heartfelt words
2014 / 07   «« »»  
01
T
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2014/07/18
木曽路ビール第2弾。
まずこの木曽路ビール醸造所がある南木曽で起こった土石流。
2ヶ月前に通った場所であんなことが起きてしまうとは。。。
亡くなってしまった方のご冥福をお祈りするとともに、一刻も早い復興を切に願います。


さて第2弾はラガービール。
シールでキソジプレミアムラガー書いてあるのだが、どうもキリンプレミアムラガーに見えてならない(笑)

キソジプレミアムラガー 木曽路ビール 南木曽

色のほうはラガーなので当然黄金色。
味はピルスのようなあっさり感はなく、結構濃厚な味。

キソジプレミアムラガー 木曽路ビール 南木曽

ただ前回のペールエールと同様で苦味はかなり強いのだが、後味はやはりかなりすっきり。
ラガーなのでエールほど苦味甘味が突出している感はないのだが、飲み口はかなり苦味が中心にビシバシ来る感じ。
何か感覚的にはラガーというよりセゾンビールっぽい苦さを感じるなあ。

ただまあやはりここのビールは旨い。
定番ラガーとしても個性はしっかり出ているので、これはか買って損はないと思うな。
posted at 2014/07/18 1:40:29
lastupdate at 2014/08/12 0:33:36
修正
 
2014/07/07
先日の仕事の宿泊対応の日に晩飯でラーメン屋に行きました。
前の日記のマルエフを飲んだ店でもあります。

先述のとおりめんどくさいのもあって晩飯で会社の近くのラーメン店へ。
ここは会社の近くで自分の中では一番美味しいと思うお店。
というかここと禁断症状が出る家系以外はあまり行ったことないのだが。。

ここはごくごくシンプルな正統派醤油ラーメンが売りのお店。
夜だけのメニューでワンタンメンがあったのでせっかくだしとそれを注文。(&ビール)

ラーメン大至 湯島

ラーメン自体は本当に正統派の醤油ラーメン。
ワンタンの他はチャーシュー、メンマ、のり、ナルト。
ナルト入っているラーメン最近減ったよなあ。。

お味のほうはとてもさっぱり味。
然しながら一時流行った無化調ラーメンの様にさっぱりしてるけど印象に残らないものや七重の味とかいってまったくつかみどころのない奴らと違って、出汁も醤油も味がしっかりとしている。
麺は縮れ麺だが喜多方ほどこってりもしていなく、かといって俗に言う東京ラーメンほどのクセは無い。

何しろとても麺や具材とのバランスがよく、さっぱりしていながらも一本芯が通った味がする。
うん、やっぱりここは美味いなあ。

ちなみにワンタンに関しては期待が高すぎたせいか、美味しいんだがまあ普通にしか感じなかった。。
他の味も試してみたいけど、結局いつも手堅く同じものしか頼まない人間だから食べることは無いかなあ・・
posted at 2014/07/08 2:00:09
lastupdate at 2014/07/08 2:00:09
修正
 
2014/07/01
先日仕事の関係で朝6時前に会社に行く必要があり、会社の近くに宿をとったのでせっかくだしと近所のラーメン店へ。
そこでずっと気になっていたアサヒ樽詰生、通称マルエフを飲んでみました。


この通称マルエフはアサヒがスードラを出す前の主力商品。
まだキリンラガーの牙城がありアサヒが3番手に甘んじてた時代に、コクやキレを追求した新しいビールとして出たのがこの樽詰生。
これを元にスーパードライができたそうな。

正直年齢的にスードラ前のアサヒを知っているわけないのだが、当時のキャッチコピー「コクがあるのにキレがある」ってのは覚えてる。
意味もわからずコーラとか飲みながらコクがあるのに〜とかふざけて言ってた幼少期の記憶が。。

現在は缶瓶等で市販流通はしておらず、店舗向けの樽のみの模様。
それも取り扱う店舗はごくごく僅か。

樽詰生(マルエフ) アサヒ

見た目は普通のピルスナー。
スードラの元になるといっても味のほうはぜんぜん違う。
キリンラガーのようなどっしりとした苦味や甘みは無く、確かに飲みやすさ重視の味。
後味もさっぱりだし。

ただちゃんとした苦味もある。
スードラの様ななにやら無機質な金属っぽい苦味ではなく、ちゃんとしたホップ由来のビールの味としての苦味。

うん、まあ特筆すべきことは無いけど、まあ美味しいかな。
俺が好まないスードラはともかく、少なくとも一番搾りなんかより全然ビールの味がしている。

でも世の中の人たちはこれよりもスードラを選んだってことなんだろうな。
俺にはよくわからんが。。
posted at 2014/07/02 2:21:44
lastupdate at 2014/07/02 2:21:44
修正