heartfelt words
2011 / 08   «« »»  
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
15
M
16
T
 
17
W
 
18
T
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2011/08/18
美味しい復興支援第2弾。
東銀座にあるアンテナショップいわて銀河プラザにて、いわて蔵ビールを買ってきました。
このいわて蔵ビールは一ノ関にあり先の東日本大震災で蔵や貯蔵タンクが壊れてしまいしばらく営業出来ない状態だったとの事。

土曜日に昼過ぎにいったらみな同じことを考えてるのか、も一つ買ったベアレン(後日飲みます)含めかなり品薄になっていた。
聞いたことも無い遠野麦酒というのは余りまくっていたが。。

ヴァイツェン  いわて蔵ビール 一ノ関

買ってきたのはいわて蔵ビール「ヴァイツェン」。
最近ヴァイツェンばっかり買ってるが、これしか売ってなかったのだから仕方が無い。

注いで見ると色は明るい黄金色、ヴァイツェンなので当然濁った色合い。
ヴァイツェンにしては余り甘い香りは感じず。

ヴァイツェン  いわて蔵ビール 一ノ関

お味のほうは濃厚な小麦の味と香り。
ヴァイツェンにしては一口目の甘い味わいや、後から抜ける甘いフレーバーも余り感じない。
麦の味は濃いがとっても飲みやすい。

おかげでぐいぐい飲めてあっという間に完飲。
美味しかったが甘みがあってじっくり味わって飲むヴァイツェンに慣れてしまっていたから少し物足りなかったかな。
まあ十分美味しかったけど。

いわて蔵ビールには他にも期間限定でIPAとかが有名らしく、今度ぜひとも手に入れてみたいものだ。
posted at 2011/08/18 1:51:54
lastupdate at 2011/09/14 1:19:09
修正
 
2011/08/15
先を急ぐ強行軍のためそのまま磐越道で新潟に向かう。下道で行こうかとも思っていたが、思ったより距離もあるし時間も押してるしね。

高速に向かうと道の案内は新鶴PAスマートIC、ナビは会津坂下IC。
距離変わらないなら会津坂下に行こうと思うも会津坂下の市内から渋滞中、仕方が無いので新鶴スマートICに向かう。
田んぼの中のICぽく無いところを入って行き、ETCのみのゲートからPAに入り込む。
スマートICは初体験だ。

磐越道を西に向かいひた走る、目的地は村上。
しかし磐越道が基本片側1車線の為、なかなかスピードが上がらない。。平均70km出てるかどうか。
安田ICで降りて下道で行って途中瓢湖ほとりでスワンレイクビールなる地ビールを買う計画もあきらめる。。
新潟中央からは日本海東北自動車道なる道を進む。こちらも1車線、時間が掛かる。。
村上瀬波温泉ICで降りて村上市外へ。
本当は村上の旧市街で古い町屋を散策する予定も、当初から押しているのとさらに新潟から村上までの距離を見誤っていた為時間が無くあきらめてその先にある笹川流れへ。
はい、下調べ不足です。新潟から村上まで20km程度かと思っていたら70km近く距離があるのね。。

村上の市街地を吊るしてある鮭を眺めながら抜け、日本海沿いの国道へ。
そこから15分位行って道の駅笹川流れの夕日会館に到着。
とりあえず海側に向かい日本海を眺める。
子供たちは全員初日本海のため喜んでくれている模様。
あと建物の名前の如く日本海に沈む夕日は凄いらしい。

頑張ってる会津、ついでに新潟 その2

何で同じ見慣れた海のはずなのに、太平洋と日本海って見るからに雰囲気が違うんだろうね。。
まあこの日は薄曇りで波も高く荒れ狂う日本海のイメージだったけど。

本来なら遊覧船で回るのが一番なのだろうけど時間も無く、さらに波が高く荒れているので運休中。
なので名物日本海ソフトを食べる。このソフトクリームは青い色で、味はバニラに笹川流れ名物の塩を入れた塩バニラソフトクリーム。
色も怪しげだしおっかなびっくり食べてみるも、バニラの甘さが塩でいい感じに調和され甘さ控えめで美味しい。
王子も青色と塩味という情報にビビッて食べるのを拒絶していたけど、最後はウマウマ食べていた。

その後この道の駅はJR羽越本線の桑川駅とくっついているという、日本でも珍しい道と電車の駅。
2時間に1本程度のローカル線だけど丁度タイミングよく列車が来るみたいなので、ホームに出て列車を眺める。
2両編成のローカルな気動車だったけど、結構海水浴帰りの客で賑わっていた。
ってかこの波で皆容赦なく海水浴していたけど大丈夫なんかな?

小一時間ほどで笹川流れ出発。現在時刻15時20分。
次に新潟へ向かう。
東北日本海道路をひた走り、聖籠新発田ICで降りバイパスを抜けせんべい王国へ到着。

頑張ってる会津、ついでに新潟 その2

ここは「ばかうけ」や「星たべよ」でおなじみの栗山米菓がやっている煎餅のテーマパーク的なもの。
煎餅焼き体験みたいのが出来るらしいのでそれを目的に行ったのだが、到着したのが16時35分、体験受付が16時30分まで。。
5分間に合わなかった。。とことん時間の見通しが甘かったな。。。
仕方が無いのでお店は17時までやっているのでお土産にせんべい王国限定ばかうけセットを購入して、一通りプラプラ見て、バリンボリンなる謎のキャラクターの前で記念撮影。

次は本当は燕三条まで移動してストックバスターズなる金物工場合同のアウトレットショップに行くつもりも、こちらも時間が無くて間に合わず。。
ホントすいません。。
なので土産探し&息子のために新潟駅へ。
とりあえず駐車場を探すと駅前なのに45分100とか言うコインパーキング発見。
それなりの都市部なのにすげえな。
駅構内で土産物屋を探すもNEWDAYS位しかなく目ぼしい物は見つからない。
どうやら新幹線コンコースにはちゃんとしたお土産物屋さんがあったようだが、仕方ない帰りのSAで買うかな。
酒が買いたかった俺はここでお土産断念。。

ここでまた毎度同じく王子のために電車コースと車コースに分かれる。
カミさんとお姉ちゃんは車、俺と王子となっちゃんは電車で。
ホームに出て一通り電車を見た後、越後線の電車に乗って関屋まで移動。
国鉄時代の古い車両に王子大喜び、俺は苦痛だった東海道線通勤を思い出し切ない気分。
ちなみに平日のラッシュが始まる時間帯だったので、9両編成の車両が来た。
そんなに長い編成も走っているのね。電車も20分に1本ペースで走ってくるし。

頑張ってる会津、ついでに新潟 その2

関屋まで移動して車隊と合流。
どこか日帰り温泉施設でもよって帰ろうかと思うもすでに7時頃だし近くに目ぼしい物も無いので、高速に乗ってSAエリアで晩飯を食って帰宅することに。
途中越後川口SAによって晩飯。
フードコートで豚もつ丼なる魅力的なものもあるも、長岡名物B級グルメという謳い文句に釣られ洋風カツ丼なるものを食べてみた。
かつの上にデミグラスソースが掛かったもので、まあなかなか美味しかった。
聞いたこと無かったが新参のB級グルメなのかな?新潟にはタレカツ丼なるものもあるらしいが。

その後は関越を渋滞も無く快適にひた走り、鶴ヶ島JCTから圏央道経由で中央道に入り予定通りに八王子を深夜割が効く12時過ぎに通過し八王子バイパス16号横横を通って深夜2時ごろ帰宅。
賞味24時間、1050kmの旅でした。

次は今回行けなかったところをじっくり回りたいですな。
ただ新潟は出来れば泊まりで行きたい。飯と酒が旨いところだし。。
posted at 2011/08/15 0:42:08
lastupdate at 2011/08/15 0:42:08
修正
 
2011/08/14
お盆に強行軍で会津&新潟に行ってきました。
当初はお姉ちゃんが美術館に行くという宿題があるとのことで判りやすく群馬の富弘美術館にでも行こうかと考えてましたが、美術館は家の近くのところに行くという事になったのでちょっと足を伸ばして会津方面へ。


まず平日なのでETC深夜割を最大限に活用しないと値段が馬鹿にならないので、東北道浦和料金所朝4時目標で家を2時過ぎに出発。
横横首都高と順調に抜け、3時半ごろ無事浦和通過。
しばらく走ると案内板に佐野藤岡で10km渋滞と。ん?事故渋滞かな?
しかし数分走ると今度は西那須野を先頭に30kmと出てきた。んん?
さらに数分後鹿沼〜西那須野渋滞40kmと。。
周りを見ると交通量も確かに多いし、本物の渋滞だなこりゃ。。まだ夜中の4時なのに。。

鹿沼の先どこから渋滞が始まるかがわからないのでとりあえず鹿沼を通過したら、すぐに渋滞開始。
しかも結構トロトロで動かない。。やられたな。。

トロトロの渋滞で全然進まず時間ばっかりかかる。白河から甲子道路で会津へ抜ける予定も流石に限界で宇都宮で東北道下車、日光道へ退避。
こっちはガラガラで超快適。今市で降りて鬼怒川から下道を抜け会津方面へ向かう。
思ったより山道で皆飛ばしてるから苦戦しながら、会津高原にある道の駅たじまで小休止。
外に出たら外気温20度以下でちょっと寒かった。

そこからさらに30分程で最初の目的地、会津鉄道芦ノ牧温泉駅に到着。
この駅には地元の子供が拾ってきて住み着いた猫がいる。
その名もバス駅長。猫バスから取ってるそうな。
鉄道なのにバスってのもおかしいけど。。

頑張ってる会津、ついでに新潟 その1

行ったら丁度駅員さんが出勤してきたところで準備していた。
待合室にある駅長の部屋はも抜けの殻。うーん、外出中なのかな?
すると駅員さんが8時半までには帰ってくるとおもいますよとの事。

そう思って外を見てみたら丁度走って帰ってきてるではないか!
待合室に戻ってきてちょこんと座ったのでとりあえず近づいて写真撮影。
飼われているだけあって人になれていて、全然警戒する様子もなし。
暫く写真を撮っていたらとことこ歩いて事務室の中に入ってしまった。残念。

8時半になるとブラッシングを受けて飯をもらってその後帽子をかぶって出てきた。
だから8時半になると戻ってくると言ったのか。

帽子をかぶって駅長スタイルになるとすぐにホームに出てやってくる電車をお出迎え。
駅員さんが名前呼ぶと返事するしホントにお利口さんな猫だなあ。
残念ながらお客さんは誰も降りてこないで、車掌さんに可愛がられただけだったが。

頑張ってる会津、ついでに新潟 その1

芦ノ牧温泉を出発して朝ラー食べに喜多方に向かう。
朝ラー言っても芦ノ牧温泉到着時点で8時、小一時間ぐらいいたので現在9時。
当初の予定では芦ノ牧温泉に6〜7時頃で8時から朝ラーの予定がえらい押してる。。
余り時間を考えず計画立てたのと、渋滞のせいだな。。

途中会津若松が渋滞していたが裏道を抜け抜け行き10時頃喜多方に到着。
行ったのは阿部食堂。前回来たとき大行列を作っていては入れなかった店だが、今回は入れるだろうと行ってみる。
行ったら特に並んでも無くすんなり入れた。平日朝ラーだからなのかこのご時勢だからなのか。。

会津なんて震災でも震度5強と東京と変わらない震度、放射能値だって関東とそんなに差が無い。
なのに風評被害で観光客が壊滅的に来てないらしい。
俺なんか空いている今が狙い目とか思っちゃうのに。
周りに多数育っている稲が出荷されること無く捨てられることが無いよう切に願う。

頑張ってる会津、ついでに新潟 その1

店に入ると地元の一人客が多いのかテーブル席がいっぱいだったので、座敷に案内された。
頼んだのは当然ラーメン。俺は大盛に。
スープはサッパリはしてるが結構濃い目の出汁の味、チャーシューも脂身が多いけどそんなにくどくない、ただスープも麺も絶品でとにかくバランスがよくとても旨い。
大盛結構量あって食えるかなーと思っていたがあっという間に完食。ごっさまでした。
これを食うためだけにくる価値もあるかもね。もっと一杯足を運んでもらいたいですな。
posted at 2011/08/15 0:37:15
lastupdate at 2011/08/15 0:37:33
修正
 
2011/08/04
先日買った美味しい復興支援第1弾のもう一個のビール、銀河高原ビール・ペールエール。
小麦のビールのイメージが強いのでペールエールなんてあったんだと思ったら、比較的最近できたニューフェイスの模様。
同じく有名なよなよなエールはアメリカンペールエール、この銀河高原のペールエールはイングリッシュペールエールというスタイルらしい。

日本ではキンキンに冷えたビールで器までもキンキンに冷やして飲むのがビールの一番美味しい飲み方だと思われているけど、世界的にそんな飲み方をしているのは日本だけの模様。
一般的には日本のスタンダードのピルスは3〜7℃、ラガーで10℃前後、エールは15℃前後が適温だったりするらしい。
まあ日本のような高温多湿な風土にあったのが冷やしてのピルスだったって事だろうな。

で、とりあえず飲む前に冷蔵庫から出してしばらく放置して温度調節。
けど実際何度になってるかなんてわかりやしないが。。

ペールエール 銀河高原ビール 岩手沢内

注いで見るとペールエールの名の如く、鮮やかな赤褐色。
香りもほのかなカラメルのような甘い香り。

早速飲んでみる、うん。うん?
何か薄く感じるぞ?エールで濃いって期待しすぎていたせいか、あまり味を感じない。
それでもチマチマ飲み続けていると、半分ぐらいに差し掛かったあたりから味を感じ始めた。
どうやら自分が思っていた以上にイングリッシュエールの適温が高かったのかもしれない。
流石パブでぬるいビールを飲まされたと日本人が暴れる?国のビールだ。

味はペールエールよろしく麦の甘みの強い味わい。ホップの苦味はあまり感じず、フルーティーな監事。
ボディはそれなりには強いのだが、あまりそれを感じさせない。
うん、普通に考えて旨い。。。
旨いのだが何かが足りてない気がする。。何だろう。
同じお手軽エールだったらよなよなの方が俺には美味しく感じるな。
期待が大きすぎたんだろうか。。


まあ地ビールにしてはお手軽に買えるので、改めて飲んで再評価してみてもいいかもな。
posted at 2011/08/05 1:03:58
lastupdate at 2011/08/05 1:03:58
修正