heartfelt words
2007 / 01   «« »»  
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2007/01/25
いや、書こう書こうと思っててすっかり忘れてた。
で、すでに忘れ気味(汗)

まず、順天。よく考えると去年もブレーキがなければ行けてただけあって強かった。
来年は今井が抜け厳しくなるけど、それでも地力は有りそうだしね。
次に東海。
そろそろいつまでも優勝候補のままじゃマズいだろ。
とはいえ伊達も佐藤も来年もいるし、今回フルメンバーじゃなかったとの話しだし、来年以降に期待かな。
あとは試合運びだな。
そして亜細亜。
前回の驚愕の逆転優勝から一転、優勝候補になってがそれが逆にプレッシャーになったか。
結局最後まで波に乗れなかったな。
とはいえ囲い込みをやらないで自前の選手だけでここまで実力をつけているんだから、自信を持って来年も挑んで欲しいですな。


あと陸上好きとしての日本男子マラソンにおける考察。
まず佐藤悠基。次世代の陸上日本男子を担うと言われる男。
素晴らしいの一言だ。
今一番要求されるスピードは申し分ない。そして予期せぬアクシデントにも冷静に、そしてそれでも尚余りあるスピードでカバーする。
怪我さえなければ久しぶりにレースを引っ張れる日本男子マラソンランナーが登場する気がする。
藤田も諏訪も線が細い気がするし。現状レースに勝てるのは高岡ぐらいだからね。

次に今井正人。こいつが読めない。(汗)
まず箱根の走り。はっきりいって化けモンだった。
ところが1万のタイムは一緒に襷リレーして振り切った日体大北村のほうが全然よいと、アナウンサーが言っていた。
過酷なレースほど燃えるのか、それともスピード勝負やトラックに弱いのか。
ただあの状況下プレッシャーも相当ある中で、あの試合運び。ポテンシャルはかなり高いだろう。
あとはスピードをつけることが出来れば、女子で言う土佐やリディアのようなしぶといランナーになれるんじゃないかな。

谷口・森下以降低迷が叫ばれる男子長距離陣。
本気でワイナイナが帰化してくんないかなと思ったことがあったけど(爆)、俺はこいつらに期待してみたいですな。
posted at 2007/01/25 1:49:46
lastupdate at 2007/01/25 1:49:46
修正