heartfelt words
2015 / 08   «« »»  
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
24
M
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2015/08/31
最近すっかり涼しくなってきた我が横浜DeNAベイスターズ。
親会社がDeNAになってからは観客がうなぎのぼりでいろいろ企画して、地元とも密接につながりイベントしたりコラボったりと盛んに動いている。

クラフトビール好きの俺としてはせっかく神奈川にこんなに良いクラフトビールメーカーがあるんだからいろいろやればいいのにと思っていたら、8/24-30の間で「YOKOHAMA BAY BEER FESTIVAL 2015」という県内各地のクラフトビールが集結すると言うイベントが開催。

その中で地元関内の横浜ベイブルーイングと提携して、限定オリジナル醸造で「ベイスターズエール」というものを出すというじゃないの。

先日箱根で変えなかった地ビールの代わりにと小雨振る中会社帰りに早速参戦。
ハマスタは今外にビアガーデンを半常設しているので、そこにクラフトビールが集結している。
厚木サンクト、横浜ビール、川崎ブリマー。

ベイスターズエール 横浜ベイブルーイング 関内

もちろん早速お目当てのベイスターズエールを購入。
球団HPを見ると

「BAYSTARS ALE」4つの特徴
(1)色は最も明るいゴールドカラー
(2)アルコール度数 は4.5%で女性も飲みやすいすっきりした味わいを追求
(3)ホップの香りは草原のような爽やかな香りに柑橘系の香りをプラス
(4)麦の甘味とホップの苦味でバランスを取り、あまり苦味を感じない飲みやすさ

となっているので色的にもスタイルはゴールデンエールかな?

ベイスターズエール 横浜ベイブルーイング 関内

とは言え飲んだって判断できるほどの舌を持ち合わせてないので店員さんに聞いてみる。
まず手前にいたお姉さんに聞くと、「スタイルはエールです。」
いや、知ってるから、それ書いてあるから。何エールかを聞いているのに。
奥のお姉さんに聞いてくれたが、出てきた答え「ペールエール」
いや、色違うから。この子達アルバイトかな?

見かねて隣にいたお兄さん(おそらくブリュワリーの人)が説明してくれた。
兄さんいわく小麦を使ったウィートエールの中でも、酵母を濾過したアメリカンウィートエールとのこと。
おお、意外。そうきたか。

早速飲んでみる。
うん、かなり飲み口は軽い。そしてウィートエールだけあって、苦味は薄く非常に飲みやすい。
恐らく時期的に夏の終わりで激暑でかつみなに飲みやすいように、苦味が少ない小麦系のさらにサッパリにしたんだろうな。重いのより軽いほうがいっぱい飲んでくれるし。(笑)
ただこの日は普通に寒いぐらいの陽気だったが。。。

ベイスターズエール 横浜ベイブルーイング 関内

本格エールを望んだ人には物足りないかもしれないけど、これはこれでありかもね。
これを飲んでおいしいと思ったクラフトに馴染みがない人が、そのまま他の店でペールエールやヴァイツェンを飲めば裾野が広がるだろうし。
と言う事でいっそのこと常設販売してどうぞ。
posted at 2015/09/01 1:50:19
lastupdate at 2015/09/01 1:50:19
修正
 
2015/08/24
その後は日帰り温泉に向かうことになるのだが、女性陣はゆっくりしたいだろうけど一番下の息子はそんなに長くは入ってられない。
と言うことでここから男性陣と女性陣に分かれて行動することに。
男性陣は強羅駅で降りて箱根登山電車に乗ることに。女性陣はそのまま日帰り温泉に行くことに。
なので必然的に宮城野ではなく湯本の温泉に。

箱根は元気です その2

強羅で駅に入り電車を待つ。息子は去年デビューしたての新車が乗りたいとのことで時間もあるし1本を見送ったら見事に遭遇。
箱根登山はスイスのレーティッシュ鉄道と提携しているのもあって、外観や車内のデザインもスイスっぽい電車。
特に窓が大きく箱根の景色が一望出来るのが素晴らしい。
ただ向かいに座ったおばさんも言っていたが、日曜しかもお盆のトップシーズンだと言うのに席が埋まる程度の混雑しかないと言うのは正直異常事態だと思う。
箱根ってだけで皆避けてしまうんだろうなあ。。

箱根は元気です その2

途中せっかくだしとスイッチバックの大平台駅で途中下車し、次の電車に乗って湯本へ。
駅伝で紹介されて有名な出山の鉄橋も大きい窓で絶景だった。
photo

湯本ではちょうど白いロマンスカーが来ていたのでロマンスカーを見せていたら、思ったより時間が食ってしまった。

駅から日帰り温泉へは温泉旅館の連盟が委託しているシャトルバスが30分に1本走っているとその行く先のHPに書いてあったのでそれに乗ることに。
ロマンスカーとかで時間とられていたせいで発車してすぐのタイミングでバス停に行くことに。。
バスは箱根登山の小さいマイクロサイズのバスで、中学生以上1コイン(小学生以下無料)で運転手さんに行き先を伝えるとそのホテルなり日帰り温泉に寄ってくれると言うシステム。
塔ノ沢方面と滝通り方面と早雲通り方面の3本あり、行く場所は奥湯本の旧街道沿いなので早雲通り線に乗る。
車で旅行に来たのに温泉へバスで向かうなんていやがおうにも気分は盛り上がる。
あと運ちゃんが非常に面白い人だった。定年過ぎた余裕のある嘱託さんとかかもな。

箱根は元気です その2

行った日帰り温泉は前にも行ったことのある天山湯治郷。
先に到着している車からタオル等を取り出して、お風呂へ。
老舗のところだがリニュもされており非常に綺麗で快適でお湯もよく、とてもいい湯を楽しめました。
一番下の子も嫌がるかと思ったが、広いお風呂が楽しかったようで大満足。
ただいつまでも水風呂にいるのはやめてくれ。俺は寒くて凍えそうだったよ(笑)
最後風呂上りに川のせせらぎが聞こえる茶店で苺ミルク氷を食べて大満足。

帰りにお決まりの夢庵で晩飯を食べて海岸沿いを戻り帰宅の途へ。


いやあ、箱根空いていて快適だったけど、空いていてはいけない時期。
最初に言ったとおり早雲山から姥子の間以外は立ち入りも問題ないし、特に不安に思うことも何もないし、相変わらず景色は素晴らしいし温泉は快適だし、全く問題ないでしょ。
スタンダードルートで回れないのと黒たまごが食べれないことぐらい。
お店とかでも非常に丁寧な対応をしてくれていたしお客が来なくて本当に困っているんだろうなと感じた。
誰のせいだよ。。マスコミはネガティブな情報しか流さんし、日本人は情報も取らずビビリまくる傾向が強いし。。

なおひとつだけ心残りは買おうと思っていた箱根ビールが鈴廣直営店でしか売ってなくて買っている時間がなかったことぐらいかな。
posted at 2015/08/24 0:29:35
lastupdate at 2015/08/24 0:29:35
修正
 
2015/08/23
お盆の土曜日8/15に日帰り箱根へ行ってきました。

相変わらず皆の予定が合うのがその日しかなく(自分の予定は断りましたが)、遠くないところへのんびり以降ということで日帰り温泉へ。
神奈川県民の日帰り温泉といえば当然箱根なので行き先は箱根へ。

箱根はご承知のとおり大涌谷の火山性微動で警戒レベルが上がり一部立ち入り禁止でお客も遠のいているらしいが、立ち入り禁止言っても早雲山から姥子までの界隈だしまあ問題ないでしょと。
温泉自体は湯本か宮城野かなと候補だけ挙げておいて、行ってから考えることに。


朝は比較的ゆっくり目の出発。というよりか早く出るつもりが予定より2時間近く遅れたのだが。。
134をひた走り箱根に向かう。夏の海岸沿いだがお盆過ぎで海水浴客が減った矢先に、茅ヶ崎でサメが出た影響か道も渋滞せず海も余り混んでなかった。
途中西湘で一休憩を入れて箱根新道通って一気に芦ノ湖へ。

まず最初に西武の遊覧船乗り場の駐車場に止めて土産物屋で小休止。
見た感じお土産やも余り観光客がいない気がするが、代わりにひっきりなしに外国人観光客を乗せたバスがやってきていた。おそらく中国か台湾。
ビビりな日本人観光客より気にしない外国人観光客で持っている感じが否めないな。
ただ何の変哲もない抹茶ソフトクリームの屋台に行列を作っていたのは非常に気になったが。

箱根は元気です その1

その後箱根関所跡へ。昔行ったことがあった気がするが最近リニューアルしたそうで、息子も歴史を習ったばかりなので行くことに。
なかなか綺麗に纏められていたわかりやすくよかったが、もう少し昔の大変さがわかるようになっていたほうが面白かったかも。
綺麗過ぎるのと景色が良すぎて、過酷さより立地の良さが気になっちゃって。

あと後ろの丘の上に湖一面を見渡せる絶景の見晴台があったのだが、昔はそこから関所破りを見つけた場合どうやってしたの看守とかに伝えていたのだろう。
そういう部分ももっと掘り下げてほしいな。誰しもが歴史に詳しいわけじゃないんだから。(笑)

その後はお土産屋のところに戻り昼食タイム。
みんなの好みも気にせず食べれるということでうどんそば屋へ。
食後はさくっとお土産を買う。
大涌谷が立ち入り禁止で名物黒たまごが変えないのだが、黒たまごをモチーフにしたお菓子や黒たまごの変わりに燻製たまごとか色々売っていた。
全然代用になってない気もするが、たまごの分の売り上げが流れてきたようで比較的好調な模様。

箱根は元気です その1

せっかく芦ノ湖に来たということもあって、芦ノ湖の海賊船に乗ることに。
と言っても長い距離を乗っている時間もないので、箱根町から元箱根までのわずか10分だけ。
この区間だけなら安く乗れるし。
なお西武の遊覧船には一度も乗ったことがありません。小田急沿線民だったしね。

箱根は元気です その1

今回はかみさんに一緒に乗ってもらって自分は車を移動させる係りに。
箱根町で黒い海賊船に皆が乗るのを見送って、車で元箱根へ移動。
西武のほうもそうだが船も余り混んでいる様子はなかったなあ。
しかし元箱根の船着場は車を止める場所がなく、結局こっちでも西武の遊覧船の乗り場に車を止めることに。
高々10分だったけど皆さんそれなりに楽しめた模様。大涌谷が収まってロープウェイが復活したら、登山ケーブルロープウェイ海賊船のゴールデンルートでまた行きたいもんですな。
箱根は元気です その1
posted at 2015/08/24 0:27:59
lastupdate at 2015/08/24 0:27:59
修正