heartfelt words
2006 / 11   «« »»  
01
W
 
02
T
 
03
F
04
S
05
S
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2006/11/30
先日シーレのファン感に行ってきました。
当初は子供を連れて行くのはこっちにするつもりだったが、午前中仕事だったので断念。
けどせっかくだしと仕事帰りに向かいました。

目的はただ一つ。スピードガンコンテストをやってみたかったから。
学生のころにゲーセンでやったことはあるが、きちんとマウンドで投げたことは無かったので実際にどのくらい出るかをやってみたかった。

パマスタに着くなり一目散にスピードガンの列に並ぶ。
やり方はマウンドからホームに設置されたネットに向かって投げ込むと言うもの。
前に並んでる子供たちが一生懸命に投げてるのを見て微笑ましく思う反面、時々いる大人が皆ネットの上を越えたり一塁側のありえない方向に暴投してるのをみて不安になる。
俺も久しくボールなんて思いっきり投げてないから、あんなになっちゃわないだろうか。。

いよいよ自分の番。脱臼とかしないように肩を回してから。(汗)
ジャケットも脱いで気合を入れて一球。

で、結果は下記のとおり。

シーレックスフェスタ じゃーん

思ったよりいけるじゃん。
これなら肩をちゃんとならして投げれば120行ったかもね。



その後は遭遇率100%を達成し、最後何かに使うといっていた集合写真でこともあろうか4ユニを一緒に掲げてしまいました。
他に4ユニはダレもいないから目立ってると思う。
しかし北川さんファン少ないなあ。(爆)
posted at 2006/12/01 1:39:01
lastupdate at 2006/12/01 1:41:11
修正
 
2006/11/23
横浜スタジアムにベイスターズファン感謝デーに行ってきました。<with娘x2・息子
主たる目的は息子を野球キチのベイファンに洗脳するため。(笑)
とりあえず、まずお会いしました皆さん、乙&ありがとうございました。

今回のファン感は去年までのグランドにおりて選手と触れ合いから一転、チームを4チームに分けた紅白戦ならぬ青白戦という名の軟式お笑い野球がメイン。

いや〜、楽しかったです。
4チームそれぞれ横浜大洋時代のユニに分かれたのだが、川崎時代のユニはさすがに分からないが横浜に来てからのビジユニは懐かしかったなあ。

試合のほうも面白かった。河野の宇野ヘディングや無意味なヘッスラやウッチーの物まねは言うに及ばず(笑)、なにより球団職員などになった懐かしい面子が出てきたのが嬉しかった。
代打で畠山とかヒゲ魔神とかカツオとか。。
しまいにゃあピッチャー石井忠徳vs代打球団社長も出てくるし。

子供たちはというと最後にグランド開放があったので、そこで走り回って大はしゃぎ。
服が人工芝だらけになっちゃいましたが。。

ファン感・財布 グラウンド解放後その1

ファン感・財布 その2






そのあとは本当のこの日のメインイベント、そごうに財布を買いに行きました。
1年ほどまえに財布が壊れ保険証を紛失したのだが、騙し騙し使ってたけどさすがに限界がきて買い換えることに。

昔は財布は使い勝手がよければ何でもいいと思っていた。
なので学生時代はなんとペンケースを利用、その後はハーフ&トップで買った1500円の財布(これはかなり長持ちした)。
しかしその次に俺としては奮発してヨーカドーで買ったguessの財布がすぐ壊れ、中途半端なのを買うよりもういい年だしちゃんとしたブランド財布を買おうと決心。


そしてもう一つ、財布の形には昔から並々ならぬこだわりが。

条件としては、
・小銭入れがジッパーで中は2つに分かれている。(小銭を1・5円と10円以上に分けるため)
・札入れも二つに分かれている。(札とレシートを分けるため)
そうすると意外と無かったりする。

さて、そごうに着きまず紳士財布コーナーを探す。
いいお値段するわりに紳士ものはナンかやぼったい。ってかオヤジくさい。

ということで主にレディースがある小物の階へ。
いかにも女性向けってので無ければ、そこそこ洒落たのがあるじゃないの。

と言うわけで下記の財布をゲット。これで財布の外身より中身の金額が上回るってことはなくなったでしょう。(笑)

ファン感・財布 まあ、ガラを見てのとおりのブランドっす

最初は人と同じが嫌な人間が故、赤(ワインレッド)を選ぼうとするも皆に止められ、おとなしく黒を買いました。。。
posted at 2006/11/25 1:20:53
lastupdate at 2006/11/25 1:20:53
修正
 
2006/11/13
やりたいこと、心がけることがいくつか。
まず

・英語
うちの業界、下手すると6割超が英語がしゃべれる。となると俺は残りの4割。(笑)
しゃべれることにより仕事の幅も広がるし、他はある程度自信があるから英語をしゃべれれば
もっと強いのではと。
将来のスキルアップ(転職?)のためにも頑張ろうかな。
けど、何を使えばいいのだろうか?
とりあえずえいご漬け体験版をしてみたが、他にもいろいろ試してみようかな。

・音楽
はい、多少なりとも「のだめ」に影響を受けてます。
とは言うものの、我が家は自分以外音楽一家。
いつまでもパパは音符が読めないと馬鹿にされてるのもアレだろう。(笑)
基本的な音楽の知識と、せっかくエレクトーンが家にあるのだから多少かじってみようかと。
娘に教えてもらおうかな。
将来的には昔から憧れだったチェロを弾いてみたい。金無いけど(爆)

・料理
まったく出来ないわけではない。揚げ物まではクリアしてるし。
だたレシピに1から10まできっちり書いてないと作れないし、一度に一つのことしか出来ないから時間がものすごく掛かる。
なので段取り良く作れるようになりたいとの、応用が利くようになりたい。
じゃないとキャンプのときにエエカッコできないからね。(汗)
イタリアンをさくっと作れるようになるのが理想。

・スキンケア
なんかいきなり方向性が変わるが。
冬場は乾燥肌で顔を洗うと、いつも顔が突っ張って痛くてしょうがない。
昔は安物化粧水だけ使っていたが、せっかくだしこれを気にスキンケアでもはじめてみようかと。
とりあえず今日無印のメンズスキンケアグッツを買ってきました。
早速使ったけど、いやー顔が突っ張らないっていいことだね。

ちなみにファッションと言うものにまったく興味が無く疎いが、いままでは最低限みすぼらしくならないようにはしてたけど、これからはよりいっそう気を使っていこうと。
ちょっと金は掛かるけどね。

posted at 2006/11/14 1:35:44
lastupdate at 2006/11/14 1:35:44
修正
 
2006/11/05
慌てていたせいかナビの案内をも無視して大回りをしてしまい、茶臼岳にむかうボルケーノハイウェイをとおり、15時過ぎにロープウェイ乗り場に到着。
とりあえずすぐに切符を買い、ロープウェイに乗り那須岳こと茶臼岳山頂へ。

ボルケーノハイウェイの途中からは標高が高すぎてすでに落葉が始まっており、茶臼岳山頂付近は荒涼とした空間が広がっていた。しかも寒い。。
まあ山の上に来てるってことは実感。しかし残念ながら午後から曇り始めたため、ガスっていてあまり景色は見れなかった。
ちなみにここも紅葉シーズンだと辺り一面の赤い絨毯が広がっていて、駐車場に入るのも容易なこったないとのこと。

もみじ満喫の旅 その3 山頂付近その1 茶臼岳は活火山ですな

もみじ満喫の旅 その3 山頂付近その2 曇っていて残念

寒いし最終逃すと2時間半かけての徒歩下山になっちゃうよと繰り返してるので(ほぼ受け狙い)、そそくさ数分で下りロープウェイに乗って山頂を後に。
麓について、とりあえずすでに16時を回ってるけど食べてなかった昼飯を。
恥ずかしながらフードコートと私はうどんを。。。
しかしいくら山の上だっていっても肉まん300円、立ち食いの月見うどん600円は高すぎだろうよ。。

ステンドグラスはあきらめ、土産物屋も閉まっちゃう前に向かおうと観光協会のガイドに乗っていた五峰館へ。
すると今度は一般道が大渋滞。もう渋滞は勘弁です。。
五峰館は小さい店かと思いきや、大きな土産物やでいろいろと土産を購入。

夕食はせっかくだし昼にいけなかったフランス煮込み料理の店に行こうと。ちょっとお高いけど。
到着して店に入ると小洒落た感じで、いやーな予感が。
「ご予約でしょうか?」「あ、いや。。」「1時間ほどお待ちいただくことになりますが。。。」
ヤラレタ。
うーん、ソコまで考えてなかった。。

もみじ満喫の旅 その3 一番最初に入れなかった店 名前忘れた。。

ならばと隣にあるイタリアンの有名店に。
店内に入るや否や、たくさんの待ち人が。そして案の定1時間待ち。

さてどうしたもんかと考え、あと2箇所回ってみて入れそうなほうへ行こうと。それでもダメなら最悪ココスかと。(爆)
まず最初は小さなイタリアンの店。ここはちょうどいっぱいで待ちは無し。
もう一箇所も見てみようと牧場直営肉料理に行くがここもやっぱり1時間待ち。
どうやら別荘地だけあって飯時は集中するのか、一歩で遅れると大変なことになるような感じだな。。
仕方ないので先ほどの店で待つかな。小さい店って回転悪いような気もするが。。。

で、やっとこさ入れたはいれた店は「カフェ ロルモ」。結局大して待たずに入れました。
みな腹減っていたのでパスタをみな一人づつ&大き目のフレッシュトマトピザ&スモークチキン&フォカッチャ&ドリンク。
ピザは席からも見える大きな釜で焼いていてとても美味。フレッシュトマトが甘くておいしかった。
パスタも自分はトマトスープスパゲティ。本格的な店で食べるとこんなにうまいのかと思ったし、子供が頼んだカルボナーラ風のものもサイゼリヤと違って冷めてもおいしかった。ふー満足。

現地9時過ぎに出発。最後土産の補完の意味で宇都宮郊外の上河内SAによって土産を購入。
かえりは渋滞も無く順調に帰りました。

posted at 2006/11/09 2:09:24
lastupdate at 2006/11/09 2:09:24
修正
 
2006/11/04
車に戻りいよいよメインのもみじラインへ。
もみじラインは龍王峡から塩原温泉郷まで30km近くの山道で、高低差があるためこの時期に来れば大抵どこかしらの場所で紅葉が見られるという優れたスポット。

もみじ満喫の旅 その2 途中の道はこんな感じ

もみじ満喫の旅 その2 写真だと伝わりにくいなあ

山道に入るとすぐに辺りには一面の紅葉が。おお、しゅごい。
すぐに太閤下ろしの滝があったが、案外ショボイと聞いてたので敢えて飛ばす。
ある程度進むと展望台のようなものがあったので、早速ソコに駐車。一面の紅葉の情景を写真に収めようではないの。
しかし、ソコの周りはなぜか杉の木ばかり。ほとんど緑色じゃん。。
どうやらソコは紅葉スポットではなく、五十里ダムが見れるスポットだったもよう。

山を登ってくにつれどんどん紅葉は深まるばかり、まさに絶景。しかしそこは山道、残念ながら車を止めて写真を撮る場所もない。
次の駐車スポットは頂上付近、富士見台の展望スポット。
どうやら天気がよければ富士山が見える模様。
しかしここまで山の上にあがってきてしまうと、もうすでに落葉。山の上だけあってめっちゃ寒いし。。

もみじ満喫の旅 その2 ここが山頂付近、結構枯れてます

しばらく写真を撮ったりして再度車へ。少し進むとドライブインとかもある白滝。
そこから見下ろす谷間は一面の赤の絨毯。
おお、ホントに凄い、まさに写真とかテレビとかで見る光景ではないの。
しかし車だらけで止めることも写真を撮ることも出来ず泣く泣く通過。(後で無理にでも止めておけばよかったと後悔)
その後は赤のトンネルを下っていき、しばらく行くともみじラインのゴールの塩原温泉郷へ。

時間が押しまくったせいで塩原到着ですでに14時過ぎ。ここから那須までは40分強かかる。
昼飯を食べようと思っていた店は14時半までなので、間に合わんから別の店にするかと。

その時ふと大事なことに気付く。
この後行こうと思っているはロープウェイとステンドグラス美術館。
どちらも夕方で終わってしまうので、両方回る時間はない。
それどころかこのまま昼飯処に着くのが15時、飯喰って16時。大慌てで観光協会に聞いたロープウェイの最終下りは16時24分。
飯喰ってたらまにあわねーじゃん。

ロープウェイを楽しみに来ている1名(おいら)の手前行かないわけにはいかない。。
仕方ないので飯はあきらめ、直でロープウェイの茶臼岳に向かうとするか。。

その3へ
posted at 2006/11/09 2:06:11
lastupdate at 2006/11/09 2:06:11
修正
 
2006/11/03
久しぶりにお出かけ、紅葉を見に行ってきました。
去年大山寺でなかなかのものを見れたので、今年は欲張って一面の紅葉が見たいと紅葉で名高い栃木の日塩もみじラインへ。ついでに行ったことがないので那須高原も観光。しかし日帰り(汗)

紅葉シーズンだし連休だしと気持ち早めに5時半ころ出発。家から高速まですぐなのもあり首都高までは順調。
しかし向島線に入るや否や大渋滞。まあここはいつも混むしなと思いつつも、いつまでもトロトロ運転。
が、ソコで目にした恐ろしい数字。「川口→加須 渋滞35km」
はい?まじすか?
考えてみても無理もない、紅葉シーズン3連休初日、日光方面。しかも次の日の予報はあまりよくないと来たもんだ。

さて人生で最大距離の渋滞だが思ったより苦痛ではない。それなりに進むし。
しかしごくごくありがちな困難にぶつかる。う、トイレ。。。
たちが悪いことに東北方面は首都高からまったくPAがなく、最初の蓮田SAまでも遠い。
おかげで蓮田は道路上にも待ちの車が連なるほど大渋滞。子供を抱えて走る親の姿がちらほら。
こんなに待ってられんしもうちょっとなら大丈夫だろうと次の羽生PAへ。
ただここからもまだ渋滞。。
うー、残り5キロぐらいで限界が。。体中がトランスしてきた。(汗)
ソコに追い討ちをかけるように、先ほどの35キロの先に8キロ渋滞の文字。首都高からトータルで50キロぐらいか?

無事に羽生PAに着き(ここもかなり混み)トイレと軽い飯とトイレ。その後の渋滞は解消され順調に進んで行き、日光宇都宮道路へ。
いまどきETCじゃないのかと文句を言いつつ、当初の予定より2時間遅れで最初の目的地の龍王峡に到着。
が、今度は駐車場に入れない。
無料の駐車場なのだがまったくもって整理をしておらず、土産屋のおばちゃんは観光バスの誘導に掛かりっきり。タイミングよく自分が止まっている横が空いて入れたからいいものの、それでも30分近く待たされた。
紅葉シーズンにほったらかしは如何なもんかな。

龍王峡は散策路があるが長居はしないので、途中まで。
見所は虹見の滝と虹見の橋から望む龍王峡。
紅葉の色づきはまだまだだったが、これはなかなかの絶景。
ちょうどこの橋のところから上流にむけ峡谷がはじまるような感じなんだろうな。
そして高所恐怖症の私は端に寄れないため、橋の上ですれ違う人たちにとっていい迷惑。(汗)

もみじ満喫の旅 その1 これが虹見の滝

もみじ満喫の旅 その1 龍王峡です

もみじ満喫の旅 その1 橋の上から滝を眺める


その2へ
posted at 2006/11/09 2:02:56
lastupdate at 2006/11/09 2:02:56
修正