heartfelt words
2015 / 02   «« »»  
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2015/02/24
おなじみバレンタインデーのチョコレートビール。
今年はサンクトガーレンの限定フレーバーのスモークドチョコレートスタウト。
因みに普通のチョコレートスタウトは前述のバス旅行に持っていって、パンチのある酒も酒飲み集団だから物ともせず皆大絶賛だった模様。(笑)

今回のスモークドチョコレートスタウトはおなじみローストしたチョコレート麦芽のほかに、ブナの木で燻製したスモーク麦芽を利用。

色は普通にスタウトな色。
香りもまあ普通に焙煎されたスタウトな香り。

スモークドチョコレートスタウト サンクトガーレン 厚木

口に含んでみるとあいも変わらずしっかりとしたボディ、若干のカラメルな甘みを持ちながらも苦味を感じ、最後にスモークも風味が感じられる。

はて、どこかで飲んだこと味だな。
と思ったら前に飲んだ富士桜高原のラオホの味だ。
あっちはスモークが結構癖のある味していたが、こちらはスタンダードな燻製の香り。

味としては非常に優秀でスモークされた風味も秀逸なのだが、スモーク風味が目立っちゃって肝心のチョコレートっぽさが感じない。
そこがちょっと残念だったぁかな。
posted at 2015/02/24 0:44:41
lastupdate at 2015/02/24 0:44:41
修正
 
2015/02/14
photo

2月の1日に去年に引き続き町内の役をやっている団体のバス研修旅行に行ってきました。
今回もまた客兼添乗員兼お客で。

今回の行き先は山梨方面。
研修先としてはサントリー白州工場で天然水工場見学。
あ、タイトルの日本酒は多量にバス内で振舞われたもので、チョコビールは俺がサンクトのを持っていったからです。(笑)

バスが関越の事故以来乗車時間に上限が出来、基本的にワンマンでは12時間以内でも度ならければいけないという制約が出来たので、中々いっぱいいっぱいの旅程に。
まず8時15分集合で8時半ちょっと前に出発。

勿論時間の読める圏央道経由で行くので、まず厚木PAで休憩。
そして酒が入るのでもう一箇所よる必要が出来て初狩PAでも休憩。
初狩には笹子の慰霊碑があった。
あれももう2年前か。。

日本酒とチョコビールと天然水の旅

途中もう1箇所時間調整の休憩をして、最初の目的地の昼食場所の甲府富士屋ホテルへ到着。
昼食は去年に引き続き皆の要望にこたえるためにホテルバイキング。
最上階の富士と甲府盆地が眺められる絶景のレストランへ。
地方という場所的な問題なのか富士屋ホテルという名門だからか、去年の東京ドームホテルより種類は少ないものの値段が安くて味も美味しかった。

ただ前述のとおり時間が押しているのでのんびりもしてられず、少し早めに切り上げて移動。
次にいく天然水見学は時間が決まっているからね。
再び中央道に乗り50分ほどで小淵沢近くの白州にあるサントリー白州工場へ。

受付をしてガイドツアーのあるウイスキー博物館へ。
その後説明のビデオを見て電気自動車のバスで工場へ移動。
その後は工場の概要や製造工程、南アルプスの自然の事と環境に対する配慮の説明を受けてから工場の中へ。
工場はペットボトルが流れてきて梱包され流れてくる部分が見れて、まあ一般的な工場の中といった感じ。
期待していた水を入れるボトリング作業は無菌状態で厳重にやっているそうなので、ビデオでの映像のみだった。残念。

その後博物館向かいの建物に入って天然水の試飲。
水の試飲して何が楽しいと思っていたが、出てきたのが軟水(南アルプス天然水)と硬水(おそらく外国のミネラルウォーター)の飲み比べ。
飲み比べてみると水ってだけでもここまで味も飲み心地も違うのかと驚いた。

日本酒とチョコビールと天然水の旅

その後はオレンジやスパークリング、あとは白州ウイスキーのハイボールを各自自由に試飲タイム。
これには水かよウイスキーがよかったと言っていた酒飲みさんたちも大喜び。
俺もミネラルウォーターもウイスキーも普段まったく飲まない人間(じゃあ何故行程に入れたんだw)ながら、一通り味わってみた。
そして30分ほど隣のお土産やで土産物色タイム。
色々なウイスキーやらグラスやらがあって見てるだけでも中々面白い。
ウイスキーの樽材を使ったマドラーやウイスキーのミニボトルセットに思わず手が伸びそうになったが、マドラー家にあるし俺良く考えるとウイスキー飲まない人間だったと思ってやめて無難にチョコを購入。

白州を出発し次なる目的地の相模湖へ。途中買いきれなかった土産購入用に談合坂SAへ寄り道。
相模湖ICで降りて目的地のさがみ湖プレジャーフォレストへ。
ここは昔で言う相模湖ピクニックランドで、富士急系列に入りいつの間にか名称変更した模様。
そして最近まで全然知らなかったが、数年前より関東最大級のイルミネーションの「さがみ湖イルミリオン」を開催しているとの事で、今回はそれを見学に。
17時より夜の部開場で17時半点灯だったのだが、談合坂で時間をとったのでお勧めという点灯には間に合わず。
まあ皆家庭持ちなんだから、土産より優先されることじゃないからな。

白州もそうだったがクソ寒いこと覚悟して厚着で来たが思ったほどじゃない。
風がないからかな。
階段を延々と上り中にに入る。
中には斜面に一面のイルミネーションが広がっている。
最初は芝桜のような一面の桜色。そのあと花や蝶のいるエリアを見て、垂れ下がったイルミの中の謎のダイヤモンドをみて、光のトンネルを抜けて海のエリアへ。
中々アップダウンがあって大変だけど一面に昼がるイルミネーションは中々圧巻。

日本酒とチョコビールと天然水の旅

その後リフトで上のエリアへいけるそうなのだけど、時間が足りないのと別途代金がかかるので諦めることに。
何人かは行ったみたいだが。
変わりに下のエリアにある光の宮殿で光と水のショーを見学。
宮殿の形にいりどられたイルミネーションが、目まぐるしく光が入れ替わり色合いも中々神秘的で非常に良かった。
1時間ほど見学後バスに戻り、一人単身松本に変える人を高尾駅で降ろして、高尾山ICより帰宅の途へ。

いやー、中々の強行軍だったけど無事終了。
12時間制限が思ったよりきついというのもあったけど、普段の業務と違うせいでプランニングが自分の運転する車感覚になっちゃってたのが原因かもな。。。
posted at 2015/02/14 23:09:36
lastupdate at 2015/02/14 23:09:36
修正