heartfelt words
2013 / 09   «« »»  
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
14
S
 
15
S
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2013/09/15
夏休みに行った信州のお土産地ビール。
手に入れるのに一苦労あってまず最初に行った美ヶ原に売っていたのは東御市のオラホビール。
しかしオラホは東京駅のルコリエにも大丸にも売ってるから却下。
次に霧が峰で売っていた諏訪浪漫ビール。こっちでしか買えないしケルシュとアルトと非常に魅力的だったが観光地価格で600円超だったので躊躇。
結局八ヶ岳アウトレットそばのセブンで買った八ヶ岳というラベルのヘレスとデュンケルに。

現地でちょこっと調べた八ヶ岳地ビールというやつかと思っていたが、裏には勝沼の大和葡萄酒の文字が。
調べてみると大和葡萄酒が作っている甲斐ドラフトビールに小淵沢の久保酒店が八ヶ岳ラベルをつけて販売しているものらしい。
まあいいや。

甲斐ドラフトビール(八ヶ岳ラベル) デュンケル 山梨

まず先にデュンケルをいただく。
デュンケルは南ドイツのビールで、ヘレスの濃色版。意味も濃いというドイツ語。
一般的に黒ビール言われるシュバルツとヘレスの間なもの。

注ぐと色は確かに黒とは違う間の色。
赤みの薄いブラウンエールぐらい?

甲斐ドラフトビール(八ヶ岳ラベル) デュンケル 山梨

味のほうは濃色ビールらしくカラメルの香りは感じるが、ラガーだけあっていたってさっぱり飲みやすい。
口に含んだときにローストした麦芽の味はするものの、後味に思ったよりあまり甘みを感じず。
以前ミュンヘンのホフブロイで飲んだデュンケル1Lはもっとカラメルの甘みが強くて、結構なのみ応えだったがこれはかなに取っ付きやすいな。

何か飲んだことがある味だと思っていたら、アサヒ黒生っぽいと思い出す。
で調べたら黒生もシュバルツじゃなくデュンケルなのね。缶にミュンヘンスタイルって書いてあるし。


ちなみに同じ南ドイツでもメルツェンだけはいまだにどんなものなのかわからず。
オクトーバーフェスト時期に飲まれるビールって今年か知らん。。
posted at 2013/09/15 17:15:50
lastupdate at 2013/09/15 17:17:00
修正
 
2013/09/13
まただいぶ経っちゃったけど世界陸上モスクワ大会の総括を。
まず結果として、メダル1入賞7。目標がメダル1入賞5だったので大健闘。
五輪翌年の大会として世界の主力が若干かける大会。注目したい点は若い力がどれだけ出てくるか。
いうなればロンドンの山縣のように世界の舞台でも物怖じしない力を持った選手がどれだけ出てきてくれるか。

その中でも特に今回嬉しかったのが棒高の山本と10000mの新谷(にいや)。
山本は何かでだったかは思い出せないけど、今までの王者ながら内弁慶の澤野にはない強いものを感じていた。
それがずばり予感的中。予選をあっさりとクリアして、かつ決勝ではなんと自己ベストである6m75をクリアして見事6位入賞。
山縣もそうだったが世界大会で自己ベストに並んだり更新する選手って殆どいなかったので、これは本当にうれしい限り。
海外の選手だって世界大会でベストを出すのは難しい。だから日本の選手だって世界でベストが出せればメダルのチャンスだってあるってのが証明されたな。

新谷は終始レースを引っ張り途中からは先頭に立ちレースの主導権を握っていた。
しかしラストの1000mあたりでケニアエチオピア勢に抜かれて、それでも見事5位入賞。
これだけでも久しく上位に入れてなかった長距離では立派な成績だが、本人はメダルを逃したことに悔し涙を流していたという。
すばらしき向上心。そしてさらに自分がこういうレースをすることによって、同じようにあるいはそれ以上に果敢にアフリカ勢に攻めていくことができるもっと若い世代が現れることを期待していると発言。
すばらしいな、単なる不思議ちゃんじゃなかったんだな。

あとはマラソンで福士は正直期待してなかったが、本格的に取り組んでくればやっぱりポテンシャルはあったのね。
男子は中本がデグ10位ロンドン6位モスクワ5位とドンドン順位を上げてきている。
これだけコンスタントに力を出せる選手もそういない。地味だけど試合巧者だ。
これはこの先期待してしまう。


おりしも先日2020年東京五輪開催が決定。
今回の若い世代が東京ではまさに主役になる。それまでに力を付けて多く世界を経験して、この上ない最高の五輪にしてもらいたいですな。


余談だがTBSの中継でtwitterのタグに#serikuと付けると、テレビで写して為末が質問に答えるといっていた。
正直よくテレビで見るツイートは半分やらせかと思っていたが、自分の携帯でタグ検索で見たツイートがテレビで書かれていて嘘じゃなかったんだと思った。
まあ俺も#serikuタグ付けていたが、棒高も写せよTBS使えねーな見たいなツイートばかりだから当然テレビには出なかったが(笑)
posted at 2013/09/13 1:18:11
lastupdate at 2013/09/13 1:27:55
修正