heartfelt words
2014 / 01   «« »»  
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
06
M
 
07
T
08
W
 
09
T
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2014/01/09
大晦日に飲んだ地ビール第2弾。
コエドビールの紅赤。
COEDOとは小江戸で埼玉川越の地ビール。
関東だと結構色んな所で売っているかな。

この紅赤は川越名物のサツマイモの入った、ベジタブルビールなる種類。
おそらくCOEDOはヴァイツェン以外ラガーなので、ピルスナーあたりにサツマイモを入れたビールなんだろうな。

紅赤 COEDO 川越

注いで見る。
色は見事な赤褐色。
レッドエールのような、クリークが入ったランビックのような色。
香りのほうは若干甘さを感じるかな。

紅赤 COEDO 川越

飲んでみると口の中に程よい甘さが広がる。
ただアルコール度数が高めなので、ボディもそれなりにあり苦味もそれなりに感じる。
うん、これエールのような味だな。

甘みは感じるもののサツマイモっぽい甘みではなく、エールビールのような甘み。
味としてもレッドエールが近いのかも。
ただカラメルっぽさがあるわけでもない、なかなか面白い味。

正直イモとか微妙だなと思ったてたが、中々やりおる。
他の変り種ビールにもチャレンジしてみたいと思える勇気が出てきたかな。(笑)
posted at 2014/01/10 1:53:45
lastupdate at 2014/01/10 1:53:45
修正
 
2014/01/07
お正月といえば雑煮。
雑煮といえば家毎に味が異なると言われるぐらい、種類が豊富。

自分の実家の雑煮はずっと関東風というか江戸風と言うかで聞いていたのだが、よくよく調べてみると関東風の雑煮とは違う感じがしてきた。
ちなみにカミさん実家の雑煮は薄い色のしょうゆ味で、大根、里芋。小松菜でこれが一般的にいう関東風なんだと思う。

お雑煮

自分の実家の雑煮はほうれん草、ナルト、豚バラ肉、とき卵で、味は結構濃い目のしょうゆ味。
色的にはお蕎麦のつゆのような色かな。
調べるとほうれん草やナルトは結構見かけるが、豚肉や卵はなかなか見つからない。
濃い色のしょうゆ味ってのもあまりなさそう。。

果たしてうちのお雑煮はどこ風なのだろうか。。
そもそも関東風が本当に関東風なのかも疑問だが。。
posted at 2014/01/08 2:00:33
lastupdate at 2014/01/08 2:00:33
修正
 
2014/01/05
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
今年一発目は大晦日に2本飲んだ地ビールの1本目。
おなじみヤッホーブルーイングのIPA・インドの青鬼。

IPAとは前述の通り保管目的でホップを多量に入れて出来た苦いビール。
結構ネット上で評判良いので、飲んでみることに。
まあそこらで売ってるIPAなんてこれぐらいだけどね。


色は若干褐色がかった黄金色、IPAにしては明るめな気がする。
味の方はIPAらしくホップの苦味が広がり中々苦い。
ただヤッホーらしく取っ付き難さが極力排除されているので、ホップの苦味が広がるもののソコまでビシバシくることもなく、適度な甘みとミディアムボディもあいまって非常に飲みやすい。

インドの青鬼 ヤッホーブルーイング 軽井沢

過去に飲んだ志賀高原IPAは非常に尖った味がして旨かったが、これはそこまでの個性はなIPA入門編と言える飲み口。
まあ手ごろに飲めるし普通に旨いからこれはこれで有りかな。

ただ一番搾りあたりでこれがビールだとか思ってる人が飲んだら、これでも悲鳴を上げちゃうかもしれんが。。
posted at 2014/01/06 0:28:17
lastupdate at 2014/01/06 0:28:17
修正