heartfelt words
2019 / 11   «« »»  
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2019/11/02
夏に福島旅行に行った際に買ったクラフトビールをやっと飲みました。
あまり福島のクラフトビールって聞いたことなかったので、道の駅で売ってたのをとりあえず購入。

今回はまとめてレビュー。
買ったのはレッドエールと米麦酒。
レッドエールはペールエールの赤みが強いバージョンで、色合いの割りに飲みやすいのが特徴。
米麦酒は「マイビール」と読ませるようで、ピルスナー?をベースに原材料にひとめぼれと清酒酵母を入れたもの。

レッドエール&米麦酒 福島路ビール 福島

まずレッドエールを飲む。
レッドエールにしては甘みが強く舌に残る。後味も同じような甘み。
うん、何かエールはこういう味だよと後付されたようにも感じる味で違和感。
美味しくないわけじゃないんだが、もう1回飲みたい味でも無いかなあ。

レッドエール&米麦酒 福島路ビール 福島

続いて米麦酒。日本酒的なビールは志賀高原のミヤマブロンド、反射炉の政子ともにおいしかったので期待。
飲むとあまり味がしない、普通のピルスナーの味。
はて?と思いしばらく時間を空けて温度を空けて飲む。

レッドエール&米麦酒 福島路ビール 福島

すると今度は味がしてまさに吟醸の味と香りが口の中にふわっと広がる。
ここまでは今まで飲んだものと同じなのだが、如何せんベースとなるビールの味が弱すぎる。
正直吟醸の味しかしない。うん、ビールを飲んだ気になれないぞ。
これはこれでアリなのかもしれないけど、俺はビールのベースがあってこそのフレーバーだと思うのでちょっと期待外れだな。

辛口になるが名の通ってないところは名が通ってないなりなのかなとは思った。
前の川場もそうだったし。けど木曽路は無名だけど超旨かったけどなあ。。
posted at 2019/11/02 15:46:07
lastupdate at 2019/11/02 15:46:07
修正
 
2019/09/26
実はお正月用に買ったビール、色々と忙しかったり他の事に夢中だったりで飲む機会がなく、途中から完全に存在を忘れてしまっていたが、やっと飲みました。
買ってから8ヶ月経ってる(汗)

これはベルギーの定番、ベルジャンホワイト。
ヒューガルデンほど有名じゃないものの、結構いろんなところで売っている気がする。
買ってからだいぶ経っているので、少々心配だが。。。

エキストラ・ホワイト ヴィデット ベルギー

色はベルジャンホワイトよろしく、白味が買った黄金色。
透明感もなく、まさしく上面発酵の小麦のビールといったところ。

コリアンダーとオレンジピールが入っているのだが、香りとしてはそれほど感じない。
お味のほうは、うん、まあ、非常に旨いね。
苦味がないさわやかな口当たりで、ボディは軽いながら味はしっかり芯がある。
最後抜ける小麦由来の甘さ。
ヒューガルデンに似てるけど、こっちのほうが濃厚だね。
やっぱ旨いわベルジャンホワイト。

ベルギービールも色々手を出したい思いながら、どこまで飲んだかが把握できず。
シメイもどの色かは飲んだが、何だったっけな。(汗)
posted at 2019/09/29 2:05:26
lastupdate at 2019/09/29 2:05:26
修正
 
2019/02/27
年末に買って今月頭に飲んだビール。
富士桜高原麦酒のエクストリームピルスナー。
元々瓶ビールしか出していないクラフトブリュワリーだが、若い人たちに広く飲んで欲しいだかで始めた「FUJIZAKURA BEER PROJECT」というものの第一弾らしい。
富士桜は以前西湖でキャンプをした際に買ったことがあるが、中々個性が強く合うのと合わないのが極端だった印象が強い。

エクストリームピルスナー 富士桜高原麦酒 富士吉田

注いで見るとピルスナーなのに、色は結構濃い目の褐色。そしてホップな香りがふわっと広がる。
そして味はピルスナーながらホップの苦味とモルティな甘みがバランス取れていて非常にうまい。
なんかIPAっぽいな、と思ったらスタイルがインディアンペールラガーという種類だった。
IPL? IPAの良さとピルスナーの良さが調和が取れていて非常に美味しかった。

きっとこのプロジェクトも継続して続けて、僕ビール君ビールみたいにコンビニとかで手軽に帰るビールの種類が増えてくれることを期待していきたいね。
posted at 2019/02/27 0:31:36
lastupdate at 2019/02/27 0:31:36
修正
 
年末に買って今月頭に飲んだビール。
富士桜高原麦酒のエクストリームピルスナー。
元々瓶ビールしか出していないクラフトブリュワリーだが、若い人たちに広く飲んで欲しいだかで始めた「FUJIZAKURA BEER PROJECT」というものの第一弾らしい。
富士桜は以前西湖でキャンプをした際に買ったことがあるが、中々個性が強く合うのと合わないのが極端だった印象が強い。

エクストリームピルスナー 富士桜高原麦酒 富士吉田

注いで見るとピルスナーなのに、色は結構濃い目の褐色。そしてホップな香りがふわっと広がる。
そして味はピルスナーながらホップの苦味とモルティな甘みがバランス取れていて非常にうまい。
なんかIPAっぽいな、と思ったらスタイルがインディアンペールラガーという種類だった。
IPL? IPAの良さとピルスナーの良さが調和が取れていて非常に美味しかった。

きっとこのプロジェクトも継続して続けて、僕ビール君ビールみたいにコンビニとかで手軽に帰るビールの種類が増えてくれることを期待していきたいね。
posted at 2019/02/27 0:31:35
lastupdate at 2019/02/27 0:31:35
修正
 
2019/01/07
続いて正月ビール第2弾。
たった今飲みながら実況中継書いてます。

ヤッホーブルーイングの僕ビール、君ビール。シリーズはローソンとの共同開発の製品で、大手メーカーのせいで世界に100種類あるビールのうち1個しか知らず、オッサンの飲み物と思ってる若者をテメェら人生損してるぞと飲ませ様と作ったビールのブランド。(意訳

今回の流星レイディオは大麦の変わりにライ麦を使った、ライペールエール。
定期的に出てるこのシリーズはナチュラルローソンで売ってるけど、飲みそびれるケースが多数。
今回も勇んで会に行ったらどこにもなくて、何故か成城石井で購入できたという。

僕ビール、君ビール。流星レイディオ ヤッホーブルーイング 軽井沢

色はちょっと濃い目のゴールド、濁っておらずクリアな色。
ライペールエールというのは兎に角、フルーティーさが売りのようで注いだ瞬間これでもかとフルーティな香りが漂う。
味はミディアムボディで非常に飲みやすく、ペールエールの味そのもの。
ただ後から抜ける少しスパイシーなホップの味と、モルトというよりかは柑橘っぽい甘みが鼻から抜ける。

いや、うまいわ。さすがヤッホー、外れを作らない。
変り種でもきちんとまとめてくるし、無個性にならないのがすばらしいね。
スバラシーからローソンも大手のビールの数減らして、こいつ沢山置いてほしいね。
posted at 2019/01/07 0:35:04
lastupdate at 2019/01/07 0:35:04
修正
 
2019/01/06
今年も年末年始に買い込んだビールシリーズ。
去年は体調不良でなかなか消費出来なかったが、今年はジャパンプレミアムなヱビスが我が家にあった為、そっちばかり飲んでいたためまだ1本しか飲んでない。

最初はお馴染み常陸野ネストビールのセッションIPAを。
セッションIPAとはアルコール度数を下げたIPAで、IPAの入門的な形で近頃アメリカ中心にブームになっているものらしい。
その波が日本にも来たってところだろう。

セッションIPA 常陸野ネストビール 茨城那珂

色はそれなりの赤褐色、香りはIPAらしいホッピーな柑橘っぽい香り。
飲んでみると確かにアルコール度数が少ないからかボディも軽く飲みやすい。
口にはホップ由来のさわやかな苦味が広がり、後からほんの少しだけモルトの甘みが感じる。
IPAというよりどちらかというとホップが前面に出ていてセゾンっぽい気がする。
軽いせいか苦味が前面に出てきて、IPAらしい濃厚さがないので苦いだけにも感じる。

苦いのカーッって飲みたい日本人には合ってるかもしれないが、自分にはせっかくのネストなのになんかシットリ飲める感が足りなくて少々物足りない感じがしたな。
posted at 2019/01/07 0:06:35
lastupdate at 2019/01/07 0:06:35
修正
 
2018/11/14
書きそびれていたので第5弾第6弾をまとめて。
ベアードビールの漆黒のポーターと定番ペールエール。
ポーターはエールビールの黒ビールともいえる、モルト焙煎をした濃褐色のビール。
ペールエールについては最近の世の中の人がエールってビール旨いね!って飲んでるビールがたいていこれだと思う、知らんけど。

黒船ポーター&ライジングサンペールエール ベアードビール 沼津

まずポーターだがどっしりしっかり味のベアードだからガッツり濃い味がくるかと思いきや、以外や以外かなりソフトな飲み口。
それなりのボディがあり飲み応えはあるが、苦味も甘みも円やかでかなり飲みやすい。
味は非常に美味しいんだが、ガツンとくると思っていただけに少々肩透かし。
とはいえポータースタウトのガッツり系は苦くて苦戦することも多いけどね。

黒船ポーター&ライジングサンペールエール ベアードビール 沼津

続いてペールエール。こちらはペールエールにしては結構色合いが濃く、赤みが強いし結構濁っている。
味については香りはそこまでたってないが、ホップ由来の苦味が非常に主張が強い。
けどペールエールらしい甘みも良く出ていて、非常にバランスよくて旨い。
ただまあ少なくとも世の人がエール旨い!って喜んでいる世に出回っているペールエールと違って、結構玄人向けな味ではあるね。
けど飲める人であれば旨いと感じてくれると思うから、お勧めではあるな。
posted at 2018/11/14 0:38:04
lastupdate at 2018/11/14 0:38:04
修正
 
2018/09/05
またも時間が空いてしまったが父の日プレゼントでもらったベアードビール第4弾、修善寺ヘリテッジヘレス。
ちなみに第3弾は過去に飲んだことがあるスルガベイイペリアルIPAをキャンプで焚き火をつまみに堪能。

ヘレスは南ドイツのラガービールの一種で、いうなればオクトーバーフェストで1リットルジョッキで飲まれている、黒じゃない金色のほう。
ピルスナーに対抗したバイエルン人が作っただけあって、ピルスナーとは違って苦味<甘みという傾向が強いビール。
俺は大好き。

まず注いでみる。ここでハプニング発生。
振ってもないのに開栓した途端にビンの中から大量の泡があふれ出してきた。
どんどん出る泡、あわあわする俺。
結局容量の1/3を泡として出して鎮火。飲まずして2/3の量に。。ショックすぎる・・
ベアードは瓶内2次発酵なので、飲むまでに時間がかかりすぎて発酵過多なのかもしれない。。

修善寺ヘリテッジヘレス ベアードビール 沼津

気を取り直して少ないが注いだビールを飲む。
色は少し赤みがかった黄金色。香りはいっぱい泡が立ったから、ラガーの香りが立ちまくり。(涙)
味は非常にボディも強く、ポップの味はほとんどせずモルトと濃厚な旨みと甘みが口を占める。
非常に旨い。バイエルンのビールはデュンケルもヴァイツェンもそうだが甘みが前面に出てるのに、しっかり濃口ビールで旨い。
ホント大好き。許されるならビールだけのみミュンヘンに行きたい。むしろ向こうから来てほしい。
ただ唯一不満あるとすると、2/3しか量がないこと・・

残り2つのビール、これも瓶内発酵が進んでるとなると、空けるときどうすればいいんだろうか。
調べておこう。
posted at 2018/09/05 0:27:02
lastupdate at 2018/09/05 0:27:02
修正
 
2018/07/23
父の日ベアードビール第2弾。
まだスマホアプリでの写真がうまく撮れんなあ。。

ウィートキングウィット、名前の如く小麦のビール。
スタイルはおそらくウィートエールであろう。
因みにベイスターズエールも同じウィートエールだが、あちらは酵母を濾過したアメリカンウィートエールで、こっちは濾過してないベルギースタイル。

ウィートキングウィット ベアード ビール 沼津

色は中々の白濁した黄金色、反対側は全然見えないな。
香りはほんのり甘い香りかな。

飲んでみると飲み口さっぱり、ポップぽさは多少感じるが、苦味は一切無い。
少し酸味を感じてオレンジピールとコリアンダーが入ってるのか?と思ったが入ってなさそう。
ホップ由来の酸味かな。

甘みはかなり感じるが飲み続けると沈んでた酵母が巻き上がり、バナナよろしい甘みを感じる。
非常に飲みやすいんだが、味は非常にしっかりしていて美味い。

やっぱり小麦のビールはこうでなくちゃ。
濃くしたって飲みやすいんだから、味はしっかり欲しいよね。
posted at 2018/07/23 23:22:05
lastupdate at 2018/07/23 23:22:05
修正
 
2018/07/07
父の日プレゼントとして貰ったコストコ購入のベアード ビール。
ベアード ビールは静岡沼津のクラフトビアーブリュワリーで、過去に一度評判がいいスルガベイインペルアルIPAを飲んだことがある。
因みに馬車道にもタップルームがあるらしい。

全6種類で最初は定番でもレアでも無くということで、レッドローズアンバーエールをチョイス。
アンバーエールはモルトをローストした褐色強めのペールエール。
レッドエールと似てるが焙煎香はあるも甘みより苦味が強いのがアンバーエールのイメージ。

注いでみる。色は赤味がかった半濁の褐色。
余談だが一眼の単焦点が不調でスマホアプリで撮ってみたが、チョットコレジャナイ感はあるな。技術的な問題かもしれんが。

レッドローズアンバーエール ベアードビール 沼津

レッドローズアンバーエール ベアードビール 沼津

味は中々な濃厚フルボディ。
ロースト香と微かなモルティな甘みはあるが、後味含めてボディの効いた苦味が鼻から抜ける。
これは飲み応えがある。
かと言って苦味が強すぎることもないし、うまいビールだわ。

因みに今回は投稿もスマホから。
長文打つのは正直かったるいが、パソ立ち上げてやるより手軽なのでありかも。
posted at 2018/07/07 0:56:32
lastupdate at 2018/07/07 1:04:00
修正