heartfelt words
2008 / 05   «« »»  
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
05
M
06
T
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2008/05/26
穐人(あきと)物産と読みます。

某所にて先日行った「ぢんげる」よりもお勧めと書かれたのをみて、これはこれは行かねば!と思い行ってきました。
場所は横須賀長井の、長井水産のちょこっと手前左側。
店構えはいかにも漁港の店と言った風貌。
どちらかというと釣具屋か魚の卸し問屋に見えるが。。まあ鮪は卸してるみたいだが。
知らなきゃ入る勇気はないな。。

穐人物産 横須賀・長井 漁港の掘っ立て小屋

ここもメニューは基本マグロ丼のみ。
前にいったぢんげるは丼一つ1000円前後だったのが、ここでは殆どが1000円以下。
最安のネギトロ丼にいたってはなんと525円!

早速注文。自分と娘達はマグロ丼735円、おいら君にはネギトロ丼を頼んだ。

穐人物産 横須賀・長井 マグロ丼735円

しばし待って料理が登場。
マグロ丼は上に結構な量のマグロの切り身が乗っているし、ネギトロも然り。
そしてこの店の特長とも言うべきものはその切り身もしくはネギトロとご飯との間に、特性醤油のすきみの漬けが乗っている。

すきみには味が付いているのでまずお醤油無しでお召し上がりくださいとのこと。
早速召し上がってみる。
うん、確かにすきみに味が付いていて醤油無しでも十分いける、マグロも小ぶりながらもとても美味しい。丼もご飯もマグロも思った以上に入っていて大満足。
そして付いてくるわかめの味噌汁も物凄いサイズ。
コレでこの値段はかなりお買い得ではないか!

少なくともこの間の店より遥かに量が多くて値段が安い。
会社近くの築地のマグロ丼に比べても費用対効果で遜色ないかも。

穐人物産 横須賀・長井 店内はこんな感じ

まあ、難点は店構えと店内があまり広くないところかな。(笑)



ちなみにグチこさんは髪切りに行っていたので食べれてません。
平日SSGの代わりということで。(汗)
まあ近いしまた行きますかな。
posted at 2008/05/27 1:55:24
lastupdate at 2008/05/27 1:55:24
修正
 
2008/05/06
車の中で朝食を食べ、しばし仮眠を取る。
8時ごろになって、五合目山荘にてお土産を買ってから下山する。

東富士 GW渋滞知らずの旅 その3

行きは真っ暗で判らなかったが、いかにも富士の裾野と言った山道だ。しかし急坂だが。。
途中2合目?あたりまで来ると、ヤマザクラやソメイヨシノが咲き乱れている。
さすが標高が高くて気温が低いだけあるなあ。

東富士 GW渋滞知らずの旅 その3



あざみラインを下まで降り須走ICからの国道の渋滞を裏道で回避しながら、御殿場ICから東名に乗り足柄SAへ。
どうせ足柄SAに行くのであればそこで仮眠を取ればよかったわけだが、実はGWは朝9−11時までと夜19−23時までの間に御殿場〜厚木から乗り、横浜町田〜東京で降りると半額というキャンペーンをやっている。
なので9時過ぎてから御殿場ICにのり、足柄SAに止めて移動しようという魂胆だ。



足柄SAのスタバ横にある特設テントにてシャトルバスの受付をして、アウトレット行きのバス乗り場へ。
一体どうやってバスでアウトレットに向かうのだろうと思ったら、SAの裏の搬入口?のところからバスにのりそのまま外の道へ向かうらしい。
ちょっとバスの本数が少なくて待ち時間が長かったが、さほど掛からずアウトレットへ到着。
見ると東名下り線は御殿場ICも足柄SAも大渋滞を起こしている。おそらくアウトレットの駐車場も混んでるだろう。
コレは上り線のSAシャトルを選んで正解だったかも。

東富士 GW渋滞知らずの旅 その3

アウトレットは3月に拡張オープンした場所(デロンギとかルクルとかウェッジウッドとか。。)を中心に散策。
お決まりの観覧車に乗って、クレープだけ食べて3時間ほどの滞在の13時頃に再度シャトルバス乗り場へ。
朝一から13時ごろまでならGWでも比較的快適に回れました。
意外と利用する人が多いのか行列を作っていたが、これから来る駐車場待ちの列を横目にすいすいと足柄SAへ。

時間もまだ早いから帰りの道もスイスイ。
途中海老名SAで昼食を食べ、保土ヶ谷BPで若干事故渋滞に巻き込まれたものの、すんなりと帰宅しました。



GWといえば一歩間違えると大渋滞に巻き込まれるけど、この行程なら行きも帰りもまったく渋滞に巻き込まれず時間通りにすすみ、アウトレットも混み始める前にじっくりと見れたんで、今回の作戦は大成功でした。
ただ流石に家帰ってきてから眠くてしょうがなかったですが。。

photo page
posted at 2008/05/06 15:22:21
lastupdate at 2008/05/06 22:34:24
修正
 
2008/05/05
午前4時も過ぎると空はだんだん明るくなってきた。曇り予報だった為どうなるかと思ったが、雲の切れ間から青空が見えるから大丈夫そうかな?

星空ウォッチャーさんたちはぞろぞろ帰宅していき、代わりに御来光ウォッチャーが多数登場。
我家はノーモア戸隠だったので、過剰なまでの装備で来ていたので問題ないのだが、結構薄着の人たちも多かった。
ちなみに気温はおそらく0℃前後。寒いっちゃ寒い。。

東富士 GW渋滞知らずの旅 その2

薄く赤く雲が色づいてきたのでもうじきかなと思って周囲をうろついていたら、思っていた以上に急に太陽が見えてきた。
雲海の向こうから、神々しい御来光が。
おお、素晴らしい。
周囲の山々も神秘的な雲海に包まれていて、それが御来光により赤く染まる。
天気予報は明け方まで曇り予報だったが五合目は雲の上に出ているからか、かえって幻想的な光景になった。
いやあ〜、来てよかった〜。

東富士 GW渋滞知らずの旅 その2

素晴らしい朝日を眺めながら、地でコーヒー&ココアを沸かして飲む。
そのためにわざわざ一通り持ってきたんだから。(笑)

その後あたりを散策。
駐車場脇には結構雪が残っていて、さらにその脇には雪解け水による川が流れている。
ちなみにこの時期になると出来るといわれている幻の滝は、周辺にまだ10m近く雪が残っているらしく近寄れない状態らしい。。

東富士 GW渋滞知らずの旅 その2

photo page
posted at 2008/05/06 15:20:16
lastupdate at 2008/05/06 22:33:47
修正
 
2008/05/04
話はグチこさんのGWに御殿場プレミアムアウトレットに行きたいという一言から始まる。
GWに御殿場は結構厳しいなと思いつつも、GWにどこも行かないのはなあと計画を練り始める。

夜に出て深夜割を使って朝から見て早々に帰るというプランを練っていると、GWは足柄PAからシャトルが出てるということが判明。
折角だし以前日程で断念した須走五合目にも行ってみようと。


当日は日付変わって直ぐの午前1時ごろ家を出発、134をひたすら西へ進む。
途中西湘を使ったのもあり、あっという間に箱根口へ。

最初は夜の箱根は危ないかなと思って大井松田から東名に乗るプランを考えていたが、GWだし大丈夫だろうと箱根の山に突入。
結局山道は思ったほど走り屋さんはいなく、パトカーだらけで無事に箱根を通過。


そこから御殿場市街を抜け、東富士五湖道路の須走ICの所からふじあざみラインへ。
ここから五合目まで上るのだが、何を隠そうこのあざみラインは先月の28日に全通したばかり。

今年の4月は気温が寒かったこともあって、五合目付近はまだ積雪が2〜3mあるとの話。
そんな状態なので夜間は凍結の恐れがあるから走行注意との御触れが出ている。(富士山スカイラインは夜間は閉鎖中らしい)
そして我が家の車は2駆のノーマルタイヤ、チェーンも持ってない。
出発直前まで悩みに悩んで無理そうだったら折り返すことにしたが、果たして上れるのであろうか?


あざみラインは山の東側をひたすらくねくね登っていく道で、結構な急坂。
しかも他の2つに比べてマイナーな道の為、舗装状態はあまりよろしくない。
街灯もなく凍結も恐いので、他に車が走ってないのをいいことに時速20km程度で慎重に上る。

ある程度上ったら道の周りには雪が出てきたが、道は除雪されていて快適そのもの。
凍結に関してもこの日はそこまで気温が低くなかったのか、まったく問題なし。
程なくして富士山須走口五合目に到着。時刻は午前3時10分頃。標高は2000mだ。

東富士 GW渋滞知らずの旅 その1

車を止めて前を見下ろすと眼下には御殿場市街の夜景が広がる。
行きがけに乙女峠からも見えたけど、こちらはもっと標高が高く遮る物がないので絶景だ。

東富士 GW渋滞知らずの旅 その1

そして空を見上げると満天の星。御殿場の夜景の光や、自分の車の室内灯が邪魔になるぐらい他に遮る光がない為、隙間がないぐらい星空が見える。
そのせいもあって周りに止まっている車は天体望遠鏡を持った星空ウォッチャーが多数。
駐車場にはこんな時期でも結構な人が居た。
自分はデジイチで夜景を撮って、星空を撮ろうとしたら三脚がポッキリ折れるというトラブル発生!
結局星空はアングルも何もないような写真しか取れませんでした。

東富士 GW渋滞知らずの旅 その1


photo page
posted at 2008/05/06 15:15:44
lastupdate at 2008/05/06 22:33:13
修正