heartfelt words
2012 / 02   «« »»  
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
22
W
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2012/02/22
お酒で美味しい復興支援第7弾。
地ビールで攻めていたが宮城と福島がアンテナショップが遠い事もありどうも手に入らない。
という事で日本酒にしました。
ちょうど日本酒を飲みたいと思っていたし。

東京駅構内地下グランスタにある長谷川酒店で1合瓶が売っているとの事なので、見に行く事に。
日本酒は実はいまだによくわかって無いので最初っから4合や1升を買うより色々試したいのでね。
そこで宮城の新澤醸造店の愛宕の松というものをゲット。
ここは他には伯楽星というのも有名らしい。

必死こいて調べた知識によると日本酒にも作り方によっていくつかに種類が分かれるらしい。
まず米だけで造ったお酒は純米酒。そこに醸造アルコールが入っているものが本醸造酒。
醸造アルコールについては味のキレを変えるだとか香りを変えるだか理由があるようだが良く分からず。
さらにそこにお米の精米歩合(お米を精米した割合。%が少ないほど一つの米に対し使う量が少ないので贅沢な品になる)が60%以下が吟醸酒、50%以下が大吟醸となる。

この酒は純米吟醸酒なので米だけで造った精米歩合60%以下の酒って事か。
色々飲んでみて俺が苦手な日本酒特有の癖が何なのか見つけたいな。

愛宕の松・純米吟醸酒 新澤醸造店 宮城・大崎

とりあえず冷やして飲んでみる。
味は非常に甘みを感じるが、例の日本酒特有の癖も少し感じる。
うーん、てっきりアレは醸造アルコールのせいだと思っていたんだが。。

愛宕の松・純米吟醸酒 新澤醸造店 宮城・大崎

後日今度は残り半分を常温で飲んでみる。
前回飲んだときも常温だったしね。

するとコレが大正解。
普通にうまい!結構な甘口で口の中にふわっと香りが広がる。
しっかりとどっしりとした風味なのに、ぐいぐい飲めちゃう。
うん、コレは俺が冷やして飲むのが苦手なだけなのか?(笑)

愛宕の松・純米吟醸酒 新澤醸造店 宮城・大崎

ちなみに今回のおつまみはこちら。
鶏皮の塩炒め。
うん、旨い。日本酒には合いすぎる。
けど鶏の皮も苦手な人多いよね。
俺なんて皮だけでもいいぐらいなのに。
posted at 2012/02/22 1:34:24
lastupdate at 2012/02/22 1:34:24
修正
 
2012/02/21
今年も箱根駅伝総括を。
1月中に作ったにもかかわらず、すっかり放置してアップし忘れてました。。

まず東洋大強すぎ。
2位の駒澤ですら大学新記録の走りだったにもかかわらず、それを8分近く差をつけてって異常だろ。
正直タイムで見ると柏原は区間新を取ったものの大幅更新じゃないので、その他のメンバーの力に寄るところが大きかったって事か。
来年は柏原が居なくなるとはいえ、暫くは優勝候補筆頭になるだろうな。

今回は明治や青山など最近再度出てきた学校の躍進が目立ったが、それより驚いたのが3年ぶり出場の順天堂。
もともと強いチームだっただけにここん所の低迷が不思議だったが、元祖山の神の今井に頼りすぎていたチームだったのがまずかったんだろうな。
東洋のように柏原に頼らずとも全体がレベルアップして無いと今の箱根は厳しいでしょ。

あと例年尋常じゃなく白熱するシード権争いは今年はそこまで行かずある程度差がついて終わった。
ただ東洋が早すぎた為に8位以下のチームが復路一斉スタートになったせいで、見た目の順位がまったく役に立たないものになっていてシード争いも全てのチームが見えない敵との対決になっていたからさぞかしプレッシャーは掛かっていただろう。

東農大の5区の体調不良による大ブレーキと、復路繰上げスタート多発、特に神大の転倒しながらギリギリの襷リレーなど今年もドラマが多かった。
何で箱根は一筋縄で終わらんのだろうか。(笑)


来年はいよいよ京急が高架完成になり蒲田の難所が解消される。
止まった選手が出たり転倒してリタイアしたりとか悪いことばかりだったから、まあこれで良かったかな。
ただ今まで万全で協力してくれていたのだから、来年以降も通過する際に宣伝してやってな。<日テレ
アレは京急だからやってのけるだけで、他の鉄道じゃああはいかないからな。
posted at 2012/02/22 0:52:06
lastupdate at 2012/02/22 0:52:06
修正
 
2012/02/07
お酒だけど番外編なのでmy lifeのコーナーに。
先日新聞で家飲みでハイボールに続き、スプリッツァが新たなブームにみたいな記事があった。
ちなみにハイボールはご存知ウイスキーの炭酸水割り。スプリッツァは白ワインの炭酸水割り。

同じようにビールにも割って呑むものが色々あって、有名どころとしてはトマトジュースで割ったレッドアイやジンジャーエールで割ったシャンディガフなど。

で、昨年ドイツで飲んだラドラー
こちらはヘレスビール(ラガー)をレモネードで割ったもの。(フランスではパナシェという)
これが思っていた以上に良かったので、家で作ってみようと。

用意したのはこちら。

ラドラー作ってみた

キリン淡麗と粉末レモネード。
ビールじゃなく発泡酒なのは勘弁。ビールは我が家におりませぬ。
これを1:1で割るのでまず半分レモネードを水で溶かして、その後にビールを注ぐ。
出来上がったのがこちら。

ラドラー作ってみた

早速試飲。
うん、レモネードの味しかしない。。
多少のアルコールっぽさがあるが、ビールの味が消えてしまっている。。
ちょっとレモネードが多かったのか、淡麗じゃビールの味が弱いのか。。
今度はもっと濃い味の酒でやってみるかな。
けどちょっともったいない気もするな。(笑)

ラドラー作ってみた

なお今回のお供はこちら。
青葱のナムルbyクックパッド。
ちょっとニンニク利かせすぎたが、いい感じに味が馴染んで旨い。
皆さんネギの青い部分は捨てずに食べてくださいねー。
posted at 2012/02/08 1:09:01
lastupdate at 2012/02/08 1:09:01
修正