heartfelt words
2007 / 08   «« »»  
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
10
F
11
S
12
S
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2007/08/12
朝6時半起床、この日も快晴。
高原の清々しい朝である。
(4時に川音が雨だと思って飛び起きたことは内緒の方向で(爆))

まず起き掛けにコーヒーを一杯。
湧き水だからか、とても美味しい。

7時過ぎに子供たちも起きてきたので不要なものを片付けながら朝食の準備を。
朝食はお決まりのトラメでホットサンド&昨日の炊き込みご飯を使った焼きおにぎり。
&昨晩の残りのサラダとブリ大根。

BOSCO AUTO CAMP BASE 2日目 朝食は和洋折衷

晩飯の準備もそうだったが、だいぶ段取り良くこなせるようになって来た。
まあ晩飯は厄介だった偽ダッジが本物ダッジになったのが最大の要因とも言うが。

しばらくのんびりした後、そのまま撤収を開始する。
この日は快晴、気温もさほどでもない。
朝霧の豪雨の中の撤収を経験した自分にとっては、最適すぎる陽気に思った以上に撤収がはかどる。
結局11時アウトのところ、10時過ぎにはほぼ撤収完了。
普段だったら11時ジャストまで片付いてなかったのに。。
そろそろ新米キャンパー卒業か?(笑)

チェックアウトした後は昨晩めんどくさくてシャワーを使わなかったので、日帰り温泉にでもよろうか模索。
ただ時間的に厳しそうなので、宮ヶ瀬めぐりをすることに。

BOSCO AUTO CAMP BASE 2日目 正面のもみの木は冬場はクリスマスツリーに

まず宮ヶ瀬湖ほとりの、ビジターセンターのところへ行く。
丹沢の自然などについていろいろ見た後、並びのカフェにて昼食。

そのあとはダムのところにインクラインと言うケーブルカーがあるので乗りに行くことに。
ダムの上の駐車場に入ろうとしたら、土日は予約者のみとのことなので、一度半原まで降りダム下に広がるあいかわ公園から行ってくれとのことで、そちらに移動することに。
公園の駐車場に止め、炎天下の中15分ぐらい歩いてやっとダム下に到着。

このインクラインはダム建設用機械を運んでいたケーブルカーをそのまま観光用に移設したもの。
ダムの下から上までなので物凄い急傾斜を上っていく。
もちろん乗り物好きのおいら君大喜び。
遠足で自分の学年からインクラインに乗らなくなったというお姉ちゃんも大喜び。

BOSCO AUTO CAMP BASE 2日目 下が見えないほどの傾斜

ダム上にて、水とエネルギー館を見てみる。
ここは宮ヶ瀬ダムに関連して水や電気の話が子供でも分かるように、楽しく勉強できるようになっているところだ。
ダムができる前のころの様子も写してあったりして、小さい頃中津渓谷に遊びに来ていた自分にとって懐かしい映像もあった。

一通り見て周り、今度はエレベーターで下におりる。
エレベーターだとダムの内部に下っていく形になるため、下についたらトンネルの中でとてもひんやりしていた。
そこから駐車場まではまた歩くのはしんどいので、ロードトレイン「愛ちゃん号」で駐車場へ戻った。
そこからは厚木から246経由で自宅に帰宅。


今回のキャンプ場はお値段が少しよろしいことを除けば、かなり満足のできるところだった。
自然環境は豊かだし、当然静かだし、設備も申し分ないし。トイレも炊事場も清潔だったし。
あとはサイトのサイズがまちまちっぽかったので、ハイシーズンの週末は危険かもしれないけど。。


posted at 2007/08/12 14:11:26
lastupdate at 2007/08/12 14:11:26
修正
 
2007/08/11
川遊びの後はおやつ作り、今回は白玉だんご。
子供たちが白玉粉?をせっせとこねて、お湯で茹でる。
茹で上がった白玉と寒天・餡でおいしく食べました。

BOSCO AUTO CAMP BASE 1日目その2 白玉でございます

その後は少し早めに夕食の準備に入ることに。
今回の夕食のテーマは山の中で海の幸の和食料理。
まず味噌汁を作り始める。(これは海の幸は入らない。)
続いて炊き込みご飯。当初あさりを買ってやろうかと思ったけど、混ぜて炊くだけの簡単タイプのものに変更。味は貝柱+舞茸。
味噌汁が出来上がったら、ダッチオーブンで本日のメインディッシュのブリ大根を調理。
夏なのにブリ大根?ってのは気にしないことで(笑)

BOSCO AUTO CAMP BASE 1日目その2 ブリ大根おいしそうに出来上がりました

最後にジャコと油揚げをかりっと炒めてみず菜と和えてサラダにして、完成!
おお、なんか今回はかなり見栄えがいいぞ。(笑)
普段食卓に並ぶような料理のほうが見栄えがいいっておかしな気もするが。。

炊き込みご飯も味噌汁も問題なく完成。サラダは福岡のやきとり屋さんのキャベツのたれというものでいただく。これもおいしい。
肝心のブリ大根はというと、夏の大根だから少し繊維質が残っているものの、とても味が染みていておいしかった。さすが本物ダッチオーブンですな。(´∀`)

BOSCO AUTO CAMP BASE 1日目その2 IKEA率高し(笑)

最後に花火(秦野のセブンで買ったがかなり不良品、金田のセブンには花火自体売ってなかったし。。)を堪能して、この日は就寝。

2日目へつづく
posted at 2007/08/12 9:02:56
lastupdate at 2007/08/12 9:02:56
修正
 
2007/08/10
秦野のヤビツ峠裏にある、ボスコオートキャンプベースに行ってきました。
やっとこ今期2度目のキャンプです。。

今まで自分が行ったキャンプ場の中では一番近いので、せっかくだしと早めに出発をして高速を使わないように進む。
途中馬入の手前で混んでたぐらいで、比較的スムーズ。

山道に入りヤビツ手前の菜の花台小休止、展望台へ。
ここら辺までくると標高も800mぐらいあり、結構涼しい。
そこからしばらく行くと今回利用するボスコオートキャンプベースに11時30分頃に到着。

トレーラーハウスの受付でチェックインをし、301というサイトに設営。
ここは区画サイトで場所により結構サイズがまちまちと聞いてたが、ちょうど一番端だったためサイトの隣にもスペースがあったので、そこに車を止める。
これなら広く使えそうだ、SPは大きいから区画サイトは苦手だからね(汗)
ちなみに隣の302は結構狭そうだった。。。
すべてのサイトに備え付けの木製の椅子&テーブルがあるので、その上にタープを張り並べて我が家のテーブルとかをセッティング。

BOSCO AUTO CAMP BASE 1日目その1 木が多くて少し大変。。

設営が終わったらまず昼食準備。
このキャンプ場は山の頂に近いだけあって、敷地内に湧き水が出ている。
とりあえず調理用にまずそれを汲みに行くことに。
敷地が広いので車で移動して、湧き水エリアへ。
湧き水のイメージからちょろちょろ地面から湧き出してるのかと思いきや、地中からパイプが出ておりそこからあふれんばかりの多量の湧き水が流れている。
タンクになみなみと水を汲み、サイトに戻る。

昼は時間ももったいないので、家から持ってきた御飯にレトルトの豚丼(吉野家)の具とオクラを切って乗っけて、豚丼の完成。
たとえレトルトでもアウトドアで食べると、とてもおいしい。
というか吉野家の店で食べるより、遥かにおいしかったのは気のせいか(笑)

BOSCO AUTO CAMP BASE 1日目その1 吉豚の豚丼

このキャンプ場はたいていのサイトが、小川沿いにある。
ということで食事後は子供たちをつれて、川遊びをすることに。

ほぼ源流の近くであろう場所だから、水はとても澄んでいる。そしてとても冷たい。
何かを冷やす分にはいいけど、正直自分には足をつけるのが精一杯だった。。冷たすぎて。
それでも子供たちは水に入ってバシャバシャ遊んでいたが、一番下のオイラだけが川音と水の冷たさに怯えて入ってくれなかった。。
先日の海は比較的水の中で遊んだが、川はまだ無理だったか。。(笑)

BOSCO AUTO CAMP BASE 1日目その1 川はこんな感じ

その2へつづく
posted at 2007/08/12 8:38:26
lastupdate at 2007/08/12 8:42:40
修正
 
2007/08/09
昨日は休暇をとって海水浴に行ってきました。
過去に日帰り白浜中央でかなり苦労したのと、去年葉山で駐車場で苦労したのもあって、今回は三浦方面へ南下することにしました。

いろいろ調べるうちに見つけたのが、油壺にある穴場と書かれた3海水浴場。
日本の海水浴場55選にも選ばれた荒井浜・マリンパーク下にある胴網・一番小さな横堀。
全部歩いてすぐの位置にあるので油壺の市営駐車場(1日500円。安い!!)に止め、とりあえず歩いてみる。
じきに海水浴場入り口と書かれた看板があり、どうやら一番有名な荒井浜の入り口らしい。
荒井浜は遠そうだし、一番手前にある横堀に行くことに。
道端の地図をみると、少し手前に海水浴場の入る道があるらしい。そういやあさっき海側に入る小道はあった。
海水浴場入り口との案内も何もないような、知らなきゃ分からないような道を歩くと、あったあった、海水浴場が。

穴場の海水浴場 全長30m程度

超穴場と海ぴあに紹介されてたとおり、入り口に案内もなし、海の家1軒、全長30m程度の小さな浜。
おかげで人出も少ない。

今回日差しよけグッツを持ってきてなかったので、海の家を利用する。
やっぱりもったいないから来年からは海用タープがほしいのう。

海はというと油壺までくると外洋に近いからか、かなり水はきれい。
去年行った長者ヶ崎・大浜と比較にもならないくらい、昔行った宇佐美と白浜中央の間ぐらいかな。
普通に泳いでいても大人が肩まで使った状態で足が見える。
ゴーグルを使えば5mはゆうに見えるかな。

穴場の海水浴場 風光明媚ですなあ

子供たちを浮き輪に乗せ、自分は平泳ぎで遊泳区域の一番沖まで行ってみたり、いろいろ楽しんできました。
去年まったく海に近づかなかったおいら君も、今年は水辺でバチャバチャ遊んだし。

メシで食べたサザエのつぼ焼き(やっぱり割り高、来年からは買ってこよう。。)の食あたり疑惑もあったが、すいていて水もきれいで快適な海水浴でした。
来年・再来年と残り二つを制覇してみようかな。

帰りは子供たちの宿題をかねて三浦半島めぐりで城ヶ島や毘沙門の風車や三浦海岸を眺めながら帰宅しました。

穴場の海水浴場 城ヶ島からの夕焼け
posted at 2007/08/10 1:40:28
lastupdate at 2007/08/10 1:47:02
修正