heartfelt words
2009 / 08   «« »»  
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
27
T
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2009/08/27
最後に横川に降りて碓氷の鉄道村に行くのだが、折角なので碓氷の旧道を通っていくことに。

旧道の九十九折を後続車に煽られながらある程度行くと、左にところどころレンガ造りの建造物が見える。
そして碓氷湖の少し手前のところで旧道をあえて通ってきた目的である、碓氷第3号橋梁(通称めがね橋)に到着。
ここは旧信越本線の走っていた橋で、明治時代に作られた日本でも有数の規模のレンガ橋。

軽井沢→横川の旅 その2 めがね橋

碓氷峠にめがね橋といえば鉄道好きなら誰しもが知っている超有名スポット。
決して一般的なところではないかと思っていたが、意外や意外人がたくさん来ている。
駐車場も常に満車状態ではないか。
何故だろうと思っていたら国の重要文化財になっているのは知っていたが、どうやら世界遺産暫定リストに入っているとの事。

富岡製糸場が暫定リストに入っているのは知っていたが、何でも「富岡製糸場と絹産業遺跡群」との事で、周辺の建造物なども含まれている模様。
このめがね橋と少し横川寄りにある丸山変電所は絹の輸送を目的として、当時唯一東京と日本海側を結ぶルートとして最新技術を駆使して作り上げた遺跡、日本の近代化に多大なる功績を残した産業遺産ということらしい。

そして残念なことに誰でも入れてしまう現状、レンガ部分にいたずら書きが絶えない。ホントに許せないことだ。

めがね橋は脇の階段で上に登ることが出来る。
上から見ると尚更規模の大きさを感じる。大昔によくこんな山深くにこんな大きな橋を作ったもんだ。
現在遊歩道として整備されていて横川駅まで歩けるらしいけど、トンネルにちょこっと顔を入れて戻ってきた。

軽井沢→横川の旅 その2 トンネルはちょっと恐いね。。

車に戻り山を下り、いよいよ息子お待ちかねの碓氷峠鉄道文化むらに到着。
さっきのめがね橋も喜ぶには喜んだけど、歴史的要素のほうが強いから車両が見れる場所のほうが子供には嬉しいよな。(笑)

ここは新幹線が出来たのを気に廃止されてしまった横川−軽井沢間功績を残すことをテーマに作られた鉄道博物館的なもの。

プラレールでEF63+あさまを持っているけどもうそれは走ってないんだよといわれていたから、展示されている本物をみて大喜び。
他にも色々な機関車や列車が展示されていて中に入れたりで、色々楽しめる。
ここではEF63が構内の短い区間だが、運転講習を受けて実際に走らせることが出来るらしく、動いているEF63も見れた。
ミニSLにも乗ったけど、本格的な石炭をくべて走るものだった。

軽井沢→横川の旅 その2 機関車いっぱい

着いたのも遅かったけど、閉園時間まで賞味2時間ぐらい楽しんで車へ。

横川駅前のおぎのやドライブインでお土産&峠の釜飯を買って、高速1,000円のあおりで渋滞45kmで涙目になりながら帰宅の路につきました。




いやー、軽井沢って思った以上にいい場所ね。
今度は是非とも泊まりで来てみたい。っていろんな場所に行くたびに言ってるな。(笑)

そしてめがね橋を見て子供の頃の廃線跡大好き鉄だった時代を思い出す。
そもそも産業遺産的なものが大好きなんだろうな。洋館とか見て普通にカッコいいと思うし。
今度は富岡製糸場も行ってみたいな。
posted at 2009/08/28 2:15:53
lastupdate at 2009/08/28 2:15:53
修正
 
2009/08/26
夏休み時期だというのに特に連休も無く行くとしたら専ら海ばかりだったので、3連休だった先週の日曜日に軽井沢方面に行ってきました。

目的地はグチこさん希望のアウトレットとおいら君の為に碓氷峠鉄道文化むら。


世界陸上の4継を見たあと、朝4時半頃出発。
今までは深夜割を利かせるために主たる高速の入口に朝4時までに着いてなければならなかったので夜中1時とかに出ていたけど、今回は高速千円だからその苦労からは開放。
アウトレットの始まる時間から逆算して家を出発した。
とは言え首都近郊区間は22時〜6時までは半額になるので、八王子6時が目標。

横横を順当に進み16号を北上、八王子バイパスを抜けてもうじき6時のタイミングで左に曲がれば直ぐ八王子ICの交差点まで到着。
すると事もあろうか交差点にて真っ直ぐ行くと圏央道との案内が。
まだ10分あるしそっちに行ってみようと進んでみる。しかし一向に着かない。。
騙されたかも。。結局6時5分に圏央道あきるのICに到着。。_| ̄|〇
おとなしく八王子から乗ればよかった。。

その後は初運転区間の圏央道を楽しみ、関越上信越と見慣れた道路に睡魔を覚えつつ8時半頃に軽井沢駅前にある軽井沢プリンスアウトレットに到着。


アウトレットのオープンは10時からなので、折角だしと息子を連れて駅散策。
コンコースを抜けて駅の反対側に出ると、新幹線が出来る前の旧駅舎を復元した資料館があったので入ってみることに。
そこにはもう使ってない旧ホームを使った車両展示や、天皇家の貴賓室、貰ったコインで動くジオラマ等々。
勿論息子は大満足。
30分ほどいてその後駅の上から新幹線を見てから、アウトレットへ。

軽井沢→横川の旅 その1 昔の軽井沢駅

まず入って直ぐのところにある花畑牧場へ。
えらい並んでいたけど行列はどうやらキャラメルアイスの列だったらしく、生キャラメルを買いたい言ったら直ぐに中に入れた。
いくつかお土産に購入して、そのあとグチこさんお目当てのアフタヌーンティアウトレットへ。
そこでグチこさんと長女は色々とショッピング。
俺の下の2人は丁度その前の広場で村崎一門の猿回しをやっていたのでそれを見ていた。

11時過ぎにちょっと早いけどアウトレットの中にある餃子専門店へ昼飯を食べに行く。
朝早かったから腹減るのも早いな。(笑)
ラーメンとチーズ餃子・ねぎ餃子・えび餃子を注文。
餃子は美味しかったしチーズとかは新しい発見だったけど、ラーメンはあまりに普通すぎて正直味を覚えてないや。。

軽井沢→横川の旅 その1 高原って感じがたっぷり

そのあとまたショップに戻ってウェッジウッドやフランフラン、俺はコロンビアやエーグルで買いもしないのにレインウェアを物色。
13時過ぎに次の目的地に向かう為にアウトレットを出発。
コレだけいたのに駐車代300円は安い!

車で駅の反対側にでて次なる目的地の旧軽井沢へ。
町営駐車場に止めたけど、こっちはうって変わって1時間400円。高い!
旧軽井沢銀座の通りをお店を見ながらプラプラ買い物。

軽井沢→横川の旅 その1 人ごみが凄い!

子供たちがアイスが食べたい言うので、手前のほうにある牧場のお店のソフト&かき氷を購入。
ソフトは濃厚で美味。そしてかき氷のシロップが添加物なしの天然素材のものでとても美味しかったので、折角だしとお土産に購入。
ついでに軽井沢の地ビールもお土産に購入。
そのあとも何箇所か店を見て、1時間弱で車へ。


その2へ
posted at 2009/08/28 2:10:47
lastupdate at 2009/08/28 2:10:47
修正
 
2009/08/22
電車の旅で行った店第2弾。
お姉ちゃん達(特に上)が段々電車に乗り続けるのに飽きてきたので、致し方無しにアイス食わせるから文句を言うなと連れてきたのがここ。

腰越の漁港の前にある、沖縄のアイスやさん。ブルーシール。

ブルーシール 腰越


実はブルーシールは会社の近くに沖縄物産店があるので、会社に来たお客さんが買ってきてくれたので食べたことがある。
そのとき食べたのが「とうきび」味だったので、今回もそれを食べてみるかな。

しかしながら一つ課題が。
自分はアイスと牛乳とスイカは基本好きだが、過敏性腸症候群の為ここ10年ほど殆ど1個食べたことが無い。。
ただこういう場所だし大して量も入ってないだろうと思って、折角だしと注文。

ブルーシール 腰越

マジかい。普通に多いやん。。
しかしながら頑張って食べました。。(汗)

味のほうはとうきび言うぐらいだから甘いのだけど、甘味料の不自然な甘みではなくやわらかい甘み。
決して甘くて仕方がない訳でもないし、口に甘さが残る感じではないので1個飽きることなく食べることが出来た。
ちなみにお姉ちゃんが頼んだシークワーサー味も炎天下非常にサッパリして美味でした。



この後晩飯前に腹痛に苦しめられたのは、内緒の方向で。(笑)
posted at 2009/08/22 19:39:42
lastupdate at 2009/08/22 19:39:42
修正
 
2009/08/18
先日の江ノ電電車の旅の時の食事をアップ。
土曜出勤帰りで行くことになり、逗子で合流。
逗子で何食うかなと思って、気になっていたこの店をチョイス。

実はおセレブな町逗子駅界隈にはこの店含めて知ってる限りは2件しかラーメン屋が無い。
ついでに大衆向け居酒屋も見当たらないなあ。
逗子市で見ても池子の福来満位しか本に載らないし。。

ときわ軒 逗子 看板年季入ってます

この店は見るからに創業ウン十年の老舗の中華料理屋。
しかしながらあくまでラーメン屋にこだわり、チャーハンもエビチリも焼きそばもビールも全く置いていない。
あるのはラーメンとワンタンメンが基本でトッピングによって変わるのみ。

2時過ぎに入るも4つあるテーブル席は一杯で、相席に。
折角だしとワンタンメンを注文。

ときわ軒 逗子 昔なつかしの中華そば

早速食する。うん、旨い。
サッパリとダシが効いていて、ワンタンもプリプリ旨い。

けど大絶賛する味かというと、そういうわけでもない。
ラーメン本に載ってないのも分かる。
けどこの店がここまでやっていけてるのは、よく分かる。
何処と無く懐かしい、安心の味だ。
気張ったラーメン屋のラーメンではなく、馴染みの町のラーメン屋の味だなあ。
小さい頃に出前でよく食べたラーメンの味がする。

まあ遠方から通うまでは無いが、近くに住んでたら今日ラーメンすっかと気楽に寄れる店だと思う。
posted at 2009/08/18 1:05:58
lastupdate at 2009/08/18 1:06:26
修正
 
2009/08/09
我が家のおいら君が歯医者を頑張れたご褒美に、江ノ電ブロックなるグッズを買いに鎌倉へ。
ついでにそのまま念願の江ノ電&湘南モノレールの旅をしてきました。
今回はwith姉2人

会社−【京急】−逗子−【横須賀線】−鎌倉−【江ノ電】−極楽寺−【徒歩】−稲村ガ崎−【江ノ電】−鎌倉高校前−【江ノ電】−腰越−【江ノ電】−藤沢−【江ノ電】−江ノ島・湘南江ノ島−【湘南モノレール】−大船−【横須賀線】−帰宅


まず世間はお盆休みという風習があるらしいが、生憎そんな文化はなく2週連続6勤1休なので、会社帰りにそのまま逗子にて合流。
まず鎌倉で江ノ電に乗り換え、駅のグッズショップでお望みの品をゲット。

江ノ電は折角だしと2回ほど降りれば元が取れるのでフリーパスを購入。
早速電車に乗り込み降りれるならと一番江ノ電で好きな駅(極楽寺)で迷わず下車。
スロープができてたのと改札が簡易パスモ対応になってた以外は雰囲気も相変わらずいい感じ。

電車の旅第3弾 江ノ電の旅

駅を出て西へと歩き、極楽寺の車庫へ。
丁度電車の入れ替え作業を行っていたため、おいら君大満足。
そのまま線路沿いを歩き道すれすれ手の届く距離の江ノ電を眺めながら、折角だしと稲村ガ崎へ。
展望台の方へ歩くも稲村ガ崎って遠くから眺めるものなのね。上に登っても何も見えなかった。w

稲村ガ崎の駅に戻り再度江ノ電に乗車。
密かに今まで一度も降りたことが無い、超有名な駅「鎌倉高校前」で下車。
134では腐るほど通るも、用が無いから降りたことは無かったな。
この駅は海真正面で有名な駅だけど、ホームから墓地にダイレクトに入れる駅って方が珍しいと思うが。(笑

電車の旅第3弾 江ノ電の旅

ホームで海を眺めた後電車ばかりで不満タラタラのお姉ちゃん達を納得させるために、腰越で下車してアイスクリームを食べる。

再度江ノ電に乗り路面を楽しみながら、そのまま藤沢へ。
しばらく時間を潰した後、うどん屋さんで晩飯。

留守番のグチこさんへ御土産?を買って、再度江ノ電へ乗車。
既に時間は20時を回るぐらいだったので、流石に観光客も折らず鵠沼や湘南海岸公園でローカルな人たちが多量に下車してた。
自分らも江ノ島で下車。ホームには待合室に2年前に廃車になった昔の江ノ電や、絵本にもなった新田くんのお父さんとその後友人が寄贈した江ノ電のジオラマが飾ってあった。

電車の旅第3弾 江ノ電の旅

江ノ電を降りて道を反対側に渡って、念願もう一つの湘南モノレールへ。
モノレールはオレも12〜3年ぶりだな。
流石に時間も遅く暗く何も見えず迫力は少なかったけど、車両から下を覗くと道路が直接見えるという普段味わえない空中散歩は満喫できた模様。

そのまま大船からスカ線で帰宅。


2週間前のマリンクラブのキャンプでお留守番で寂しい思いをさせたおいら君を楽しませるべく行った電車の旅立ったけど、俺自身が一番いい気晴らしになった気がするな。
posted at 2009/08/10 1:38:51
lastupdate at 2009/08/10 1:38:51
修正