heartfelt words
2012 / 06   «« »»  
01
F
 
02
S
 
03
S
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
28
T
29
F
 
30
S
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2012/06/28
世界のメジャーどころビール紀行第4弾。
エールの本場イギリスのバス・ペールエール。
こちらは日本ではアサヒビールが取り扱っているが、白レーベンブロイみたいにアサヒが手を加えてるわけではなく輸入販売のみ。

ペールエールとはエール(上面発酵)の淡色版。
こっから派生してIPAやアメリカンペールエールやらで、これは本場のイングリッシュペールエール。
ちなみに濃色エールはアンバーエール言うらしい。

コレもギネスと並んでこの赤三角なマークが、なんか雑貨扱いされている感じだが。
早速注いで見る。
色はこれぞペールエールという赤褐色。

バス・ペールエール(bass pale ale) イギリス バスペールエール

はい、いただきます。
お味の方はエールよろしくホップの苦味と、モルトの甘みが広がる。
ただ苦味もあまり強くないし、ボディも結構軽め。
エールの甘みもすっと抜けていく感じで、どちらかというと爽やか系かな?
まあエール初心者とかには非常に呑みやすい、いい一杯だと思う。
俺はフルボディのビシバシ系が好きなので若干物足りないが。。


ちなみに今回のおつまみはコレ。

バス・ペールエール(bass pale ale) イギリス 雲丹とクリームチーズのカナッペ

父の日にもうらった瓶うにをエールにそのまま合わせても何か違う気がしたので、一細工。
パンの上にマーガリン、クリームチーズ、うにを乗せオーブンでチン。
雲丹とクリームチーズのカナッペ完成。
とろけたクリームチーズの上に乗ったウニが更に濃厚なチーズのような風味を出していて非常に美味でした。
posted at 2012/06/29 1:03:00
lastupdate at 2012/06/29 1:05:44
修正
 
2012/06/27
◆photo◆

先日久しぶりに家族全員の休みが一致したので、ちょこっとドライブへ。
雨模様だったので目的地は新東名高速。はい、ただ走ってみたかっただけです。
SAがたいそうなもんだとも聞いているのでそこも行ってみようかと。

まず横横保土ヶ谷東名と繋いで、行きは旧東名高速利用。
富士ICの先って実は自分の運転では行ったこと無かったり。

富士川SAでひとまず休憩。
なんか天気が悪いといっても土曜日なのに全然人がいないんですが。。
富士宮焼きそばをちょこっと食って、再度高速へ。

その先清水JCTから連絡道を通り、いよいよ新東名へ。
ホントは三ケ日まで行ってみたかったけど、出たのも遅いので断念。

新東名を走って直ぐの清水PAで再度休憩。
ここは上下線共有のPAで入って直ぐに光岡の車がお出迎え。

新東名ひた走りの旅

中を見るとまったく持ってPAらしさが無い、フードコートもSCみたいに色々な店が並んでるし、パンやとかカフェが並んでるし、土産物屋も凝ってるし、雑貨屋とユナイテッドアローズもあるし。
おかげで駐車場もめちゃくちゃ混んでたし、中も人が沢山。
ぷらっと一通り見て、パンやでシュークリームを購入して食べる。

清水PAを出るとすっかりいい天気。そして正面には名峰富士が!おお、これは絶景也。

新東名ひた走りの旅

神奈川雨⇒東名曇り⇒新東名晴れとどうやらいい方角へ向かって来ていたらしい。
(神奈川は終日雨だったらしいし)
新東名はとても真っ直ぐで広くて走りやすい。
もともとは140km制限予定で作っていただかで、気を抜くとスピードが出てしまう。
覆面沢山潜んでるって話もあるし気をつけないと・・

次に沼津駿河湾SAへ。
ここは何故か南欧風のつくりで、海一望の絶好のロケーション。
土産屋は鮮魚を扱っている以外は普通だが、目的は2階にあるリサとガスパールのカフェ。
併設しているショップでいくつかセレクト。
あとはクレープだのアイスだのを食べる。
自分はしぞーかおでんにチャレンジ。旨かった。

新東名ひた走りの旅

帰りも新東名から東名に入り特に渋滞もなく快適にドライブ。
一度圏央道の海老名ICで降りて、再度東名に戻り家路へ。
ああ、一回降りたのは知ってる人は知ってる話だろうから気にしないでください。


新東名はSAPAが大渋滞って聞いていて確かに混んでいたけどそこまでじゃなかったかな。
まあ天気がってのもあったかな。
次は終点までぜひ行ってみたいですな。
posted at 2012/06/28 1:13:27
lastupdate at 2012/06/28 1:13:27
修正
 
2012/06/19
だいぶ経ってしまったが、一応。。
先月末に京急ファミリーフェスタに今年もまた行ってきました。

去年は震災影響で規模縮小で事前応募型のイベントがなかったけど、今年は通常通り開催。
なので前々回行きたかった洗車体験に応募。
200組400名との事だったので普通に大丈夫だろうと思っていたが、そんなに甘いもんじゃかったらしく見事落選。。

まず車で工場裏のコンビニまで送ってもらう。
するとコンビニの駐車場にこんなもの発見。

赤い電車

ご丁寧に2100とか乗務員室とか書いてある。
ある意味これも痛車だよな。(笑)
いろんな人もいるもんだ。

会場に入りスタンプラリーをしながらお決まりの車両展示や工場を見たり等々。
今回目新しかったといえば主工場にて車両吊り上げ実演があったこと。
ゆっくりゆっくりあがるので、気がついたら結構高い位置に電車が居てびっくり。

赤い電車

あとは某テレビ番組というかほこたてでマニアと対決した職員による、子供向けクイズ大会など。

赤い電車

そして方向幕実演では子供や車椅子の人が居るってのにもかかわらず、キモヲタどもが前にせり出して来てイライラさせられる。
何でこうも社会性欠如してるんだろうか。(苦笑)
物販コーナーをみて、お帰り電車で久里浜まで行き帰宅。

ちなみに今回は末っ子もダッコ紐で担いでの参戦だったけど、流石にそこまでまだわからないだろうからか殆ど寝ていた。
けどおかげさまで人生初の電車乗車が、貸切って書かれた電車になったけど。
posted at 2012/06/20 1:26:06
lastupdate at 2012/06/20 1:26:06
修正
 
2012/06/03
自分が国産大手のビールで何が一番と聞かれて答えていたのがコレ。
エビスの緑缶。(ハートランドやブラウマイスターは呑んだ事無いので)

が、震災の影響からか生産取りやめに。
で、先日やっと限定販売の形で復活。

エビス・ザ・ホップ サッポロ

早速購入して呑んでみる。
エビスが旨いのは当たり前。
比較的トゲトゲしたところの無いエビスながら、これはホップの芳醇な香りと苦味がいい感じにボディを与え非常に旨かった。

という記憶があるのでとりあえず呑んでみる。
ん?んんん?
はて。。。。

日によって体調などで味が感じずらいこともあるしと、後日再度購入して呑んでみる。
あれ?あれあれ?
やっぱり違う。
過去に呑んだときに感じたエビスの美味しさの上に乗っかってきたホップのビシバシ感が全然無い。
多少ホップのさわやかさは感じるものの、味に影響を与える程度のものではない。
ってか、ノーマルエビスとの差を感じずらいな。。

まあそれでもエビスだけに旨いのには変わらないけど、あえて限定販売してまで買うってほどのものじゃなくなってるな。。
これからも琥珀エビスみたいに季節販売をしていくだろうから、次の販売時に再度期待しておくかな。

posted at 2012/06/04 1:50:35
lastupdate at 2012/06/04 1:50:35
修正