heartfelt words
2020 / 03   «« »»  
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
 
Counter
total : 185378
yesterday : 020 / today : 014

Online Status

Profile
heartfelt words  心からの、言葉


管理人 23L/別称ろしぶぶ

ノンジャンル、心に思ったことを書き込んでいきたいと思います。
主にメシ・酒・猫・アウトドア・野球・旅行 他・・・・・




一部毒舌混じってますが勘弁を。

Menu

RSS & Atom Feed
heartfelt words
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my town
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
cats
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
journey
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
baseball
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
gourmet
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
luxury goods
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
outdoor
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
emotion
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
my life
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2020/03/27
photo

お正月に家族+犬で、北関東方面へ旅行に行ってきました。
今年はカレンダーの巡りがよく、年末年始大型9連休なので出かけないと負けた気分になる!と、計画。
最初は久し振りに初日の出かな、と思うも、都合が付くのが年末かなと。
ただ天候が良くない予報(だったっけ?)とかイロイロすったもんだあって、1月2日に決行に。
おかげで厚底新記録ラッシュ前半戦は見れなかったが。。


朝はある程度の時間で出発。
今回のロケーションは蔵の街栃木、映えるスポットな袋田の滝ライトアップ、時間があれば佐野のアウトレットとかも行っちゃったりしちゃったりして。
ということで首都高から東北道方面へひた走る。
9連休もあれば混雑は分散されるだろうという浅い予想(願望?)も空しく、首都高の川口線から渋滞が始まる。
うーん。これは先が長そうだ。。

東北道に入って暫くすると、今度は羽生PAあたりから大渋滞。しかもかなり止まるノロノロタイプ。
うーん、さっきの渋滞含めてトータル2時間以上ロスしているだろうな。
連休だから仕方ないとはいえ、みんなそんな正月早々にどっか行くもんかねえ。って、お前もだろ!

渋滞抜けたらもうすぐお昼な時間。
今回出たのが遅いわりには行程的にはそれなり距離があるので、全部回るのはこれで厳しくなったな。。
なのでチョット場所が離れている袋田の滝は諦めて、まずは一番手前な佐野アウトレットを攻略するか。
と言うことで佐野ICで降りることに。
佐野の出口渋滞1キロ案内に書いてあったので、路肩の出口渋滞列に並ぶ。

出口渋滞列に並び5分経過、1pも動いていない。ん?
10分経過、未だ1oも動かず。んん?
全く動かん。渋滞1キロとは言え、これじゃ困る。
スマホで渋滞情報を見ると高速の出口渋滞どころか、下道もアウトレットの周りのあらゆる道が全て真っ赤っか。
なんじゃこりゃ。
そっか、佐野と言えば関東民誰もが知ってる佐野厄除け大師。さらに初売りなプレミアムアウトレット。
そんな正月特需のダブルヘッダー的なエリアだけあって、地獄の渋滞が起きてる模様。
こりゃこの出口でじっと待っていても、アウトレット着くの3時間後とかになるんじゃね?
今回の旅行の思い出は長時間大渋滞です!って言いたくは無いので、すぐさま予定変更。
走行車線に戻り当初の予定通り栃木市へ向かうことに。アウトレットは時間がたてば落ち着くだろうし、また後で来よう。

犬連れご当地餃子の旅

栃木インターで降り、栃木市へ向かう。
栃木市は俗に言う小京都とか小江戸とか言われるところで、市内随所に蔵などの古い町並みが残っている。
小江戸と言うと関東だとぶっちぎりで川越が有名。だが、ここはそこまで大きい規模ではなさそうだな。
中心地にある蔵の街駐車場というところに停める。
普通なら有料の駐車場だが、お正月は無料で停められる模様。ラッキー。

とりあえず先ず蔵の街並み散策と行きましょうと、テクテクと歩き出す。
先ほど駐車場は無料ラッキーと言ったがソレもそのはず、お正月なので建物やら資料館やらがすべてお正月休み閉館中。
お店も殆どやっていない。コンビニとスタバぐらい。
蔵の街を流れる川を遊覧船でたどるのが有名なのだが、それもお休み中。まじか。
なので本当に純粋に街並みを見るだけだね。観光客も他にはあまりいないし。

先ず歴史的建造物保存地区書かれている例幣使街道へ向かい、その後は巴波川沿いを犬と共に歩いていく。
正直個々に古い蔵は残っているが、新しい建物も一緒に並んでしまっている。
なので古い街並みとして残っている感じとは、ちょっと違う。なんだか勿体ない。
せめてその古い建物の店や施設が営業してれば中を見たりと楽しめるのだが、それもないので魅力が落ちてしまう。
更にちょっと見たいなと思っていた古い洋館は、絶賛工事中で周りを覆われていて見れず。。
街並み散策というより、犬の散歩っぽくなってしまったな。

散策を終え駐車場に戻ってきて、次なる予定を考える。
先ず佐野の渋滞状況が変わったかを見てみる。うん、一切変わらず。真っ赤っか。お正月すさまじいな。
なので次なるプラン、カミさんの餃子食いたいリクエスト。栃木と言えば宇都宮餃子。餃子を食べに行こう。
しかし今回は犬連れの身。そこら辺の店には残念ながら入れない。
ダメ元で「犬連れOKな宇都宮餃子」でググってみる。(俺が使うのはヤフーだが)
うん、何調べてんだ。我ながらバカだと思う。
が、何と普通に犬連れOKな宇都宮餃子の店が出てくるではないか!俺以上に宇都宮がバカだった!(褒め言葉)

再度栃木インターから北関東道へ入り、宇都宮へ向かう。
向かった先はみんみんと双璧をなす宇都宮餃子チェーン店の健太餃子。
しかも宇都宮駅東口の駅真ん前に店を構えてるという。
てか、駅前にあるこの巨大なスペースは何モノ??しかも、そこに駐車場と2大餃子チェーンが並んでいるのは何故??
それ以外の場所はそれなりにビルとかが並んでいるのに。

犬連れご当地餃子の旅

犬OKなテラス席を陣取り注文をする。
欲張り5種餃子盛り合わせ30個入と一口水餃子と揚げチーズ餃子を注文。あ、あとライスもね。
本当はビール!とも言いたいが車なので当然お預け。まあ昔電車出来てみんみんで生ビーで餃子食ったしイイよね。
犬は当然餃子食べられないので、持参のおやつで。

5種の餃子は、ノーマルな健太餃子、お肉餃子、ニンニク餃子、シソ餃子、エビ餃子。
1個がそれなりに大きく食べ応えもあり、うん、中々美味しい。
水餃子も揚げチーズ餃子も旨し。
テラス席で夕方で多少の寒さは耐えるしかないが、ちゃんと宇都宮で旨い餃子を食べた達成感は得られて大満足だな。

この後だが佐野渋滞を再度チェック。道路真っ赤っか。うん、佐野に行く計画は元々無かったって事にしとこう。
世の中そんなに厄年がいるのか・・
で、次を再検討。
袋田のライトアップは19時まで。現時点で17時。お?これ袋田間に合うんじゃね?
と言うことで急遽当初の予定通り、袋田の滝へ映える写真を撮りに行くことに。
宇都宮から東へ車を走らせる。暫くは宇都宮郊外の意外と拓けている住宅地を通る。
意外にと言ったら失礼だが、これ確かにLRT作っても大丈夫そうな気はするな。
ただ烏山手前あたりからは普通の田舎道になり、そのうち暗いしどこ走っているかよく分らなくなる。
田舎道抜けるのも明るい時間の方が走りがいがあるな。
小一時間ほど走って台風で未だ運休中の線路の踏切を抜け、袋田の滝に到着。

土産物屋さんの駐車場での誘導に気付かず先に進みすぎるが、すぐ戻って駐車場に停める。
てか公共の駐車場はなく、土産物屋の駐車場だけなのね。(後から調べたら手前の方に無料の公共はあった模様)
袋田の滝は日本三名瀑の一つで、4段に流れ落ちるから姿から四度の滝とも言われている。
そして今は滝&滝に向かうトンネル通路がライトアップされていて、フォトジェニックスポットとして絶賛盛り上げ中。
今日はまだまだお正月な1月2日、そして閉場1時間前ってこともあって、そこまで客は多くないかな。

入場すると早速滝に向かうトンネルが色とりどりにライトアップ。レインボーだったり水玉だったり。
そして途中には星をモチーフにした?っぽいキラキラした球体のオブジェが飾ってある。
正直それが滝とどの様に結びつくかは少しも分らんが、まあ写真映え加減は素晴らしいね。
スマホでとっても普通に映える。写真の腕前がうまくなった錯覚すら起こす。
そして混んでない時間帯もあって、人が被らず写真も撮りやすい。混んでいる時だと撮影順番待ち行列とか出来そうだし。

犬連れご当地餃子の旅

滝に関しては生憎雨量も多かったのもあり、そこまで水量も多くない。
やっぱり滝は水量がものをいうスポットではあるからね。
けど暗い中ライトアップされているので、暗闇から浮かび上がる感がこれはこれで中々の迫力。
因みにこの滝は真冬になると凍るらしい。茨城でも山あいは寒いのね。

上にも観爆台があり、そこへはエレベーターで昇っていく。
残念ながら犬はエレベーターには乗れないので、お留守番ね。(交代で見に行きました)
さっき行った下の観爆台から見ると一番上の段の滝が見れないのだが、上から見ると滝全体を一望出来る。
なるほど、なるほどね。一粒で二度おいしい状態だね。

滝を堪能して再度フォトジェニックなトンネルを通り、車に戻る。
ここからはひたすら南下して常磐道に乗り、渋滞もなく(いつも常磐道はたいてい混んでないイメージ)無事帰宅。
今回犬連れ遠出は初だったけど、意外と犬もおとなしくしており色々いけるんじゃね?って気分に。
まあ我が家にとっては緩めの行程だったけど、普通の犬連れファミリーはもっと余裕の持った行動してるだろうなって気はするが。(笑)
posted at 2020/03/27 0:11:58
lastupdate at 2020/03/27 0:12:34
修正
 
2020/03/17
ぷらっと寄ったナチュローで買ったビール。
ヤッホーの僕ビール君ビールシリーズの最新版、屋上のジョン。
ナチュラルローソンはナチュローって略すのでいいのだろうか。はて。

スタイルとしてはベルジャンペールエール。
ベルジャン酵母というベルギーの酵母を使った、イギリスのペールエールってな具合らしい。
ロシアンブルーがロシア産の猫をイギリスでブリードした、原産国イギリスの猫言っているようなものか。

色はちょっと濃い目の濁りある褐色。
スタンダードなペールエールっぽい色ね。
香りはホップ由来の爽やかな香りが広がる。

僕ビール、君ビール。屋上のジョン ヤッホーブルーイング 軽井沢

お味の方は口当たりは非常に柔らかく、爽やかでフレッシュなホップの香りが口いっぱい広がる。
そしてボディとしてはライトだが、モルティな甘みも存分にある。
後味はホップのスッとした苦みが鼻から抜ける。
うん、旨い。
ペールエールの旨味に、セゾンの爽やかが加わった感じだな。
流石ヤッホー、外さない。

因みにスタンダードな僕ビール君ビールは、4月にリニュされるっぽい。
どう変わるのかが楽しみ。
posted at 2020/03/17 0:20:32
lastupdate at 2020/03/17 0:22:23
修正