heartfelt words
2008 / 11   «« »»  
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
10
M
 
11
T
12
W
 
13
T
 
14
F
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2008/11/20
本日11月20日はボジョレの解禁日。というわけで買ってきました。
買ったのは「バーレイワイン」、直訳すると「麦のワイン」。
すなわちビールの一種です。

このバーレイワインは寒冷な気候な為葡萄の栽培が出来なかったイギリスが、ワインに対抗して作った物らしい。
なので特徴としては
・ビールなのにワイン並にアルコール度数が高い
・ワインのように月日を経ることにより熟成される
とのこと。
そして使用する麦芽やホップはビールの3倍とか6倍とか。出荷までに掛かる時間も熟成期間があるから、全然長いらしい。

で、そのバーレイワインを厚木の地ビールのメーカーのサンクトガーレンがボジョレ解禁日にあわせて、数量限定販売をするとのこと。
前回のチョコレートスタウトの反省から、予備でネットでも購入しつつ昼間に酒屋へ直行し無事ゲット。

サンクトガーレン el Diablo(エル・ディアブロ) 厚木

内容量300mlで1050円、正直な気持ちこんだけ金払ったのに300mlかよとは思う。
まあとりあえず飲んでみることにしよう。

色は濃厚な琥珀色、ビールでありながらあまり泡立ちをしない。
早速一口飲んでみる。

うわっ、すっげえ!
まずアルコール度数の高さにビックリ、普通にビールではなくワインや日本酒を飲んだときの感覚だ。
2口目からは味が分かってきた。
味としてはエールタイプ、しかも滅茶苦茶濃厚な。
アルコール度数の高さもあいまってかなりの苦味を感じる。
ビールは断然アサヒとか言ってる人が飲んだら、普通に泣いちゃうぐらいの強力なパンチ。
流石の俺もさっきまでたった300ml?とか思っていたのに、今度は正直300ml飲み切れる自信がなくなってきた。(笑)

サンクトガーレン el Diablo(エル・ディアブロ) 厚木

しかしグラス半分ぐらいまで飲んだところで今度は甘みを感じ出す。
口に含んだ瞬間感じる苦味が鼻から抜ける時は濃厚な蜜のような甘みに感じる。
うん、これぞエールビールの旨みだ。しかもめちゃ濃厚な。

うわー、これはマジで美味いぞ。
普通にビールはガバガバ飲みたい人にはキツイだろうけど、俺みたいにビールは濃くてナンボ、しかもワイン好きとかなら、これは最高の代物だな。


たとえ1本千円とはいえ、2本買ってもボジョレ1本分にもならない。
1本飲んで1本熟成用に取っておく。うん、これいいかもしれない。
来年も是非とも買いたいですな。


しかし熟成しないなんちゃってワインの解禁日に、長期熟成のビールを売りに出す。
普通に試されてると思うのは俺だけ?(笑)
posted at 2008/11/21 2:15:40
lastupdate at 2008/11/21 2:15:40
修正
 
2008/11/14


あらかじめ断っておきますが、野球ネタではありません。。

政府与党が経済対策として勧めている定額給付金制度。
全世帯にもれなく配られるものといい、4人家族で6万円強らしい。

で、今色々と揉めているようだけど、えーと、、、、これって何の為にやるの?

過去にも地域振興券ってのがあったけど、正直よく覚えてない。
とりあえず経済発展させるために国民に金を配ればいいや的なのりで、自治体に丸投げ。
なんでも配るのに数千億掛かるらしいし、道筋も方針も明確ではない。

この行き当たりばったりな行動、先のことをまったく考えずその場だけの対応で将来に向け得られるものが何もない感じ。
なんか最近見たことあるぞ?

おお、そうだ、大矢采配だ。ってことは国も来年仲良く100敗を目指すのかな?






じゃあ仮にそれでも配るとして、どうするのが一番有益かを考えてみることにする。

まずテーマを国民生活の救済に当てるとする。
一番分かりやすいのが所得制限をつけて俺のような低収入者に配ることだろうけど、それだと所得数万円の差で色分けされて不平が出る可能性がある。

ならどうすればいいかというと、大人に対して配るのではなく子供に対して配るようにする。
あくまで養育的な名目で子供1人に対して定額幾らと決めて配れば、さほど文句も出ないだろう。
しかしながら少子化少子化騒がれてる割には国はまったくこういう策を講じてきていない。
出産一時金ですらやっと先月から事前申請が出来るようになった。
全てにおいて遅すぎるぐらいだ。金払ってからやっと金がもらえるなんて馬鹿げている。
ましてや出産費用が高騰してしまってる今日においては、出産一時金なんてものは60万ぐらい払って出産成金にしてやるぐらいじゃないとこの先子供を産もうって人は増えやしない。


次にテーマを消費促進に置くとする。
まず仮に6万円をポンと渡すとする。しかしそれではまったく持って消費の促進には繋がらない。
恐らく殆どの家が貯蓄や生活費に回すだけである。新たな消費を生むわけがない。
ましてやガソリンはやっと数ヶ月前に比べ下がってきたが、これから必要な灯油は家計にとってはあくまで1年前との比較になるから割高になる。
そして原材料費高騰で食料品も目に見えて上がってる今、全ての人が守りに入るのは想像に難くない。
だって現金じゃあどうにでも使えるから。

ならどうすればいいかというと、俺が考えた最善策は旅行券に当たるものを配る。
家族4人で6万円相当の旅行券。海外行くには心もとないが温泉旅行ぐらいだったら交通費+宿代である程度賄えるぐらいの金額。

何故これが最善策だというと、皆旅行に行けば何をする?
美味しいご飯を食べる、観光地を巡る、お土産を買う、等々。
そう、人間一番財布の紐が緩むときは旅行中なのだ。
申し込み時に宿には家族で2万円ぐらいしか払えないなとか言ってる人ですら、一歩旅先に出れば美味しいもの食べたさに1,500円の昼飯を食べる、お土産だけで5,000円近く使ったりする。

そして何より旅先での消費なので、自ずと地方にお金を落とすことになる。
日本人にはその意識は薄いが、観光こそ最大の地域振興の武器なのである。
まあやっとそのことに気づいて日本にも観光庁が出来るのだが。



まあともかく明確な目的をもって国民に直接入らなくても、結果的に国民生活が豊かになるような形にしてもらうことを切に願う。
医療福祉等々金が必要なところは五万とあるわけだし。
posted at 2008/11/14 0:51:02
lastupdate at 2008/11/14 14:04:19
修正
 
2008/11/11

所要で午後半休だったため、横須賀中央の若松へ行ってきました。
前回行った場所が岩松、今回が若松。紛らわしいですが違う店です。。

若松 横須賀中央

場所は16号沿いのベース入口の方にあるラーメン屋。
ここは横須賀でもかなりの有名店でdancyuの表紙を飾ったこともあるぐらい。
しかしながら2点ほど難点があり中々足が向けられなかった。
一つは営業時間と営業日。営業時間は昼のみ、そして強気の土曜定休。
あと一つは塩やで修行したらしいが憧れたのが藤沢にあっためじろとの事。
めじろは俺の中ではワースト3に入るラーメン屋だからな。。


閉店20分前って事もあり他にお客さんはなし。
最初なので定番で中華そば+あとあじを注文。

若松 横須賀中央

ラーメンは俗に言う無化調タイプのサッパリしたもの。
とても上品に盛り付けられている。
熱々のスープは味はとてもサッパリ薄味、しかしながら風味いい香りとダシの味が効いている。
麺は細麺でプリッとしていて弾力がある。
うん、これはかなり美味しいぞ。
味的にはめじろなんかではなく、カミカゼに近いものがあるかな。


大満足でつるつる食べ終わった後は、もう一つ頼んだあとあじを楽しむことに。
このあとあじというのは食べ終わった後のスープの中にご飯を入れて雑炊のように味わうもの。
ラーメンライスなる言葉があるようにラーメンのスープにご飯はよく合うのだろうけど、実際お店でやるのは躊躇うもの。
このように勧められるのならば喜んでやってみようじゃないの。

最近リニューアルしたという新・あとあじはご飯の上に浅漬け昆布が刻んで乗っており、それに魚介系のタレが少し掛かっている。
早速スープの中に投入。

若松 横須賀中央

で、食す。
うおー。これは凄い。何だろう、滅茶苦茶旨い。
元々サッパリしたところに少しタレで旨みが増し、それをご飯が吸い込んで素晴らしい味になる。
正直ラーメンも相当旨かったけど、このあとあじの方がもっと美味しい。
これ目当てで来てもいい位。


いやー、大満足でした。
今度は塩も食べてみたいですなと思うも、土曜定休が悔やまれます。。
それと建物の問題か移転話が出てるらしいです。うちの近くに来ないかな。。
posted at 2008/11/12 1:27:41
lastupdate at 2008/12/07 0:10:21
修正
 
2008/11/09
ラーメン家に行くのがお決まりの土曜出勤日の昼飯。
たまには違うところをと思って、これまた好きな丼飯やをせめてみました。
店に入る直前までラーメンに未練たらたらでしたが。(笑)

行った店は横須賀中央の市役所近くの駐車場(ぴぽ380?)の脇にある天丼屋さん。
ここはそれなりに有名で雑誌とかに度々載っているらしい。
なにが有名かというとそのボリューム。

岩松 横須賀中央

早速店内に入り注文。
一番人気である海鮮丼700円+味噌汁50円を頼む。


そして登場海鮮丼。
携帯カメラの映りが悪いのは勘弁ください。所詮カメラに縁遠いメーカー製なので。。
IXY持ち歩こうかな。。

岩松 横須賀中央

まずごらんあれ(見づらいけど・・)、このボリューム。
そそり立つはアナゴの天ぷら。他にもキス、えび、えんどう豆、にんじん、かぼちゃがてんこ盛り。
早速いただきます。
うん、普通に美味しい。
まずこれだけ丼の上に盛られてる時点でかなり食べづらいのだが(笑)、どれも上げたてさくさく、タレもくどくなくて美味しい。
そしてつけあわせで大根おろしもあるので、口の中がもったりしてきてもサッパリと直すことが出来る。
味噌汁も普通に美味しい普通の味噌汁。50円なら絶対頼むべき。

普通盛にしたのだがこれだけの具が乗っているのもあり、結構おなかいっぱい。
女の人には下手すると多いんじゃないかな。

ちなみにメニューは他にもえびも入った普通の天丼が530円という破格値。
あとかき揚げの入った岩松丼とか大海老丼とかあるようなので、次にチャレンジしてみたいな。


正直この味でこのボリュームでこの値段なら、最高のコストパフォーマンスだと思う。てんやに行くのがバカらしくなってきた。(笑)
行った時は14時を過ぎていたが常に引っ切り無しにお客さんが来て満席状態で、結構若い女の人とかもいた。

うーん、もっともっと丼飯を開拓してきたくなってきたぞ。
posted at 2008/11/10 2:22:49
lastupdate at 2008/12/07 0:10:01
修正