heartfelt words
2018 / 08   «« »»  
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
27
M
28
T
29
W
 
30
T
 
31
F
 
 
Counter
total : 182241
yesterday : 016 / today : 005

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
fishing
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2018/08/28
翌朝は俺のスマホの二度寝用のアラームが5時半に鳴り響き、下の子が起きてしまったのでそこで全員起床。まあ外泊あるあるだな。。
夜中に若干雨がチラついて心配だったが、朝はとても爽やかな快晴。
雲も殆ど無い絶好のお天気で、西側の山々(名前知らず)も物凄くよく見え絶景、そして昨日はご機嫌斜めで隠れていた富士山もバッチリと見えとる!

貸切的朝霧キャンプ その3

取りあえずお天気もいいのでちょこっと場内を散歩をしてから、早速朝食の準備に取り掛かる。
前日の残った薪(すでに炭化)に再度火をつけて、焼き網を直にドンと乗せる。
我が家の定番はトラメでホットサンドだが、毎回同じじゃつまらないので今回はホットドッグにすることに。あまり変わんないジャンとは言わないで・・・
ちびパンでベーコンやウィンナーを焼いて、焼き網の上で塩鯖とロールパンを焼く。
ロールパンを半分に切ってレタス、とろけるチーズ、ウィンナー、ベーコンを乗せて完成。
もうひとつはパンにレタスを敷いて焼いた塩鯖を挟んで、トルコ名物サバサンドに。
あとは昨晩の残った肉とガーリックライスね。

まあホットドッグはどうやったって失敗しないようなレシピだが、やっぱり外で食べると美味しい。
ただロールパンサイズにウィンナーもベーコンもはやり過ぎたかも、食べづらい。(笑)
そしてサバサンドは当然トルコに行ったことも無いし初めて食べるが、これは非常に美味しい。
焼いた魚とパンってこんなにも合うんだね。

貸切的朝霧キャンプ その3

とても良いお天気だしこのキャンプ場16時チェックアウトだしゆっくりノンビリしていたい気もするが、遅くなると帰宅が自宅付近に台風が来るタイミングに重なりかねないので早めの撤収準備に取り掛かる。
荷物を箱に詰め袋に詰め、テントとタープを畳んでいく。
昔はテントやタープを畳むのにやり方に悩みながら悪戦苦闘してそれだけで30分とか1時間と掛かっていたが、ご生憎さまここ数年で町内会のテントを腐るほど畳んで来たからか一瞬で仕舞い終えた。

タープのペグも息子が抜いてくれていたのだが、一箇所どうしても抜けない模様。
しゃーないなと俺が変わって抜こうとするが、これが何ともビクともしない。
何度試みてもペグが気持ち動く程度。確かにここは入れる時も硬かったがこんなにも抜けないもんか?
鋳造ペグだから溶岩とかに刺さってる可能性あるかもな・・
3人で交代しながら何度もトライして、15分ぐらい格闘してやっと抜けた。
しかも抜けたとき勢いあまって後ろに吹っ飛んですっ転んで、大きなカブみたいなオチに。
結局撤収は10時ごろに完了。テントの前で3人で写真取り忘れたことを思い出してなんとなく車内で3人で地鶏して、キャンプ場を後にした。

キャンプ場を後しにてまず向かったのが、道の駅朝霧高原。せっかくだしお土産はSAじゃなくてキャンプ場近くで買いたくてね。
すると道の駅に着くちょっと前から雨が降り始めた。あぶねー、撤収があと15分遅かったら雨食らってたわ。
道の駅ではまかいの牧場のチーズケーキや静岡名物こっこを購入。
あと牧場ソフトクリームを子どもたちに買うも、固まりが甘いのでデロデロ溶けて大変だった。

道の駅を出て富士宮の市街地に降りていく。今回の昼食も前回同様、名物B級グルメの富士宮焼きそばにすることに。
まず時間も早いので富士宮駅に電車を見に行く。
この駅端っこに団体用に臨時ホームに車寄せが隣接していて何かと思ったら、昔創価さんがこぞって押し寄せていた寺があったのね。
今は仲違いして人が来ず無用の長物のようだが。

貸切的朝霧キャンプ その3

お目当ての焼きそば屋さんには11時半ごろ到着。人気店らしくすでに満席で少し外で待つことに。
店内は昔ながらの町のお好み焼きやといった風貌で、カウンターには鉄板と静岡おでんがあって味わい深し。
しばらく待って座敷席に案内される。
注文は富士宮焼きそばを五目、チーズ、並と頼み、せっかく出しとお好み焼きも注文。
焼きそばはそこらで食べる富士宮風焼きそばと違ってパサパサしておらず、食べ応えもあり非常に美味。
お好み焼きも酸味の利いたソースがアクセントでとても旨い。
下の息子が本調子じゃなく全然食べれなかったので持ち帰らせてもらえるか聞いたら、快くお持ち帰り用のパックとビニール袋をくれた。
これぞ町の食堂だな。ありがたや。

その後は吉原の方に1両編成のローカル線(岳南電車)を見に行き、駿河湾SAのスマートICから新東名に入り帰宅の途へ。
いつもの週末お出かけと違って一切の渋滞も無く、富士市から2時間弱で家に着いた。

いつもはお出かけもキャンプの週末かお盆に絡んでいたけど今回は前半に休みを取ったが、夏休みといえどこの時期はどこもかしこも非常に空いている。
特にキャンプ場はピーク期は人だらけで嫌になるし、渋滞で家まで4時間とか掛かっていたからそれが無いというのは非常に快適だね。
週末だとむしろ息子のサッカーにも自分の別のようにも重なるし、来年もこういうのがいいのかもと思った。
posted at 2018/08/29 0:11:22
lastupdate at 2018/08/29 0:11:22
修正
 
2018/08/27
食べ終わって片付けてからは、しばしまったりタイム。
酒飲んだりお菓子食ったり昼寝したり酒飲んだりサッカーしたり。。
それなりに近くにいたテントの家族も今日チェックアウトだったらしく午後にはいなくなり、話し声が聞こえる範囲には誰もいない半貸切状態。
Mサイト自身も広いのもあって、遠巻きにテントが2〜3張り見えるぐらいかな。
おかげで広大な天然芝で息子とサッカーやり放題。まあ木もあるし藪もあるから、そこまで広くは使ってないけどね。

自分は夕方使う焚き火台のセッティングに取り掛かる。
8月に暑さ的に焚き火出来っかなと心配だったが、日差しはそれなりに強く昼は暑かったが、風は冷たく夕方近くからは大分冷え込んできたので
焚き火大正解だった。標高800m越えはたいしたもんだな。

その後お隣のIサイトにある遊具の場所へ。
遊具言っても木製のブランコと、学校にあるような半分埋めたタイヤぐらいしかないが。
ブランコは特に危険なわけじゃないが中々大雑把な作りで押しても真っ直ぐ行かないし座る場所も狭いので、息子も何度か落ちながら横のブランコにぶつかりながら遊んでいた。
どうでもいい話だがブランコで遊んでいる間、すぐ見える場所で設営中の親子が気になってしょうがなかった。
子供さんも中学生ぐらいの娘で普通に手伝えるぐらいだったにもかかわらず、ちょっと風が強いとはいえ30分ぐらいずっとタープを上手く立てれず大苦戦していた。
なんかポール立てるより先にペグダウンしたりしていて頭悩ませていて、何度手伝いましょうか?って言いに行きそうな自分を我慢したことか。(笑)
多感な中学生?娘の前で、お父さんが他所に知らんおっさんに手助けされちゃさすがに可哀想だと思って・・

貸切的朝霧キャンプ その2

徐々に日が傾いてきたので晩御飯の準備にかかる。
先ほど言ったとおり本日のキッチンは焚き火調理。そして焚き火代用のグリルは持っているが、今回は炭ではなく家から持ってきた頂き物の薪(放置してて蟻んこ付き)でやろうと思うため高さが無いグリルでは調理困難。
かといって憧れの焚き火ハンガーを鉄曲げて作る技術もないし、メルカリとかで買ったら1万以上するし。
ネットで色々調べながら散々頭を悩ませていたら、いいアイデアを見つけたので早速それを実践。
ホームセンターで買った1mぐらいのロープ止め金具(運動会とかで仕切るロープを巻きつけてる奴)を3つ購入、あとはチェーンとS字フックを購入。
金具を2本焚き火挟んでハンマーで打ちつけ、輪っかの部分にもう一本を通しチェーンとS字フックをかけて、即席焚き火ハンガーの完成。
ためしにダッチオーブンをチェーンとS字で吊るしてみたが安定感バッチリ。トングやリッドリフターなど散らばる連中も、まとめて掛けれて非常に便利。
これは使い勝手いいしコスパ最強だな。シルバーにテカっているのと、値札がきれいに取れずガッツり残っているのはご愛嬌で。

今日の晩御飯は焚き火でダッチオーブンとのことで、お決まりの放ったらかしで出来るローストポーク&ローストチキン。
あとフライングガーデンのウマ飯を再現すべく、ガーリックライス。
野菜もほしいので、サラダと悩んだがそこはポパイエッグに。

まずは焚き火台に火をつけ、薪を燃やしていく。
最初は着火剤でつけたが、その後は風があったのでファイヤーブラスターがいらないほどよく燃える。

ガーリックライスを作るために、メスティンで白飯を炊く。
因みに吊るせない調理用具は焚き火台で対応できないので、併用してガスツーバーも利用。
メスティンはインスタントラーメンしか作ったことがなかったが、ちゃんと分量さえ間違えなければ意外と簡単に出来た。
若干のおこげもあるが、そこはまた炒めるから気にしない。

玉ねぎとジャガイモを切りダッチオーブンに並べ、あらかじめ家でオリーブオイル、クレイジーソルト、ブラックペッパー(粒)で漬け込んでいた豚肉と鶏肉を間に入れる。
そして焚き火ハンガーに掛け、予め焼いておいた薪を乗せ上火メインで40−50分ほど焼く。
ポパイエッグもホウレンソウをベーコンをちびパンで炒めて、その上に卵を割りふたをして数分間焼く。
あとはスープも作ろっかと思ったけど、夏場のスープはありがたみ薄いかな思って準備せず。
高原で思ったより気温が低く、風も吹いてきて冷たいので準備してくればよかったが。。
最後フライパンに炊き上がったご飯とバターとニンニクで、ガーリックライスを作る。
バターというか油が足らずご飯が冷めていたせいか、フライパンにくっついて悪戦苦闘したが何とか完成。
フライパンがいまいちなのかも知れんが。

貸切的朝霧キャンプ その2

完成して食卓に並べて、いただきます!
ガーリックライスは想定していたようなフライングガーデン感、というか香ばしくはならなかったが、ニンニクと隠し味醤油の香りがたち美味しい焼き飯といった具合に。
ローストポークとローストチキンはまったく問題なく、大変美味。コレ本当に簡単(笑)
ポパイエッグも若干焦げ気味だが、これもとても美味しくペロリと食べられた。
けどやっぱスープほしかったな。。


食後は片づけをして、再度焚き火台に火をつけてデザートの焼きマシュマロタイム。
以前スモアにしたときは思ったよりチョコが溶けずいまいちだったので、今回は焼いたマシュマロにシェエラカップに入れたチョコベビーをつけるという形に変更。
これなら熱々のマシュマロに適度に溶けたチョコベビーが付くので美味しかった。

貸切的朝霧キャンプ その2

その後は子供たちは早めの就寝。自分は夜な夜な焚き火タイム。
というか蟻んこ付いた薪を持って帰るわけにいかないので、全部焼ききらないと寝れない(笑)
ワインとか持ってきていたのでシッポリ満天の星空(近くにテントもないし尚更)を肴にガッツリの飲むつもりだったのだが、どうも朝から腹の調子がよくない。
たくさんは飲めないし仕方ないので、持ってきていたとっておきのベアード・スルガベイインペリアルIPAをチーカマを炙りながら堪能した。
最後は太い薪をガツガツ叩きながら、早く寝たいなあ、早く燃えないかなあと思っていたが、よく考えると翌朝の薪まで焼く必要がなかったのである程度で消火して就寝した。
posted at 2018/08/29 0:10:03
lastupdate at 2018/08/29 0:16:00
修正
 
2018/08/26
photo

8月上旬に一足早い夏休みを取って、キャンプに行ってきました。
今回は色々と家族の休みが合わず、息子二人を連れて野郎オンリーのキャンプに。

当初は足柄の川沿いのキャンプ場を予約し川遊びをする予定だったが、まず1週間前に息子がおたふくかぜに。
順調に回復するも万が一を考え、休暇もずらして予定を一日後倒し。
すると今度は突然台風発生で、嫌がらせかのごとくキャンプ中に台風接近予報という。。
そもそもの目的が川遊びだしギリギリまで粘るも、残念ながら雨予報のため急遽行き先を変更。
台風は東から来て葉あたりに上陸予報だったので、西に行けばと影響がないだろうと雨予報がいない朝霧高原へ変更。


行きは保土ヶ谷バイパス混むのも嫌だし平日だしと海沿いの道を進む。
とりあえず神奈川は薄曇りから小雨が降る天気。
道が意外と混んでいて鎌倉あたりで嫌に時間がかかる。そして海沿いをひた走り大井松田から乗る予定だったのだが、台風接近予報の影響で西湘バイパスが終日通行止めに。
まあ先日の台風で小田原の道路でで大惨事が起こったらしいので、通行止めは致し方なしかな。
おかげで平塚から先の一般道大渋滞情報が出ていたので、茅ヶ崎海岸から新湘南バイパスから圏央道をとおり東名へ。
その先は順調に進み新東名経由西富士道路を進む。
富士宮市街地まではまだ雨がパラついていたが、富士の袂を上っていくと朝霧高原到着時には雨はやんでいた。

キャンプ場のチェックインは隣にあるジャンボリーゴルフ場のビーナスコース(ショートコース?)のクラブハウスで行う。
前回来たときはスノピのイベントだったので、ここでは受付してないからちょっと驚き。
キャンプ場に隣接しておらず、ちょっと歩くには距離あるからね。
繁忙期だとキャンプ場内にも管理等が設けられるらしいが、あいにくまだお盆前の平日のため本日は営業していない模様。
完全フリーサイトでチェックイン朝8時からチェックアウト夕方16時で、4,000円はお値打ち価格だと思う。
チェックインでいろいろ説明を受け、昨晩も雷鳴ってたし雷の時はテントじゃなく車に逃げてね〜とかアドバイスをもらう。

貸切的朝霧キャンプ その1

その後、車に戻りいざキャンプ場へ。
広大な敷地に10個ほどのサイトが設けられており、フリーサイトなので当然早い者勝ち。
今回は夏休みとはいえ平日だし、手前や奥のほうの炊事場やトイレがない野性味あふれた場所より、人気があるサイトでも入れるだろうとそこを目指す。
目的のMサイトというところに入ると、人気サイトとはいえ平日で殆ど人がいない。
一番入り口側は本当に誰もおらず、こりゃ独り占めだと喜び勇んで場所を確保。
あ、よく見ると炊事場とトイレ遠いや(汗)だから尚更空いているのか。

最近はキャンプは定期的に行くも、グルキャンばかりでバンガロー泊なので自前のテント泊は久しぶり。
テント自体はメンテナンスのため昨年一度お庭で建てたけど、タープに関しては立てるの8年ぶりぐらい。
久し振りだから中々段取りが悪く、時間がかかりながらテント&タープの設営。
フリーサイトだし半貸しきり状態だからサイズ気にせず適当に立ててもいいのだが、台風向かってきているし万一悪天候になったときに備えて今回はテントとタープを連結させることに。
まあそれでも小さめの区画サイトだと余裕ではみ出す位のスペースはとっちゃってるかな。もともとのサイズがデカいし。

貸切的朝霧キャンプ その1

ちょっと到着に時間がかかったのと設営に手間取ったのとで、設営がし終える前に息子から腹減った〜のリクエストが。
まあ大体のものは出し終えているから、とりあえず昼飯にすっかね。
昼は到着後すぐ食う想定なので、当然手間をかけずに簡単に済ます。
ダッチオーブンでお湯を沸かし、袋麺のインスタントラーメンを茹で始める。
途中コンビニで買ったカット野菜を塩コショウでちびパンで炒めて、同じくコンビニスモークサラダチキンを切ってラーメンにトッピング。
ダッチオーブンとスキレット(ちびパン)で作ったということ以外アウトドア感無い料理だが、懲りすぎないでラクして楽しくと言うのもアウトドアの大事な要素。
外で食うと見栄えもいいし、なんか知らんけど美味しく感じるしね。
因みに後日息子には一番美味しかったのはラーメンと言われた。。その後もいろいろ作ったのに。。(涙)

貸切的朝霧キャンプ その1

今回の食卓はロースタイル。
普通のウッドのロールテーブルもあるんだが、いかんせんテーブル面の高さがネック。
我が家のイスはワンアクションで開くだけの低めのものだから、子供たちは当然届かない。俺にすら少し背筋を伸ばさないと中々厳しい。
となるとそいつは今回はお役ゴメンとのことで、なんちゃってローテーブル衆を食卓に。
まあ1個だけ本物ローテーブルはあるが、後はリンゴ箱とアルミのキッチン収納を代用しただけ。まあこれで十分だったけどね。
posted at 2018/08/29 0:05:30
lastupdate at 2018/08/29 0:05:30
修正