heartfelt words
2012 / 09   «« »»  
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
12
W
13
T
 
14
F
 
15
S
16
S
 
17
M
 
18
T
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2012/09/30
伊豆土産地ビール第3弾、大吟醸政子。
大吟醸とビールには本来つかない名称がついているけど、これはここの特徴とも言える日本酒酵母を使った地ビール。
あ、政子は説明するまでも無く北条政子ね。

調べてみると日本酒酵母を使っているから吟醸香がするとか日本酒が苦手な人が飲め無いだとかフルーティだとか色々書かれている。
まったく想像もつかんが、まあとにかく飲んでみよう。

大吟醸政子 反射炉ビヤ 韮山

色は見ての通りいい感じに茶褐色。ペールエールぐらいかな?
自分自身吟醸香ってのが良くわからないけど、注いだときの香りはなんていうか物凄く酒くさい臭い。
良い意味で酒臭いって言うか。

飲んでみるとその酒臭さがそのまま感じる。
そしてどっしりとしたボディとしっかりとした麦の甘み。
うん、旨い。そして何かに似ている気がする。

もうチョイ飲んで気づいたが、これって昔ながらの非加熱のラガービールから苦味を取ったような味だ。
多分エールのボディに甘みに、日本酒酵母によって感じる香りが昔のビールの香りに感じるんだろうな。

これは好みは分かれるだろうけど、俺は結構好き。と言うかかなり旨いと思う。

posted at 2012/09/30 0:40:10
lastupdate at 2012/11/18 1:11:26
修正
 
2012/09/26
すっかり書くの忘れていたが、ロンドンオリンピックの陸上の総括を。
結果メダル1.入賞2。メダルは想定内だが入賞が思ったより少なくなってしまったな。。

まず投擲競技。
室伏も村上も力を発揮しきれず。二人とも年齢が年齢だけに次は厳しいかなあ。
そんな中新鋭ディーンがやりで決勝進出。
決勝では上手く合わせられなかったけど、あの荒さでアレだけ飛ばすんだから安定してきたら相当なものになるんじゃないだろうか。

女子短距離に関しては今回は福島+4継メンバー。
ただ残念ながら福島ですら世界には全然及んでいない。
女子短距離1人で背負ってるだけじゃあこれ以上伸ばすのは困難だから、福島を脅かす存在が1人2人出てくれば全然違うと思うんだが。市川なり土井なり。
リレーも個人種目に最低でも3人は出てる状態で挑まないと、流石にバトンパスだけで上にいけるほど甘くないし。

逆に男子短距離は一気に希望が見えてきた。
まず山縣が初の五輪の大舞台にも関わらず自己新を出すと言う快挙。
特に大舞台で物怖じしない性格と、後半失速しないあの走りは今まで無かったタイプに感じる。
こういう人材が欲しかったんだよ!
4継も飯塚が良い走りを予選でしたいたのもあって、5位で悔しいと言えるところまで来ている。

最後にマラソン。
女子はかなりの危機的な状況。国内無敵なだけのランナーを寄せ集めている時代はもう終わったんだろうな。
男子は過渡期。
今回は世界戦経験もある中本が粘りの走りで6位入賞。
ただこれが今の限界でもある。
エチオピアがハイリスクな人選で総崩れしていなければもっと上位にいただろうし、今までのやり方を変えるところまで来ている。
だから今回は是非ともノン実業団のプロランナー藤原や、川内みたいな異端児に風穴を開けてもらいたかったんだがな。


次は来年のモスクワ世界陸上。
五輪が絡まない大会なので、伸び盛りの若手が世界に挑むのにはある意味丁度良い大会。
今回五輪には絡んでないフレッシュな人材がたくさん出て来て切磋琢磨してくれる事を願おう。
posted at 2012/09/27 0:55:57
lastupdate at 2012/09/27 0:55:57
修正
 
2012/09/18
先週木曜日にこども招待デーでハマスタに行って来ました。
正しくは8/4だかの横須賀こども招待デーに応募するも落選し、代替日として案内されたもの。
実際に行ってみると横須賀に限らず全県単位だったようだが。


試合の方は18時に球場入りして5分で3点取られやがった高崎が珍しくバント成功させたりしたなどあるけど割愛。


招待のシートは1塁側内野指定A、周りも皆招待の客だったようで子連れだらけ。
隣のブロックはここも子供大人半々だが何やらご一行様総勢50名近く。
見てる限り前に1人荒波ユニがいた以外はユニ着た子供はおらず。

周りの会話を聞いていると、「どっち応援するの?」「まあ地元だし横浜かなあ」という親子連れや、明らかにこすった浅い外野フライが飛んだ瞬間「お、これは行ったぞ!」と言ってしまう知ったかお父さんなどなど、明らかに普段野球見に来ていない客層が多数。
その証拠にみかん氷はうちの子が一番乗り、荒波のショート横センター前タイムリーも抜けるまで皆無反応で打った瞬間ガッツポーズした俺が浮くとか。(笑)

まあこれは球団の戦略的には大成功ってことだよね?
招待とはいえ普段野球に来ていない人が来てくれる事によって、リピーターになる可能性だってあるわけだし。
ただそんな中で糞みたいな試合やらかしやがったが。。


あとはこれは人によってな部分はあるが、うちはよりによって息子が6時間授業で16時過ぎに帰ってきたため、そこから準備して出発して試合開始の18時ギリギリの到着。
そこから飯を買ったから、飯は試合開始後高さ危険太郎の5連打3失点をおかずにシウマイチャーハンを食べるハメに。

更にこの日は中日戦で覚悟はしていたが、延長戦になり試合終了が22時近くに。
一応迎えに来てもらうことになっていたので、21時半までは粘るも結局最終回は見れずに帰ることに。
周りの子連れも20時半から21時ごろにはだいぶ退散していたし。
翌日も学校あるし、うちなんて増してや帰って来て宿題もやらずに出てきたから帰ってからが大変だった。
そう考えると平日でもこれそうな子供達も意外と観戦のハードルは高いなあと思った。

これを解決するのに学校を早く終えさせたりは出来ないだろうから、平日限定小学生親子チケット的なものを作って、思いっきり安くしちゃっても良いんじゃないだろうか。
そうすれば20時に帰っても、都合で最悪行かれなかったりしてもそこまで損した感じにならないだろうから、観戦の敷居が下がると思うんだが。

平日子連れナイター観戦

平日子連れナイター観戦

と、この平日の客の入りを見てふと思ってみた。
まあ後は強くなって見る価値のある野球をやってくれる事だよなあ。
posted at 2012/09/19 1:19:17
lastupdate at 2012/09/19 1:19:17
修正
 
2012/09/15
先日の18きっぷの旅の切符を神田に買いに行ったときの事。
何箇所か回って最後小さな金券屋に行き、2回分欲しいと言ったら在庫が3回分しかないとのこと。
諦めて外に出ようとしたら呼び止められて、3回分を2回分の料金で売ると。

なので先日2回使って1回分あまった状態なので、せっかく出しとお出かけする事に。
とりあえず自分の定期が及ぶところと言う事で東京方面、と言うか東京スカイツリーを見に行ってきました。
最初王子と二人で行くつもりも子供料金じゃもったいないと思い、結局かみさんとべべおを連れて4人でお出かけ。

まず横須賀線で東京まで上京。
ここで二手に分かれてかみさんは錦糸町へ。自分と子供二人は東京駅で新幹線見学。
30分程で最新型のE5系も、今月引退の2階建てMAXE1系も見れて満足。

その後大手町まで歩き直接押上で合流。
外に出てあたりを眺めるも、以前行ったときと待ったく違う場所になっていてびっくり。

東スカ

その後ソラマチに入り一通り見て回る。
もうとにかく凄い人で通るもの大変なぐらい。。
さすが東京の最新スポットだな。

東スカ

入っているお店は半分ぐらいがスカイツリーならではの観光地っぽいものだが、もう半分はそこらへんにあるCSに入っているような店。
なんでもこの界隈は下町で大きいCSは無かったようで、それを兼ねているみたいね。
子連れなのでプラレールショップやNHKショップなどを見て数時間堪能。

その後業平橋あらためとうきょうスカイツリー駅より東武で亀戸経由で帰宅の途へ。

東スカ

ちなみに予約も取ってなかったし時間的にも不可能だったのもあるけど、スカイツリー自体には登ってません。
ってか費用対効果考えると1人3000円は登る気にならないんだよなあ。。
posted at 2012/09/15 1:25:21
lastupdate at 2012/09/16 11:32:43
修正
 
2012/09/12
photo

勝田からはみたび常磐線北行きの列車に乗る。4両編成でそれなりに人は乗ってるかな。
一番前の車両に座っていたのだが何か運転士がやたら汽笛を鳴らしまくりで、いい加減うるさいので途中で最後尾へ移動。
先述の通りかなり眠くなっていたので、気がついたら二人して寝てしまった。
乗ったこと無い路線だし景色も見たかったんだが。。

大津港あたりで起きて周りを見渡すと車内には殆ど人がおらず、一組騒がしいスーツケースな女性4人組が居るぐらい。
その騒がしい女性陣も泉で下車。ハワイアンズに行くんだろうな。
ちなみに泉に着く直前に線路沿い左手に多量の仮設住宅が見えた。
ここら辺までくるとまだまだ復興には程遠いエリアもあるんだなと心が痛む。
泉で多量に乗ってきたハンドボール部?な中学生がえらいこと車内で騒ぎまくっていたが、彼らも相当大変な思いをしてきたんだろうと思うと元気に騒ぎまわっているのさえ嬉しく思えたり。

常陸磐城 その2

程なくしていわきへ到着。
とりあえず乗換に1時間近くあるので、駅前のデパートへ土産探しに。
ただ観光客向けじゃなく普通のデパートだったので、駅ビルのお土産物屋さんが並ぶところで我が家福島の定番「ままどおる」を購入。
12個入りを一つ家用に買っただけなのに、試食にどうぞと「ままどおる」を2個くれた。
もらえるのは非常に嬉しいのだが、そんな大盤振る舞いな事しても大丈夫なぐらい観光客が来てないってことだよなあ。。

昼飯は駅弁にしようと思い再びホームへ向かい売店へ。
すると営業時間内のはずなのにカーテンが閉まってやがる。
ココで買えないと昼飯くいっぱぐれるからヤバいんだが。。。
すると他の観光客もやって来てしばらく悩んだ挙句ガラスをノックしたら中から人が出てきた。
どうやら特急電車の合間の時間で昼休み中だった模様。
うにピラフが美味しいと書いてあったのだが置いてなかったので、磯べんと鳥めしを購入。

次に乗るのは磐越東線なのだが、出発20分前に既にホームで乗車待ちが出来ている。
やばい、弁当屋のせいで出遅れた。。。
磐越東線のいわき寄りは本数が少なく、この13時13分の列車の前は5時間近く空くのもあり、更に常磐線不通で客が流れて来ているのか観光客っぽい乗客がホームが溢れていた。
結局飯食うためにボックスシートと思っていたのが、出遅れたせいでロングシートに座るハメに。。

しばらくして列車は出発。非常に食い辛いが駅弁を食す。
うん旨い。やっぱり列車で駅弁は最高やね。ただ最近の列車は食うのに適してないから困るが。。
涼しくて快適で気動車と言うのを忘れるぐらいだからそれはそれでいいのだが。
列車はしばらく山の中の何にも無いようなところを抜け、昔に親と来た事があるあぶくま洞がある菅谷神俣辺りからは地元の学生が沢山乗ってきて車内は賑やかに。
1時間半ほどで郡山へ到着。

常陸磐城 その2

30分ほど乗換時間があったが特に何もすること無いので、駅スタンプを押してぱっぱと乗り換えの黒磯行き2両編成に乗りこむ。
すると程なくして福島方面から来た列車から多量に人が乗ってきて車内は大混雑。
更に会津若松方面から来た観光客っぽいのも沢山乗ってきた。
よかった、早めに乗車しておいて。。
昼下がりでぽーとするのと混んでいて周りがろくに見えないのもあってうとうとしながら1時間ほどで黒磯に到着。
結局黒磯に着くまで車内は混んだままだった。せめて4両編成ぐらいにすりゃあいいのに。

ここからは首都圏路線に切り替わるので一気に車両が伸び10両編成。おかげでしばらくはガラガラ。
東北線は近郊路線の車両でも宇都宮以北はボタン式のドアなのね。
途中宝積寺で降り、10分ほど待って烏山線の気動車で宇都宮まで乗車。
こっちは短い2両編成だが地元客っぽいのしか乗ってなくて特に混まず。
これも古めの気動車で扇風機が回っていた。

宇都宮でまたも、ちょこっとサイドトリップで日光線に乗換鹿沼へ。
日光線は名前の如く日光まで行く路線で車両にも工夫を凝らしたり英文の案内を出したりしているのだが、残念ながら東武以外で日光に行く人はごく少数派で車内は地元の学生だらけ。
鹿沼で折り返して反対側の電車に乗るが、これも2両遠征でメチャ混み。
宇都宮近郊路線のクセに1時間に1本程度しか走ってないのが原因だろうな。

辺りが薄暗くなってきて宇都宮に到着。
ちょうど程よい時間と言う事で晩飯にすることに。
宇都宮と言えばもちろん餃子。と言う事で定番のみんみん餃子へ。
本店や駅前店は混むであろうとあまり知られてなさそうな駅隣接ホテルメッツの中にある店舗へ。
ただ残念ながら店内があまり広くないためココも混んでいたが。。

20分ほど待って店内へ。
早速注文。
息子と二人で焼き餃子x2、揚げ餃子、ライス&大盛ライス、生ビール&オレンジジュースを注文。
この量を頼んでなんと1600円程度。これは安い!
お味の方も流石に大絶賛するほどまではいかないものの、値段を考えれば十分におつりが来る美味しさ。
これは満足、ごっさまでした。

常陸磐城 その2

ここからは家に帰るだけなのだがとりあえずまだまだ長距離なので、お供にお菓子と酒を購入。
まず上野行きの電車に乗り込む。
数駅走って小金井で下車。ここから湘南新宿ラインの始発電車で逗子まで向かう。
超長丁場2時間半の乗車。
都心に向かう際は逆向きだからか大宮まで自分の乗っていた先頭車両は誰一人乗ってこない貸切状態。
流石に途中新宿からは多量に人が乗ってきたが。
最後はうとうとしながら気づいたら逗子に到着。流石にお尻が痛い。。
横須賀線に乗り換えて帰宅の途へ。

いやー、毎度の事ながら乗り続けるのは面白いが疲れるね。
今回はカバンをリュックからキャリーバックに変えて大正解。
気兼ねなく積み込めるし重くもならないし網棚に乗っければ邪魔にならないし。
まあホントはそのバックで泊り掛けが理想なんだがね。(笑)
posted at 2012/09/13 1:56:00
lastupdate at 2012/09/13 1:56:00
修正
 
2012/09/11
photo

今回の方面は常磐線方面。
本当は去年行くつもりで企画するも、直前に茨城界隈で震度4〜5の地震が増えたのもあって断念。
あ、ちなみに断念理由に放射能は0.01%も入ってませんので悪しからず。

毎度おなじみ横須賀線始発電車乗車。今回は自宅最寄の衣笠から。
そのまま終点の東京まで乗車。
途中逗子辺りから乗ってきた女が東京着くまでずっと化粧していた。。。

常陸磐城 その1

東京で地下から駆け上がり京浜東北で上野へ。
上野からは常磐線快速電車に乗車。通勤型車両でロングシートなのが難点だが、買っておいた朝飯おにぎりを食す。
逆方面なのか、車内はずっと空いていた。
スカイツリーを右手に見ながらひた走り、小一時間ほどで茨城県に突入し取手に到着。

ココからは毎度おなじみサイドトリップ。私鉄の関東鉄道に乗車。
関東鉄道は東京駅辺りで「つくば」書かれた高速バスを良く見かけるけど、鉄道は非電化ながら複線で通勤型が走っていると言うローカルと近郊通勤線の間のような鉄道。
本数は相模線や横須賀線なんかより全然多いが。
まあ非電化なのはつくばだかの方にある気象庁地磁気観測所と言うところの影響で、金のかかる交流電化しか方法が無く断念したとの事らしいが。

取手からは2両編成の列車に乗車。
複線なのに架線が無く見晴らしがよくて結構違和感を感じるなあ。
通勤路線だけあって休みの日でも結構人が乗っている。
少しだけ乗車して寺原と言う駅で下車、一度外に出て折り返す。
駅前はバスロータリーと言うよりかバス車庫になっていた。
沿線風景は良くも悪くも相模線と言ったところかな。

再び取手に戻り、ココからは常磐線の中距離バージョンの列車で北へ向かう。
ボックスシートなのだが10両編成で短いのと、ちょうど学生の通学時間に重なったようで車内がめちゃめちゃ混んでいた。
牛久土浦と過ぎ学生が降りて車内も閑散としてきて、ウトウトしているうちに水戸へ到着。

とりあえずココで一度下車、駅スタンプやホームに居るほかの車両を見て回る。
特急ホームにはフレッシュひたち型の売店があった。
再び常磐線北行きに乗車、お隣の勝田駅へ向かう。

勝田からは去年GWに車で茨城に来たときは震災影響で運休していた、ひたちなか海浜鉄道に乗車する。
JRのホームにある改札口できっぷを購入。やってきたのは旧国鉄の気動車。(正式には水島臨海鉄道からやってきたものらしいが)
単行の車内は地元客で結構一杯。ローカル私鉄でお客さんが沢山乗っているのを見ると嬉しくなるね。

常陸磐城 その1

せっかくだし一番前に陣取って、前面展望立ち席を決め込む。
古い列車だけあって乗り心地はかなり悪く揺れまくるし音もうるさい。冷房はあるものの扇風機がメインのような車内で全然効いてない。
けどそれもまたローカルっぽさを感じていいやね。毎日通勤とかで乗るには辛いだろうけど。

15分ほどで那珂湊駅に到着。ココで折り返す。
とりあえず駅猫おさむにまた来たよと挨拶。おさむは舌を出しながら爆睡中、チビさむは離席中だった。
那珂湊駅は築100年というとても情緒のある駅。
次の列車まで40分待ちなので辺りを散策でもしても良かったのだが、朝早起きでちょうど眠くなり始める時間。
動き回る気力が無くてずっと待合室でほけーっとしていた。

常陸磐城 その1

折り返しの列車は残念ながら行きと同じ車両。どうやら終点まで行って折り返してきただけの模様。
今度はボックス席に座ってのんびりと勝田まで。
posted at 2012/09/13 1:52:31
lastupdate at 2012/09/13 1:52:31
修正
 
2012/09/05
先日の伊豆土産地ビール第2弾。
反射炉ビヤ、頼朝。
こんな名前だけどスタイルはポーター。先日飲んだレッドエールよりも強く焙煎したモルトを使うエールビール。
頼朝は恐らく源頼朝の事だが、何で伊豆で頼朝なのかは歴史が苦手な俺に聞かないでくれ。(笑)

色はしっかりと黒ビール。
焙煎されたモルトの香りがほんのりと。

頼朝 反射炉ビヤ 韮山

味の方は色合いの割には軽い飲み口。
モルトの苦味はしっかりとあるけど、ボディは軽めでローストした甘みも渋みもあんまり強くは感じない。
一言で言うなら非常に飲みやすい。
香りのいいシュバルツを飲んでいるみたいだ。
どこぞやのブログでレッドエールとの違いを語っていて、そんなに近くないだろうと思っていたが味は結構近いものがあるね。

本来は濃い目苦めが大好きな俺だが、残暑厳しい折こういうさっぱり目の飲み口のポーターもなかなか美味しく感じたな。

posted at 2012/09/06 1:22:59
lastupdate at 2012/09/06 1:22:59
修正