heartfelt words
2013 / 06   «« »»  
01
S
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2013/06/26
今更だけど自分は無類の酒好き。
けどブログの通りもっぱら家飲みメイン。
世間一般の居酒屋はあまり好みじゃなかったりする。ビールの種類絶望的に無いし。
行くとして会社の○○会とかぐらいかなあ。
まあ後は焼き鳥が旨いとかもつ鍋が旨いとか付加価値が欲しい感じ。

と言うわけで居酒屋に3000円から使いたくないと思っていた自分に、会社の人から滅茶苦茶安い立ち飲みがあるとの情報が。
早速早上がりの出来た日に行って来ました。


場所は秋葉原のアキバじゃない側のラーメン屋のあるビルの2階。
お店の名前もずばり百飲。
店に入ってみると思ったよりキレイ。

スタンディングバー百飲 秋葉原 立ち飲みにしてはきれい

名前の通り、基本的に飲み物もおつまみも100円!
ビール中ジョッキや一部の飲み物食い物は200円。

カウンターの上にコレでもかと言うぐらいおつまみが入った皿が並んでいる。
仕組みが分からずワタワタしていたが、トレイを持っておつまみを乗っけて先会計の模様。
酒はその時に注文でお代わりはグラスをそのまま使いまわし。
ビールはお金を入れると自動で注ぐ機械が設置されていた。

スタンディングバー百飲 秋葉原 コレで400円!

まずビールとおつまみ2品で乾杯!
コレだけ安いとビールじゃなく発泡酒じゃないかって気もするけど、銘柄がスードラなので正直スードラと発泡酒の味の違いが分からないのでまあ問題無いかと。

おつまみも100円でもそれなりのサイズで、味もまったく問題なし。
因みに冷めてもレンジがあるので温め可能。

お代わりはマシンにお金を入れて黒生をチョイス。
この値段で黒が選べるのは非常にうれしい限り。

その後もおつまみで食べ応えのある油の乗った焼さばやハイボールや日本酒冷などを堪能して、推奨の制限時間2時間ほどまったりタベりながら満喫。

スーパードライ(200円)
黒生(200円)
カミナリハイボール
日本酒冷(200円)
ししゃも
厚揚げ
焼さば(200円)
ひも
そらまめ
こまつなとしめじの和え物

計1400円で十分満足。

まあ難点と言えば通常は8時半ラストオーダー(夏の間だけ9時ラストオーダー)と普段仕事終わるぐらいの時間までしかやってない事かな。。
なにやら今ではせんべろ(千円でべろべろに酔える)と言う言葉で括られる店が結構あるようで、今度は他の店も探してみますかな。

posted at 2013/06/29 1:46:54
lastupdate at 2013/06/29 1:46:54
修正
 
2013/06/01
世界ビール紀行第10弾。
先日のベルビューに続き、ランビック第2回目。
ランビックは先述の通り下面発酵(ラガー)・上面発酵(エール)でない3つ目の自然発酵。
もやしもんで地下室でムトーが盗み飲みしてすっぱ!言ってたアレね。(2回目)

その中でもコレはランビック唯一の白ビール。
ベルギーの白、すなわちベルジャンホワイトなので小麦を使って、オレンジピールとコリアンダーが入っている。
ベルビュークリークのさくらんぼの様に果物は入っていない。

ティママン・ブロンシュ (Timmermans Blanche) ベルギー

何かやたら気張った瓶に入っていて、泡吹き出すんじゃないかと心配なったが別に大丈夫だった。
色合いはベルジャンホワイトらしく淡い黄金色。
あまり泡立ちしないのが特徴の模様。(無理に泡立たせちゃいましたが・・)

ティママン・ブロンシュ (Timmermans Blanche) ベルギー

早速飲んでみる。
おお、酸っぱい!
前回のベルビューはさくらんぼの甘みが強かったが、コレは酸味が前に出てくる感じ。
そして後味は小麦の甘みとスパイスの香りがほのかに抜けていく。

うん、かなり面白い味。
ちゃんとしたビールに何か酸味の強い果物を足したかのような。
しいてあげるならグレープフルーツ味のビールというか、しっかりと味とボディと酸味があるシャンディガフというか。

知らない人が飲んだらビールカクテルと思うか、はたまた全然違う飲み物と思うか。
まだまだ奥が深いなビールは。。。
posted at 2013/06/05 0:57:20
lastupdate at 2013/06/05 0:57:20
修正