。

まず名称は「子供手当て」から「子育て手当て」か「子育て世帯手当て」に改名。
子供手当てって名称のせいで子供に金が渡ってないとかホザく輩が出てくるので、子育ての為もしくは子育てをしている世帯の為に金が落ちるということを分からせるため。
何も子供に直接渡らなくたって光熱費や家族での旅行代だって子供の為に使っている金なんだし。


あと少子化の最大の原因として今考えられるのが、子育てに対する金銭的な不安。
それを取り除いてやるのが一番少子化対策になることはまあ誰しもが分かる当然のこと。
政治屋さんたちは与野党とも分かってないようだが。

ただ今みたいに闇雲に金をばら撒いたって何のプラスにもならない。
あの程度の金額じゃ、もう一人分養えるって誰も思わないだろうに。


じゃあどうすれば良いかと考えると、一番効率がいいのがピンポイントで子供が増えそうな世帯に絞って手当てを増やしてやる。
独身と子無し夫婦とでは生活は大差ないが、それと子有り世帯となると生活は180度変わってくる。
なので子無し夫婦に子供を作れってのは、壁が高すぎて金銭だけじゃ難しいと思う。

逆に1人子供がいる家庭は結構な比率で子供はもっと欲しいけどお金が・・と思っている。。。はず。
なので極端な話、手当てを一人目は現状よりも小額、もしくは無くしてもいい。
逆に二人目からは大幅な増額。三人目はさらに増額すればいい。

極端な話現状の1万なんぼのものから、一人目は0円、二人目5万、三人目8万とかにすれば、すでに子供がいる人はもう一人行けるかもと思ってくれるんじゃないかな。



まあこうやる事によって国の支出が増えるのか減るのかも良く分からんし、計算する気も無いけどね。
けどこれだけ思い切ったことをやらない限り、この先子供の数なんて増えっこ無いのは事実だから。
posted at 2012/01/14 2:32:31
lastupdate at 2012/01/14 2:32:31
修正
 
2011/12/06
先日の福岡国際マラソンで日本人1位となる3位に入った川内優輝。
ご存知埼玉県庁所属で公務員として昼は練習をして夜は定時制高校の用務員として働いているランナーだ。

まずいまだに川内を「市民ランナー」と書いてるメディアがあるが、アレには違和感を覚える。
俺の思う市民ランナーは一般人がマラソンにチャレンジしているもの。まあ俺が今マラソンに出ようとしているあたりだな。
入ったとしても学生時代はマラソンランナーだったから、マラソン続けてますよという人辺りまでかな。
一般参加が市民ランナーだったら今回のトップのケニアの選手も一般参加だから市民ランナーだよ。


川内に関しては本人も言っているが、実業団にあえて所属せず実業団に負けるかと自らを奮い立たせてマラソンをしているランナー。
趣味としてマラソンをしているわけではなく、実業団には所属せずとも本気で勝つことを狙っているマラソンランナー。
少なくとも箱根駅伝で学連選抜として出場して09年には6区で区間3位に入った実力の持ち主を市民ランナーの枠で括るなんて無理がありすぎる。(参照)


東京マラソンで日本人トップに入り見事テグ世界陸上代表に選ばれ一躍有名に。
その時点で俺はすごいとは思ったが実業団に所属せずでは世界大会に出るので精一杯だなと思っていた。
ところが8月の世界陸上では当初遅れるも脅威の粘りで18位に入り日本の団体銀メダルに貢献。
なので、普段から満足な練習を積むことが困難なノン実業団ランナーでどうしてここまで粘れるんだ?と。

その答えはそれからまもなくして出た。
世界陸上から約2ヵ月後。大阪で記念すべき第一回大阪マラソンが開催され、なんとその中で日本人トップとして川内の名前が出ているじゃないか。
タイム的には全然振るわなかったが、そのときの川内のコメントが僕は実業団に所属していないので試合に出ることで力をつけていくしかないんです、と。
まさに目からウロコ。そういう考えでレースをする人が居たとはと。

自分は陸上界の更なる強化には、マラソンは試合で力が出し切れないのであれば試合にたくさん出ること、トラック&フィールドは海外のトラックで力が発揮できないのであれば海外の試合で出まくって経験をつむことと口すっぱく言ってきた。
まさかこんな所に俺の考えを実践している選手が居たとは。しかも陸連と一線を置いている選手で。

しかも今回3位に入った福岡マラソンは来年の東京マラソンで自己ベストを出すための調整で出たというのだから恐れ入る。
仮にここで五輪内定が出たとしても、東京では自己ベストを目指して出場するだろうな。
なにせ試合に出ることで力をつけるランナーだから。


正直世界というかケニアとの差は埋めがたいものがある。
今回日本の実業団所属のケニア人が初マラソンながら優勝した。
同じ練習をしてきている人間にこうも差をつけられると、身体能力に差があるとしか思えなくなってしまう。
けどさらにそれを上回ることをしてさえすれば埋められると思うということを川内は記してくれた。

これを見て何も思わない陸連や実業団選手は正直いらない。
今回敗れた選手も2月3月のマラソンに挑む意気込みがぜひとも欲しい。
posted at 2011/12/07 0:20:20
lastupdate at 2011/12/07 0:20:20
修正
 
2011/09/28
既に1ヶ月たってしまったが、毎度おなじみ世陸総括。
ざっくりと種目別に。

まず天晴れなのが競歩。
男子20kmはまったくのノーマークだった。
50kmは3人が10位以内に入ると言う大健闘。しかも全員自分の思ったとおりのレース運びが出来ていたと言うのだから素晴らしい。
さらに今回出ていないエース山崎がいる。ロンドンはまず代表に入るところから始めなければいけないなんて、随分とレベルが上がったものだ。

女子もエース渕瀬は惜しくもリタイアもメダルを取りに攻めた結果だし、日本の得意種目に挙げてもいいぐらいの新時代到来だな。
あとは知名度だよな。。。

マラソンは女子はまず想定どおり。暗い付くレースを尾崎か赤羽がやると思っていたから。
ただケニア旋風がついに女子にまで来たか。。
ヌデレバ野口ラドクリフの一部選手だけが強い時代から国として強いところがある時代になったか。厳しいなあ。

男子は正直ノーマークだったから大健闘。
やはり粘りのレースが出来るか否かだな。
ただケニア勢は半端ないな。よく日本が世界から離されているという話があるが、どちらかと言うといまや世界がケニアに置いてかれてる感じ。
あのエチオピアでさえケニアとの間に大きな壁が出来てしまったようだし。
しばらくはケニアの時代が続くだろうなあ。

次に投擲。
室伏はもう言うことも無い。いっそのこと世界記録も更新しちゃって!

村上に関しては結果は惨敗。ただそこまで悲観はしていない。
もともとベストの投擲をも上回らない限りメダルは届かない状態だったけど、本来はそれを出来てしまうような選手だと思う。
あとは室伏の様に本大会にピークを持ってこれるように調整することだろうな。

続いて短距離陣。
福島はもう流石としか言いようが無い。
今回から準決勝の枠が広がったが、それが無くとも突破できる順位だったのだからたいしたものだ。
ロンドン、リオと期待が膨らみますな。

一方男子含め他の短距離陣はふがいなさ過ぎる。
まず100mは男女と押して福島しか出ていない。
リレーも男女とも惨敗。
高平が言っていたが、100mに選手を送れてないようなリレーチームじゃ到底世界にはかないっこないと。まったくそのとおりだと思う。
世界はジャマイカの独壇場だが、ルメートルをはじめ着実にレベルが上がっている。
このままでは世界にいつまでたっても追いつけないのだから、もうちょっと何とかしてくれ。

最後にボルト絡みの話をば。
フライングに関してはまた改めて。
少なくともこのルールは厳しいが前のルールよりはまし。

当のボルトだが200mでマークした驚異的な19秒19に同じジャマイカのブレークがMJ越えで迫ってきたと言う。
無敵のボルトもロンドンで負ける可能性も出てきたって訳だ。

あと個人的にはブレーク、カーター、ボルト、パウエルの4継を早く見てみたいな。
posted at 2011/09/29 1:36:59
lastupdate at 2011/09/29 1:36:59
修正
 
2011/02/15
1ヶ月半建ってしまったが(笑)、箱根総括。
1月色々忙しかった上に後半1週間研修で帰ってきてから写真整理&レポートで2週間。
もう正直全然覚えてませんが。(汗)


まず優勝早稲田。
今回は磐石だったな。
常にレースをリードして、柏原だけじゃなく相対的に東洋を押さえにかかっていた。
ずば抜けた絶対的エースはいなくとも、全体のレベルが高かった。
渡辺自身今回結果(優勝)が残せなかったら退くようなことを前言ってたっけ。
正直好きな選手じゃなかったけど、箱根のスターが折角こうやってまた日の目を浴びれていたんだし結果が出てよかったと思う。

東洋も柏原頼らずとも地力が付いてきたし、駒大も流石のレース運び。
上位に食い込んだ東海がスーパーエース2人が来年も残るから、全体の底上げがこのままうまくいけば4強時代に突入するかも。

最後にシード権争い、過熱しすぎ。
ドラマチックだけど見てるこっちが疲労しちゃうよな。(笑)
で、そのシード争いが最後の最後でちょっとしたトラブルに。
8位集団4名のうちトップに立った国士舘がゴール直前でまさかのコースミス。
直ぐに戻って追い抜いて事なきを得たが、あれでシード逃していたら歴史に残る大アクシデントになっただろうな。

そのコースミスに関して運営を責めてる人が多数いた気が。
確かに運営がしっかりしてればという部分はあるだろうけど、ずっと箱根を見ている自分からしても選手が車についてコースアウトなんてはじめてみた。
運営側も全くの想定外だっただろうから誘導も何も無かったんだろう。だって普通間違えないもん。明らかにゴールが見えている場所なのに。

まあそれだけシード権争いが過酷で極限状態で状況判断が出来なくなっていたんだろうな。
次からは想定外のことも想定して万全の運営にしてくれればokですな。

しかし、驚くほど城西大。。。
posted at 2011/02/15 0:51:19
lastupdate at 2011/02/15 0:51:19
修正
 
2010/11/03
書こう書こうと思っていて書いてなかったネタを一つ。

昨日和歌山県の太地町にて漁業関係者ととある団体の話し合いが行われたそうな。
漁業関係者とはイルカ漁の漁師、とある団体とはオーストラリアのシーシェパード。
イルカというのは一般的に5mを越えない鯨の事を指すので、すなわち捕鯨問題の話。


伊豆にもイルカを食べる地域があるというのは聞いていたけど、イルカを目的とした漁業があるのは恥ずかしながら知らなかった。

で、この太地町のイルカ漁を題材にした映画「ザ・コーブ」がアメリカだかの映画の賞を取ったそうな。
ほぼ全編盗撮だと言う話らしいが見てないから良く知らず。ただ日本側が協力する訳も無いから、盗撮とでっち上げある程度は真実だろうな。
ドキュメンタリーと言う名の元のプロパガンダはあの国ではよくある話なのだろう。


自分自身は鯨は子供の頃に何回か食べたことあり、この間もスシローで食ったかな。
普通に美味しいとは思うけど、それが無くちゃ絶対ダメというほどの物でもない。
だったら捕鯨なんて必要ないんじゃないのというのは大間違いだと思う。

よく捕鯨反対の人たちの意見で国民に浸透していない食料をとる必要は無いという話が出てるが、一部地域や一部民族だけで食べられているものを必要ないというのであれば、イヌイットのアザラシ漁も否定されてしまうことになる。


国際エコテロ組織の海猟犬辺りに言わせると、鯨は大変高度な知能を持っているから食べてはいけないという話が出る。
まず頭がいいから食べてはいけないという話の説明で説得性のある内容を一切見たことが無いし、頭がいい動物も食べる訳ではなく別の手段で命を奪うような行為は許されるらしい。
アメリカはイルカを動物兵器として調教してますよ?共存をアピールするも兵器として使っている時点で命を無駄にしてる他ならないんだが。。
まあシーシェパードの大スポンサーのパタゴ○アはアメリカの会社でしたな。(苦笑)


あともう一つ。
欧米人だって肉を食べているじゃないかという意見に対して、自然のものを取る鯨漁に対して牛豚などを食べる為に家畜として作り上げたものだから問題無いという意見。
確かに自然を相手とした漁業は節度を守らなければ絶滅してしまうと言う恐れがある。
先般の大西洋メバチマグロの規制話はそこから来ているのだろうが、欧米の自分達は魚食文化ではないから関係ないと言わんばかりの態度が気に入らない。
話がエスカレートすると他の魚、特に鱈あたりが引っかかるという話まである。
そうなったら日本の鍋物が大打撃だろうが、ふざけんな。


話を戻して自分達の食ってる肉は食べる為に家畜として育てた。という意見。
確かにそうなんだろうけど、俺はこの意見に一抹の危険性を感じる。危険というよりか恐怖だ。

この動物は自然に生まれたものだから食べてはいけない、この動物は家畜として育てられたから食べても問題ない。
これって命の差別だよね?両方とも同じ命だよね??
あの人は純白人だから大事にしなければならない、あの人はヒスパニックだから死んでも構わないって言うの???

動物虐待⇒幼児虐待⇒婦女暴行と繋がるから動物虐待のうちに芽を摘むというぐらい人権を重んずる国々が、命の差別をしてしまう訳なの?
子供達も小さいうちから奪っても問題ない命があると植えつけられる訳?
こんなの野蛮の極みでしかない。



ケニアのノーベル受賞者のお陰で「もったいない」とほぼ同義語が世界には存在しないような事が言われ広まったけど、もう一つ世界に日本にしかない言葉がある。

「いただきます」

外国では召し上がれと食事の前は言うらしいが、いただきますという国は殆ど無いらしい。
命をいただくから「いただきます」
それは自然から取られた物に対しても食べる為に育てられたものに対しても野菜に対しても姿を変え人に摂取される穀物に対しても、当然命を奪っているのだからいただきますの感謝の気持ちをあらわしているもの。
人間を含めた生き物というものはそうすることでしか生き続けて行けないという罪を背負って居るのだから。

この言葉をあの人たちに届かせることは出来ないのだろうか。。
posted at 2010/11/03 2:52:33
lastupdate at 2012/01/21 14:26:27
修正