heartfelt words
2019 / 11   «« »»  
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2017/09/19
九十九里ビール第3弾。コシヒカリ米ビール。
今回買った6本セットの本命は実はこれ。

今まで飲んだ米を使ったビールは、志賀高原のミヤマブロンドも反射炉ビールの大吟醸政子も当たりだったので期待。
当然日本酒の蔵元だから米の扱いは得意なはずだし。

色は若干濃い目の金色。濁りがあって透き通ってはいない。
ラガーだと思い込んでたら、よく見ると瓶にはコシヒカリライスエールと書いてあるのでエールだったらしい。
なのでゴールデンエールっぽい色ってことかな。

コシヒカリ米ビール 九十九里オーシャンビール 千葉山武

香りはほんのりと甘い香り。
味のほうは苦味はぜんぜんなく非常にさっぱり。
そこにさわやかな甘さが広がる。
麦の甘みとは違う、非常にクリアな甘み。これはやっぱり米の甘さなのかな?
けど日本酒の甘みはもっとまとわりつく感じだが、はて。

醸造の仕組みだあ発酵の仕組みだあよくわからないけど、米を使ったビールは旨いは俺の中で定説になりつつあるかも。
まあ自信がなきゃ作れない代物なんだろうなとも思う。
posted at 2017/09/20 0:10:52
lastupdate at 2017/09/21 14:44:19
修正
 
2016/10/25
我が家にひょんな事から大量にある調味料のパプリカパウダー。
使わないことにはしょうがないので、これの大量使用レシピをググる(クックパッドる)。

まあ実はひょんな事と言うのはGWのキャンプで俺が作った謎パプリカスープ(グヤーシュ)のレシピを調べるときに、パプリカパウダーの相場な何じゃろとアマゾンを検索。
いざ当日キャンプに向かっているときに、家から大容量パプリカパウダーが届いたけど持っていくんじゃなかったの?とメッセージが。。。
どうやら気づかないうちに注文してしまっていたらしい・・恐るべしamazonの1click注文・・


という訳で調べると色々出てくるが、グヤーシュと同じハンガリー料理でパプリカチキンと言うのが大量消費に向いてそう。
平日に休暇を取った日にラーメン食った後スーパーで買出しして、いざ調理。

パプリカチキン作ってみた

パプリカチキンというのはパプリカパウダーを使った鶏の煮込み料理で、ハンガリーの家庭の味との事でご飯にもパンにも合うらしい。
グヤーシュが牛肉煮込みに対してこちらは鶏肉煮込み。そしてサワークリームを入れるのが特徴。
サワークリームと言うとポテトチップスのサワークリーム味は好きだが、実際にはサワークリームが何者かよくわからん。
売ってるのも見たこと無い気がする。気にしてないだけだろうが。
ただ調べるとサワークリームは高価格高カロリーだから、水切りしたヨーグルトで代用可能とのことなので勿論そっちにさせていただく。

パプリカチキン作ってみた

まずタマネギを泣きながらみじん切りにして、それを鍋で透き通るまで炒める。
それにパプリカパウダーを振り炒めて、鶏肉やトマトと材料が浸るぐらいの水を入れ30〜40分ぐらい煮込む。

タマネギが溶け出すぐらいトロトロになったら、ヨーグルト(サワークリーム)に小麦粉を溶いたものを入れてトロみをつける。
このときうっかりヨーグルトと小麦粉をバラバラに鍋に入れてしまい、鍋の中で小麦粉が溶けるまでに大苦戦・・
煮込むだけの料理でピンポイントで失敗する俺って。(苦笑)

パプリカチキン作ってみた

とろみが付いてビーフシチューっぽくなったら完成!
パプリカパウダーを多量に入れたけど、ヨーグルトのおかげかグヤーシュよりまろやかで癖がない。
俺はご飯にかけてカレーみたいに食べたけど、うん、確かにご飯に合うね。美味しい。

残念なこと?にまだ半分ぐらいパプリカーパウダーが残ってるから、少し涼しくなってきたころにでもまた作るかな。

posted at 2016/10/25 2:16:25
lastupdate at 2016/10/25 2:16:25
修正
 
2016/08/11
今年になりいろいろと刺激されてきた俺のアウトドア心。
(けど結局ほとんど何もしてない)

まずはお手軽アウトドアってことで、庭でのすごし方を改善するかと心に誓う。
で、庭で何するかって前に虫が多いので何とかしたいなと。
子供たち虫嫌いだし。。
そこでタイミングよく先述の芋揚げた使用済み油が残っているので、これで虫除けキャンドルを自作することに。


まず虫除けの成分だが、アロマオイルでシトロネラと言う昆虫忌避効果のあるものをアマでポチる。
世間一般の虫除けキャンドルや、安全なミストタイプの虫除けスプレーは大抵このシトロネラメインで使われているらしい。

次に会社帰りに百均に寄り、油を固めてキャンドルにするために固めるテンプル的な油凝固剤、キャンドルに色を付けるためのオイルクレヨン、芯にするタコ糸、入れ物の瓶を購入。
どうでもいいが都心は百均がしょぼすぎて辛い。。


家の台所で作業開始。まず塩析と言う作業をする。
これは使用済みの油をきれいにする作業らしい。

虫除けキャンドルつくってみた

500mlのペットボトルに200mlの油と50mlの水、スプーン一杯の塩を入れ、シェイクして30分ほど放置。
なんだか油と水が分離してきたが、見てくれじゃ上手くいっているのかわからない。
まあ気持ちの問題だろうと、とりあえず水だけを捨てる。
色つける用のクレヨンはあらかじめカッターで削って用意しておく。今回は水色で。

虫除けキャンドルつくってみた

その後ナベに油を移し80℃ぐらいまで温める。
IHコンロの温度計で80℃にしようと思ってたのだが、日常の調理でそんな低い温度で使うことはないだろうからか最低で140℃だったので大体目分量。
火を止めたら油凝固剤を指定分量の2−3倍とクレヨンを入れ混ぜ混ぜ。
さらに65℃位まで下がったら、アロマオイルを入れる。
ケチケチして虫除けとしての効き目が今一じゃしょうがないので、思い切って30滴近く入れていおいた。

そして固まる前に割り箸にタコ糸をはさんでセッティングしてあった、百均で買った瓶と家にあった空き瓶に移し変え冷めるまで待つ。

そして最後に芯になるタコ糸の余った部分を切り完成!
おお、思ったより簡単に見栄え良く出来たかも。
ちなみに市販品買うと800円ほどするので、材料費考えるとかなりお得だと思う。(物の基準が費用対効果♂なもんでw)

虫除けキャンドルつくってみた

使ってみるとシトロネラの匂いが広がって、まさに虫除けキャンドルというかアロマキャンドルというかイイ感じ。
ただ火がある程度で消えちゃうのが難点。
調べるとアロマオイルやクレヨンが多すぎると消えやすくなるらしい。先に言ってよ。。。

ちなみに虫除け効果のほどは、まあ市販の虫除けキャンドルを知っている人はわかるだろうけどお察しで。
これは雰囲気を楽しむもんだからね。


まだ油を含めて材料は残っているから第二段をやりたいのだが、意外と空き瓶って出ないもんだなあ。
posted at 2016/08/11 23:33:50
lastupdate at 2016/08/11 23:35:20
修正
 
2016/06/30
先日の子ども会の芋掘りで我が家にやってきた大量コンテナ1箱分のおジャガさま。
使っても使っても減らないどころか、むしろご近所からのお裾分けで更に増えてしまういう驚愕の事実。

ならばと芋を消費するために芋掘り後のBBQで、子供たちに大好評だったフライドポテト作りを敢行することに決定。
ならばついでにとポテトチップスでも作ってみようかと。
ポテチならフライドポテトと違って直ぐに食べきる必要もないからね。


当日は朝も早から小学校の野良作業で沢山の丸太を運んで、昼に帰ってきて息付く間もなく高校に行って娘の演奏会を立ち席で小一時間撮影して、夕方前に帰ってきて正直バテバテだったが今日しかやる日がないし頑張んべと作業開始。

ポテトチップス作ってみた この量でも全体の20分の1ぐらい

まず物置からジャガ氏を使う分だけ出して、外でゴシゴシと泥落とし。
ちょっと多いかもと思う位取ったつもりだったが、物置のおジャガ衆はまだまだ沢山残っていたなあ。。

まず最初はフライドポテト作りを。
揚げ物にはキャストアイロンが温度が安定してイイ言うので、myダッジオーブンを出してきて油を注ぐ。
本当は台所にあるルクルーゼでいいんだろうけど、揚げ物だとなんとなく気が引けて・・
フライドポテトは皮付きのまま1/8カットか1/10カットにしてそのまま揚げる。
揚げ終わったら塩を振って出来上がり。
うん、うんまい!揚げただけの芋が何でこんなに旨いんだろうと思う。

ポテトチップス作ってみた 実は揚げ物初体験に近い状態

残りのフライドポテトと小さい新じゃがを丸揚げするのは最後晩飯を食べるタイミングにするとして、続いてお待ちかねポテトチップス作成。

レシピを探すとアレヤコレヤ書いてあって、料理素人の俺はいつも混乱するけど作り方はいたって簡単。
スライサーでひたすら芋を薄切りにする。
そしてそれを水に浸し、白く濁らなくなるぐらいまで何度も水を替えていく。
この白いのがデンプンのようで、これがあるとカラッと揚がらないとか何とか。

その後十分に水を切ってから、魔法のお鍋で油で揚げる。
油に浸して水分が抜けて泡が出なくなるぐらいまで揚げれば完成。

当然ポテトチップスのほうがフライドポテトより平べったいので場所をとり、1回で思ったほどの量が揚げられない。
くっつかないように満遍なく揚がるようにと混ぜるのだが、調子に乗って動かしすぎてると丸まったポテチが多量にできてしまう。
あと完成のタイミングが難しく、いつも堅揚げポテト状態になってしまう。

ポテトチップス作ってみた 思った以上にポテトチップス!

とはいえこれも揚げ終えて軽く塩を振っただけなのだが、いやはやとても美味しい。
ちょっと失敗したかなと思うようなのでも十分に食える。
油切りが悪く油っぽさが多少あるけど、市販より旨く感じるのはかえって余計なものが入ってないからかなあ。

最終的に芋7、8個でポテチのBIGサイズの袋ぐらいの量が出来た。
掛かった時間と手間を考えると、やっぱり市販のお菓子って対したもんだと思う。
絶対200円以上の労力掛かってるもん(笑)

手間の問題があるものの、またそのうちやってみたいですな。
それよりまず大量消費出来るおかずを探すことのほうが必要かもしれんが。。。
posted at 2016/06/30 1:31:42
lastupdate at 2016/06/30 1:31:42
修正
 
2014/03/29
お、ここの店入ってみようっとノーアポで交渉してお店に入っているのが、ホントはアポ取ってるんじゃないかと調査してみました。

というのも今月頭のタカトシ温水のぶらぶらサタデー?(番組名うろ覚え)が三浦半島バスの旅で、見ていたらうちの近所の餃子やさんが出てきた為。
バスの中から誰だかが餃子やさんを見つけたって降りて店を訪れる展開。

で、その店は定例会後によく飲みに行く店だったので、これはと思い聞いてみることに。
最近お店の内装綺麗にしたから絶対事前アポあっただろうと思いつつ。

ぶらぶら街歩き系の番組で

お店に入ると目立つところに温水タカトシのサインが貼られている。
いきなり聞くのもなんだからとりあえず注文して乾杯してメシ食い始める。
その後ママ(餃子屋の中国人奥さんのこと)が連れのビールをひっくり返すとかアクシデントがあり、なかなか聞けずじまい。

その後ある程度飲んで気が大きくなったのもあり、思い切って聞いてみた。
すると待ってましたとばかりにしゃべるはしゃべるは。10分ぐらいしゃべっていたな。
俺は「ママ、テレビ見たよー」の一言しか言ってないのに。(笑)

で、聞いたところによると、本当に全くのノーアポだったらしい。
取材日はちょうど大雪の2/14、雪も強く降り始めたタイミングでお客さんも今日はこれ以上来ないねーと反していたタイミングで、車が2台(おそらくロケバス)と人がぞろぞろとやってきた。
その大勢のうちの一人のスタッフが「ここは餃子はおいしいですか?」と聞いてきたので、ママは「全部おいしいよ」、で取材させてくれでOKを出して、そのままロケになったらしい。

ママは中国人だから芸能人わからないけど、あなたたち知っている。欧米か!でしょ。と言った話とか、温水は普通に知っていたとか、あんなに大勢来たのに5人しかメシを食べなかったとか(残りはスタッフだろうからね)、いろんな話をマシンガンのように話してくれた。


いや、ああ言う番組は大抵仕込んであるんだと思ったら、意外と地道にその場で交渉して作っているんだね。
店が綺麗になったのはたまたまだったのか(笑)。

その後一向は長井まで行っていたけど、あのドカ雪の日は横横も通行止めだったし果たして彼らは帰れたのだろうか。。
posted at 2014/03/30 12:45:47
lastupdate at 2014/03/30 12:48:42
修正
 
2014/03/02
先日料理ができる男子計画続編?として、牛スジ煮込みを作ってみました。


なんでまた牛スジ煮込みかと言うと、先日浅草で食ったホッピー通りの牛スジ煮込みが旨かったので。
それまで美味しんぼとかで知ってはいたけど、食べるのは初めてで気に入ったしせっかく我が家には圧力鍋もあるし作ってみようと。

材料は業務スーパーで買ったオージー産牛スジとこんにゃくと大根と生姜。
作り方はこちらを参照。
料理に疎い俺にとっては、大さじ何杯言われるよりこっちのほうがわかりやすい。(笑)
息子が嵌っているまえちゃんねる前原さんもそうだけど、ユーチューバーって結構いろいろいるんだねえ。

牛スジ煮込み作ってみた 牛スジは灰汁が半端ナイ

牛スジは臭みと脂身が半端ないので。とりあえずしばらく下茹でして多量の灰汁を捨てる。
その後は材料をザクザク切って味をつけて、圧力鍋でひたすら煮込み。

牛スジ煮込み作ってみた 多量に見えるけど我が家では少ない位

20分ほどやってあけてみたら、まだ結構汁が残っているのと味が意外と薄かったので、調味料を足し追加で15分。

で、完成。

牛スジ煮込み作ってみた 実際食うときは七味もどーぞ

牛スジも大根も非常に柔らかく味がしみこんで美味。
ただ思った以上に油っぽさが残っている。もうちょっと下茹でしたほうがいいのかな?
あと浅草で食べたのは脂身がもっとコラーゲンぽくプルップルだったけどこれは普通に脂身っぽい。
これは元の肉の違いなのかなあ。。


業務スーパーなので1kgの肉買ってまだ半分残っているので、次はもっと旨くできるよういろいろ調べてみようかな。

posted at 2014/03/03 1:50:19
lastupdate at 2014/03/03 1:53:40
修正
 
2014/01/07
お正月といえば雑煮。
雑煮といえば家毎に味が異なると言われるぐらい、種類が豊富。

自分の実家の雑煮はずっと関東風というか江戸風と言うかで聞いていたのだが、よくよく調べてみると関東風の雑煮とは違う感じがしてきた。
ちなみにカミさん実家の雑煮は薄い色のしょうゆ味で、大根、里芋。小松菜でこれが一般的にいう関東風なんだと思う。

お雑煮

自分の実家の雑煮はほうれん草、ナルト、豚バラ肉、とき卵で、味は結構濃い目のしょうゆ味。
色的にはお蕎麦のつゆのような色かな。
調べるとほうれん草やナルトは結構見かけるが、豚肉や卵はなかなか見つからない。
濃い色のしょうゆ味ってのもあまりなさそう。。

果たしてうちのお雑煮はどこ風なのだろうか。。
そもそも関東風が本当に関東風なのかも疑問だが。。
posted at 2014/01/08 2:00:33
lastupdate at 2014/01/08 2:00:33
修正
 
2013/12/27
先日、料理の出来る男子化計画(?)の一環として、ハンガリーのスープグヤーシュを作ってみました。

なんで急にハンガリーのスープかというと、以前言ったドイツで食べたグヤーシュが非常に美味でぜひとも作ってみたいと思いながら2年経過という。。
ちなみにハンガリーではグヤーシュという名前でどちらかというとスープ料理。
ドイツを筆頭としたそれ以外の国ではグラーシュという名前で、スープというよりかはビーフシチュー的な感覚で食べられているもの。
ドイツで2回食べたけど、最初はシチューぽいい感じ、次に食べたのはスープっぽい感じ。
スープのが超ウマだったので、グヤーシュを作ってみることに。

ハンガリーのグヤーシュはいわば日本人にとっての味噌汁や雑煮みたいなもので、各家庭によって味が違うらしい。
なので各家庭によってレシピが異なる。
クックパッドのレシピを見ても、書いてあることがまちまちでよくわからん。。

グヤーシュ作ってみた

とりあえず圧力鍋を使えば手っ取り早いとのことなので、それで作ってみる。
けどいきなり対処の調理で密閉し忘れて玉葱がとけきらないという痛恨のミス。。
それでも見よう見まねで作って、何とか完成。

グヤーシュ作ってみた

お味のほうはまあいうなればスープや煮物料理は失敗が少ない料理なので普通に旨かったりする。
ただ俺が現地で食べたのと比べて若干味が違うなあ。。

グヤーシュ作ってみた

本来のグヤーシュはパプリカパウダーが味付けのメインになる料理だが、自分が自他レシピはトマトの量が多くて、どちらかというとミネストローネに近い味のスープになってしまった。
まあ旨いんだけどね。
次はトマト減らして再度チャレンジしてみようかな。
posted at 2013/12/29 3:21:05
lastupdate at 2013/12/29 3:26:58
修正
 
2012/02/07
お酒だけど番外編なのでmy lifeのコーナーに。
先日新聞で家飲みでハイボールに続き、スプリッツァが新たなブームにみたいな記事があった。
ちなみにハイボールはご存知ウイスキーの炭酸水割り。スプリッツァは白ワインの炭酸水割り。

同じようにビールにも割って呑むものが色々あって、有名どころとしてはトマトジュースで割ったレッドアイやジンジャーエールで割ったシャンディガフなど。

で、昨年ドイツで飲んだラドラー
こちらはヘレスビール(ラガー)をレモネードで割ったもの。(フランスではパナシェという)
これが思っていた以上に良かったので、家で作ってみようと。

用意したのはこちら。

ラドラー作ってみた

キリン淡麗と粉末レモネード。
ビールじゃなく発泡酒なのは勘弁。ビールは我が家におりませぬ。
これを1:1で割るのでまず半分レモネードを水で溶かして、その後にビールを注ぐ。
出来上がったのがこちら。

ラドラー作ってみた

早速試飲。
うん、レモネードの味しかしない。。
多少のアルコールっぽさがあるが、ビールの味が消えてしまっている。。
ちょっとレモネードが多かったのか、淡麗じゃビールの味が弱いのか。。
今度はもっと濃い味の酒でやってみるかな。
けどちょっともったいない気もするな。(笑)

ラドラー作ってみた

なお今回のお供はこちら。
青葱のナムルbyクックパッド。
ちょっとニンニク利かせすぎたが、いい感じに味が馴染んで旨い。
皆さんネギの青い部分は捨てずに食べてくださいねー。
posted at 2012/02/08 1:09:01
lastupdate at 2012/02/08 1:09:01
修正
 
2008/06/27
実は先々週から駅まで自転車で通っています。
家からバスだし会社も駅から近い為、全然歩かなくて運動不足。
手っ取り早いのは自転車で駅まで行くことかな、と思いつつもなかなかそうもいかず時間が過ぎる。

しかしグチこさんがおいら君を幼稚園まで自転車(片道6km!)を通わせ始めたので、一気にヒートアップ。
折からのガソリン代高騰もあって。自転車通勤(俺も片道6km!)を開始しました。

まず自転車。
最初は安いママチャリでいいやと思いつつも、学生以来そんなキョリは乗ってないと思って、通勤用に何が適してるかと思って調べて出てきた候補がクロスバイク。
そして自転車といえばダイクマだろうとヤマ○電器へ行って見ると丁度いい具合にこんな自転車が。

駅まで自転車通勤部 スウェーデン好きですから

もともとの見栄っ張りな性格も相成って、見た目重視で自転車を購入。(笑)
しかもプジョーとかシボレーとかメジャーどころがいやな自分には、このメーカーはピッタリ。

とりあえずそれで通勤を始める。
行きは最初は坂道、途中からは平坦なので、汗を掻かないように走っていても20分ちょっとで着く。
ただそうなると帰りは最後がダラダラとしたのぼりが1kmぐらい続く。
上り坂は覚悟していたから気にならないが、今使っているモンベルのショルダーじゃあ立ち漕ぎも出来ないし上手く走れない。

駅まで自転車通勤部 通勤カバンには見えないけど・・

というわけで先日のエルブレスでこれを購入。
店員さんに自転車通勤にはどれがいいか聞いて、最初はドイターのバイク用を勧められるも荷物があまりに入らないから、ミレーの背中にメッシュの通気用の溝が空いているこれを購入。
これで普段使いのカバンが二つともフランス製。。。

駅まで自転車通勤部 これで600ml入ります 

あと喉が乾くだろうとこれを購入。
最初はSIGGを見るも人と同じが嫌な人間として迷わずラーケンを購入。(笑)
口が広くてそのまま氷が入れれるのが一番の決め手かな。

あとクールビズ用のシャツやドライメッシュのインナーを買ったりで何だかんだで金が掛かりまくってる気が。。(汗)


まあおかげでバスの時間に終われることなく自分のペースで通勤が出来るようになりました。
何より自転車で走るのがとても新鮮で、気持ちいいね。
頑張って続けて目標ー8kg!(笑)
posted at 2008/06/29 9:24:38
lastupdate at 2008/06/29 12:54:00
修正